東京のたい焼き ほぼ百匹手帖

2014年07月27日

Shinkine Sweets 大泉学園ゆめりあフェンテ店【大泉学園@西武池袋線】

     
 
たい焼きを買いに大泉学園に来た。

改札を出て南口。
左側通行の指示に従ってペデストリアンデッキを、
ぐるりと行けば前方にはガラス張りの建物ゆめりあフェンテ。
その2階のFOOD STREETでたい焼きを売っているのが、
「Shinkine Sweets 大泉学園ゆめりあフェンテ店」である。

時刻は午前10時前。
FOOD STREETに直結したメインエントランス前で
10時の開店までの僅かな時間を、
同様に何かを求めてやって来たおばちゃん達と待つ。

開店準備に追われるFOOD STREET内の店舗を、
ガラス扉越しに窺えば既に視線の先で、
朱い幟に記された“新杵名物 おどりたい焼”の白い文字が見える。
たったの数分が待ちきれずに爪先は小刻みに床を叩く。
たかがたい焼きと人は呆れて思うだろうがそれは個人差。
コチラとしてみれば死活問題である。

蒸し風呂の様な外気に増幅された鬱屈した気持ちは、
志は違えどもおばちゃん達も一緒で、
皆一様に落ち着きを失いイラつきが外に漏れ出している。
夏は辛抱が目減りする季節でもあると痛感する。

そんな澱みきった空気を晴らす様に高らかになる音楽。
ゆめりあフェンテ開店の時間がやって来た。
目の前のガラス扉が静かに且つ力強く開かれて、
ようやくゆめりあフェンテと向き合える。
落ち着き払った素振りでいながら若干の早歩きで、
「Shinkine Sweets 大泉学園ゆめりあフェンテ店」へ向かう。

角地にある店舗ブースは白が基調の洋菓子店風の設えの、
ポップでキュートな感じを押し出した「Shinkine Sweets」と、
その清廉な白い梁の下に提げられた朱い暖簾と、
そこにも記された“新杵名物 おどりたい焼”が醸し出す、
創業100年を迎えた老舗和菓子店「御菓子司 新杵」の、
バランス加減の混沌具合が大変に興味深い店舗である。

宝飾店の様な大きい透明のショーケースは光に満ち溢れ、
その中を彩る数多の看板・定番商品に混ざって、
お目当てのたい焼きも大皿に盛られて光の中に鎮座している。

とは言えこれらは見本。
本物は会計口横には保温ケースにある。
開店直後の店舗にはおねえさんが一人、
店舗の片側に設えた焼き場と会計口を忙しく行き交う。
保温ケース内には既に隊列を成して踊り始めたたい焼きが数枚。
その脇には今川焼きも焼き上がっている。
流石にショッピングモールの実演販売は準備に抜かりがない。

そんな保温ケース前で立ち尽している客に対し、
声を掛けあぐね探り探りのおねえさん。
そんなおねえさんの様子を視界の端で確認しつつも、
続いて焼き場前に移動して焼き型を見る。

併設で並べられたたい焼きと今川焼きの焼き型には、
各々数個の引き上げ待ちのヤツが踊り出さんとしている。
満足いくまで状況を確認して、
ようやく困惑顔のおねえさんの元へ向かう。
そして今までの不審な行動を払拭すべく、
極めて紳士的に注文をお願いする。

笑顔で対応したおねえさんは高らかに金額を告げて、
テキパキと焦げ茶色の踊り手さん達を、
ひとつひとつ丁寧にピンク色のたい焼きが描かれた紙、
つまりは舞台衣装に包まれ化粧箱という名の移動車に納めていく。
その踊り手さん達は保温ケースだけでなく、
焼き型から直接衣装を纏い移動車に駆け込んだりもする。
まさに客の胃袋で開かれる公演に向けて、
“新杵名物 おどりたい焼”選抜チームが編成されていく。

宛ら敏腕マネージャの様にテキパキと取り仕切り、
あっと言う間に詰め終えたおねえさんは袋をコチラに差し出して、
満面の笑顔で客が代金を支払うのを待っている。
タップリと妄想に浸っている客は我に返り、
急いで代金を渡しておねえさんから袋を受け取り礼を述べる。

