東京のたい焼き ほぼ百匹手帖

2015年03月20日

とちぎや【下板橋@東武東上線】

     
 
たい焼きを買いに下板橋に来た。

改札を出て左へ進み踏切を渡進んだ先、
3つめの十字路にして4詰めの左折路を曲がるとある、
2軒間口がならんだ古びた建物のひとつが「とちぎや」である。

駅前から伸びる様々な商店が軒を連ねる通りは、
平日の昼前と云う事もあって人通りは少ない。
その閑散とした通りから更に外れた曲がり角の途中に、
商店街から住宅街へと至る境界のその途上。
異空間を創造する様にパーティションが店の両脇を挟み、
赤地に白文字で“たい焼”と記された幟がはためく。
交差点からも見えるソレは地味な色合いの街並みの中で、
鮮やかに目に焼き付ける様に浮かび上がる。

いわゆる住居1階店舗部分と云った区分けがしっくりくる店先は、
くすんだ白い壁と年季が入った焦げ茶色の柱という作り。
歩道に出された小さな行燈型の看板は、
毅然とした態度で今なお氷の旗印をペタリと掛けて佇む。
そこのポッカリと窓がありそのそこにカウンターが設えられ、
その枠にミッチリと嵌って保温ケースが食い込んでいる。
そしてその窓に掛けられた暖簾も、
これまた赤地に白文字で“たい焼”と記され、
かつては出窓であったと思しき痕跡を残す、
四角い出っ張りに邪魔されながらも鮮やかに映え渡る。

古びた店先に真新しく映える赤のコントラスト。
幟や暖簾を筆頭に窓に設えたカウンターや“氷”の文字、
入り口上部の“OPEN”の看板とその脇の提灯、
そしてひっそりとある郵便受けと、
シックなトーンの中にこの上なく映える赤。
その眩い空間を縫う様に数多の品書きや店側からの告知が、
過去から今に至るこの時までずっとソコに貼られ続けていて、
経年劣化で古び色褪せた風合いを醸し出している。
ソコに於いて店先にドカッと粗雑に置かれたエアコンの室外機や、
一切の装飾を排した様に其処だけ過剰に簡素な出入り口扉等は、
異質な位に静謐で無機質な存在感を醸し出しえ居る。

そんな「とちぎや」の窓枠一杯に張り出した保温ケースには、
たい焼きが正対してズラリと整列して並び、
オレンジ色の光に照らされながら道路をジッと凝視している。
たい焼きは店内でドリンクとセットで提供され、
たこ焼きは単品で店内の利用が出来る。
にしては店外にたこ焼きを主張するモノが提灯位しか無い。
一方でかき氷のラインナップは豊富に揃っていて、
サイズも2種類で挙句に店内を利用可能である。
そんなせめぎ合いの中でひときわ異彩を放つ、
おしるこの表記が目を引く結果となり、
当然コチラも店内利用可能だろうかとしばし考え耽る。

辺りは静かである。
店の周りには近隣の小学校から聞こえる子供達の歓声が響くが、
実体の伴わない声は直ぐに虚空の中へと霧散して果てる。
横の酒処の開店は夕方辺りであろう。
そしてこの二軒の両脇が駐車場という状況が更にソレを増幅させる。

そこで気付く。
この「とちぎや」に於いて電装的な設備はこの一灯のみ。
いや、そもそもこのライトは保温用であるので実質ゼロであり、
それは店内からも漏れ伝わって来ない。
ナルホドこの店には赤以上に明るいモノが無いから、
こんなにも赤が目に映えるのか。
しかしそうなるとこの静謐が別の焦燥を生む。

やってるのかな。
窓からも扉のガラス部分も一見それらは漆黒に染まり、
そこに人の気配というモノの有無を確認する事を困難とする。
すると窓の奥にある闇の中から保温ケースへと伸びる手を確認、
凝視するそばからたい焼き達が次々に隊列を組み始める。

まあ当然であるが人は居る訳である。
急ぎ窓へ近づき保温ケース越しに店内を窺うと、
薄ぼんやりと明