焼き場前を抜けて一先ず裏手に出て、
寿司屋の店先に設えられたアイスボックス上で荷を整え、
早速に取り出した一番手の踊り手さんを眺める。

白地にピンクの柄の衣装を見に纏い、
勢いよく跳ねた身体に疎らな焼き目を施しつつ、
夏の気温を遥かに上回る熱気を身体中から発しているたい焼き。

それはスッシリと重たく、
そしてフンワリと柔らか、
あげくグニャリと緩やか。

では早速に舞台へご招待。
一口齧った皮は手にフンワリなら当然口にもフンワリで、
厚くも無く薄くも無い良い意味で大変に和菓子的。
よく見れば両面で焼き上げにムラがある所などは手作り感が溢れ、
焼成熱では得られない人の温かみが感じられる。

一頻り噛み締めた皮はやがてモチモチに食感を変えて行く。
その食感の変化の一方で生地自体の風味に目立ったモノが無く、
以前渋谷に出店していた時は皮に感じた甘味が薄い。
しかしこの皮のあまりの素っ気無さこそ、
この“新杵名物 おどりたい焼”最大のポイントとなる。

そのポイントと対になるのは餡の存在。
この“新杵名物 おどりたい焼”は、
タップリと餡が詰まっている。
それがスッシリとした重さの正体で、
グニャリとした緩やかさの理由。
齧り口から溢れ出てくる餡が止め処なく押し寄せる。

その風味はとても上品で、
その甘さはとても優しく、
その舌触りはとても滑らか。

さすが老舗の和菓子屋さんの餡は違うなぁと、
ダイレクトに餡を堪能してしばらくして気付くのが、
控えめな皮の主張具合の真意。
この餡をじっくりと味わう為の皮の素っ気無さとも取れる。

たい焼きの主役は餡。

在る老舗たい焼き店店主の言葉を体現した、
このたい焼きの形状もそうなるとまた興味深く思える。
“おどりたい焼”と称している割に逆反りではなく、
順反りなのは何故だろうとずっと考えていたが、
従来の魚型のたい焼きではなく、
この角丸の長方形にするには順反りが最良なのだろう。
それはやはりタップリと餡を詰める為に、
老舗和菓子店「御菓子司 新杵」が考えて至った事なのだろうか。

そんな事を勝手に推測して勝手に感動しているが、
この“新杵名物 おどりたい焼”が、
餡を堪能するたい焼きである事は確信出来る程に、
たい焼きの中に餡が目一杯詰められているのである。

夏の陽光にヌメリと輝く柔らかな小豆の芸術を眺め、
優しい甘さに口内を満たしながらそんな事を考えながら、
次々と胃袋に送り込む踊り手たち。
意外に満腹になってきたそのボリュームもまた魅力である。
暑い日にこそ熱いたい焼きを。
そう思わせるに十分なダンスユニット「Shinkine Sweets」の、
これからの活躍に期待したい。
それじゃあまた、See You Next Week! Bye-Bye!

価   格○小倉あん 130円
住   所○東京都練馬区東大泉5-43-1 ゆめりあフェンテ内
営業時間○10:00〜
 
   
  

posted by EY at 22:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 練馬区のたい焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月21日

薄皮たい焼き たい夢 清瀬店【清瀬@西武池袋線】

     
 
たい焼きを買いに清瀬に来た。

南口に出て駅前をぐるり見渡す先。
車道を歩行者がかなり自由に行き交うロータリーの、
向かって右手奥の薬局横から延びる南口ふれあいど〜りを行く。
祝日の朝10時過ぎの商店街には自動車の気配は無く、
コチラも歩行者が縦横無尽に行き交う。
そうして辿りつく十字路の急に道幅が細くなる行き先の角に、
ポツンと「薄皮たい焼き たい夢 清瀬店」がある。

タイル張りの建物の一階部分、
掲げた大きな看板の下に半間程の出入口を開け佇む。
その小さくポッカリと空いた穴の一方は、
テナント募集中の2階部分へ至る階段となっている。

ならばもう一方へと歩み出るとそこはガラス窓で、
涼しげに簾と朝顔を提げて夏物の品書きを並べ、
全体を木調で統一して飾り立てている。

この窓から店内を窺う事は可能だが、
肝心のたい焼きの売買をする事は出来る様子は無い。
焼き型が並んだ調理場ではおねえさんが作業の真っ最中で、
コチラに気付く様子は無く焼き型を注視している。

ナルホドそうなると先程の小さな入り口こそが
ココ「薄皮たい焼き たい夢 清瀬店」の正面玄関という事になる。
ましてやチェーン店としての一般的な認識の、
埒外な外観は新鮮な驚きである。
ここまで控えめなたい焼きチェーン店は、
中々お目にかかれるモノでは無い貴重な事例と言える。

などと一頻り感心した後に再び十字路の中央近くに戻り、
たい焼き屋の割にやたら目立つ“かき氷”の幟と、
南口ふれあいど〜りの街灯の柱の陰に隠れ、
その性能を思いっきり発揮できていない電光掲示板を従た、
そこはかなく理容業界を思わせるクールな品書きと、
その一方で商品に対する拘りを高らかに謳う口上と挿絵で、
存分にたい焼き屋らしいポスターに挟まれた出入り口を潜る。

想像より広い店内は正面奥に調理場があり、
前面をガラスで仕切られた一画に会計口を設けてある。
会計口横にある保温ケースがあり、
既にたい焼きが数尾並んで何時でも出荷OKの状態。

一方、店内向かって右手に置かれた冷蔵ケースには、
夏季の定番商品として今やすっかりおなじみの、
冷たい“夏鯛”がギッシリと並べられて、
コチラも当然いつでも販売出来る状態でいる。

さて肝心の調理場を眺めてみると、
焼き型は閉じられていて現状は窺い知れない。
夏場だけに保温ケースの品揃えで一先ず小休止かも知れないし、
何よりさっきまで居たおねえさんがいらっしゃらない。

開店早々ではあるが一段落付けて休憩だろうか。
まあ、直ぐにお見えになるでしょうし、
一声かければ事足りる店の規模である。
ここはのんびり店内を流れている微かに聞こえる、
呪文の様なたどたどしい歌を聴きつつ品書きを眺めるとしよう。

などと考えた矢先に会計奥のカーテンから弾かれる様に、
勢いよく颯爽とおねえさんが現れた。
瞬間コチラき気付き少しビクッっとする。

そりゃこんな胡乱な輩がヌボーっと立っていたら誰でも驚く。
未だ緊張を解かずコチラを注視するおねえさんを見遣り、
無害である事も併せ極力優しい声で注文をお願いする。

マジマジと見ていたおねえさんに漸く客と認識した様である。
ハキハキと明瞭な声と取り戻した営業スマイルで対応。
キビキビとした動きで閉じられた焼き型を解放して行く。
モクモクと蒸気を上げて小麦色のたい焼きが姿を見せる。

カリカリに焼かれたたい焼きの表面がツヤを発し輝く。
パキパキとバリが砕けるたい焼きが次々に引き上げられる。
テキパキと袋に詰めたたい焼きを会計口で受け取る。
サクサクと会計を済ませておねえさんに礼を述べて店を出る。

ワクワクとする心の一方でふと保温ケースを見て思う。
ゾロゾロとならんでいるあのたい焼きの中身は何なのか。
トロトロの“うふクリーム”かも知れない。
ホカホカのうちに売れる事を願うばかりである。

すぐ横の階段の脇で早速たい焼きを取り出す。
焼き立て出来立てのアツアツたい焼きは持ち所に難儀する。
数枚のバリを犠牲にして手に収まったたい焼きは、
案の定カリカリとした表面の皮の感触が熱とともに指に伝わる。

早速に一口齧りつけば其処には油分の全く無い、
予想以上にサクサクでパリパリに仕上がった皮があった。
そして期待どおりの薄い焼き上がりでたい焼きを形成しているが、
結束は強く中の餡をシッカリと保持している。

その「薄皮たい焼き たい夢」自慢の餡はネットリしているが、
口内で伸ばしてゆくとサラリと滑らかな舌触りとなる。
チュウと吸い取れば鼻腔にまで漂う小豆の風味と、
甘さ控えめと言っても中々に甘いが嫌な後味が食べた後に残らない。
風味と食感が存分に満喫できる炊き上がりである。

もはや歩行者天国の様な通りから親子連れが店内を窺っている。
幼児は興味をそそられた様で頻りに父親の顔を仰ぎ見る。
先を急ぐ様子の父親は幼児を急かすが幼児に動く気配は無い。

帰りに買おうね。

一悶着あった後にその言葉を引き出すことに成功して、
幼児は満足気な最高潮のテンションと満面の笑顔で、
よちよち歩きで店先から離れて行く。

未来のたい焼き愛好家を清瀬の地で発見して、
たい焼きの今後に明るい希望を見出した祝日の朝、
久しぶりに拵えたヤケドを気にしつつ、
駅を目指し未だ自動車の往来を見ない南口ふれあいど〜りを往く。

価   格○小倉あん 130円
住   所○東京都清瀬市松山1-27-11
営業時間○10:00〜20:00
       無休  
 
   
  
posted by EY at 22:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 清瀬市のたい焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月12日

築地銀だこ 中延店【中延@都営浅草線】

     
 
たい焼きを買いに中延に来た。

都営浅草線中延駅A3出口を出て右へ。
東急大井町線中延駅が見えたら左手を見ると、
もう「築地銀だこ 中延店」に着いている。

本格的に夏が来た。
台風が酷暑を連れてきた。
併せて北上する梅雨前線。
それはまさにたい焼き前線。

梅雨と共に多くのたい焼き達は、
夏季休業へと突入してゆく。
夏はたい焼きにとっての冬。
シーズンオフ。
ジッと息を潜めて酷暑が通り過ぎるのを待つだけ。

意気揚々と訪れたたい焼き屋の、
シャッターに貼られた告知を炎天下に茫然と眺める事は、
もはやこの季節のたい焼き愛好家の風物詩、
夏到来の便りと云って良い光景。

そんな満たされないままの野ざらしにされた、
乾いた心と身体を満たしてくれるのは、
有名チェーン店の提供するたい焼き達の他ならない。

そのオーソリティ「築地銀だこ」と言えば、
全国チェーンたこ焼きの雄。
だのにたい焼きも扱っている。
挙句にそれが“薄皮たい焼”ときている。

その一方系列にはたい焼き専門店「銀のあん」がある。
今流行のデニッシュ皮たい焼き発祥の店であり、
cafe風店舗展開で躍進中である。
しかし吉祥寺のcafe風店舗に、
デニッシュ皮たい焼きはあっても、
いわゆる普通のたい焼きは置いてなかった。
少しガッカリしたのを覚えている。

そんな今や日陰者の一般的普通たい焼きであるが、
どっこい生きてる「築地銀だこ」の中。
ニクイよこの“薄皮たい焼”!
と、頭の中でシャツに張り付いた平面たい焼きを想像して、
先ずはT字路対角から店舗を遠巻きに眺める。

柿渋を塗った様な板張りの外壁をT字路の接点に向け、
行き交う人々に広く知らしめている様な佇まい。
掲げた赤く細長い看板と赤い庇が思いの外モダンに映える。

その下に“薄皮たい焼”と記した暖簾を提げて、
店頭の多くを占める窓ガラスの向こうで行き交う、
数名の店員が陽炎に揺らめきユラユラと見える。
店先にはカラス窓に沿ってカウンターと、
数台の縁台が並べられ置かれている。

今も親子連れが腰かけて休息の合間、
たこ焼きが焼き上がるのを仲良く眺めている。
離れた場所から眺める会計口横の保温ケースには、
すでにたい焼きが数尾行儀よく並んでる。

在庫は少ない。
この酷暑じゃ致し方ない。
重要なのは数じゃない。
時間だ。

早速注文をしようと会計口に近づくき、
保温ケースのたい焼きの状態を確認する。
特にくたびれていたりヘタッたりした様子は無い。
一先ずは安心に胸を撫で下ろす。

すると背後に続々と数組の親子連れが並び始め、
何を注文するかで喧々諤々の大騒ぎが始まる。
大通りに近いとはいえ割と静かな街角に、
子供の甲高い声はよく響く。

極力注文が被らない様に取り仕切れば仕切る程、
声のトーンは高まって行き、
独りが戯れにたこ焼きを注文すると宣言するに至った時は、
この熱いのにたこ焼き頼むなんて〜www
と、いささか怪鳥音染みたジェットエンジンの様な声を発し、
ヤンヤヤンヤとはやし立て始める。

たい焼きください。
思いっきりタイミングを逸した声が辺りに響く。
その瞬間すべての視線がコチラに向くのが背中越しに伝わる。
そして笑いを噛み殺している声が漏れ聞こえるに至っては、
只々この猛暑を呪うばかりである。

そんな子供たちは皆一様にプールサイドでよく見かける、
バスタオルのポンチョの様なモノを纏っている。
そりゃプールの後ならたい焼きは食べんわな。
最後に行ったプールの記憶を呼び起こした頃には、
子供たちは既に別の話題で盛り上がっていた。

会計口では注文を受けたおにいさんが、
たい焼きを一つ一つ丁寧に白い紙に包み、
ビニールの手提げに入れて渡してくれた。
代金を支払い取り合えす東急大井町線出口の日陰に逃げ込む。

早速紙に包まれた一尾を取り出す。
外気以上の熱がたい焼きから発せられる。
意外に出来立てか?
確認した時刻は12時過ぎ。
夏場のたい焼きを焼き上げる優先順位は、
結構低い位置に在るのかも知れない。

そんな哀しい気分を押し殺して改めて眺めるたい焼きは、
表面の所々に蜜の様な飴色の光沢が張り付いている。
指に掛かる縁の綴じ代部分は皮膚に食い込む程に固く鋭利で、
それでいて力加減ひとつでポロポロと壊れてゆく脆さもある。

そんな相反する表情に感心しつつ一齧りすると、
表面はサクサクと割れて砕けて、
中面の生地もホロホロと零れ欠ける。
揚げ物のコロモが強力な結束力でたい焼きとして形成している、
そんな歯応えが斬新な皮に近いコロモといえる。

そのコロモに包まれた餡は低水分でホクホクしている。
一齧りする度にホロホロと口内に滑落して行く硬質の炊き上がり。
夏の日差しの下では小豆の成分が白の艶消しで淡く透けて、
小豆の皮の光沢だけがタイル貼りの壁の様にまばらに輝いている。
その上かなりのアッサリ味に仕上がっている。

甘さのレベルは異様に低い。
だから小豆の全ての要素がダイレクトに舌に伝わる。
小豆を食べてる事を五感で感じる事が体験できる、
純粋無垢な餡がココにある。

炎天下に紙に包まれたたい焼きの半身をホクホクと齧る。
その光景は肉屋の店先で揚げたてのコロッケを頬張るのと似ている。
コロモの様な皮とホクホクの低水分の餡の組み合わせは、
まさにポテトコロッケそのもので重ね重ね夏向きではない。

そんな事を想いつつ店先に目を移すと、
縁台に腰かけてかき氷を頬張る子供達が、
まるで巨大なてるてる坊主の集団の様に見える。

内心これ以上の日照りは勘弁願いたいが、
これから夏休みが始まる子供達は、
知らず知らずのうちに晴天を呼び込んでいるのであろう。

それは子供の本能といえる。
そして大人はそれを暖かく見守ればいい。
このたい焼きと同じ温度と甘さの様に。

価   格○あずき 150円
住   所○東京都品川区中延4-6-1
営業時間○11:00〜21:00
       無休  
 
   
  
posted by EY at 22:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 品川区のたい焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。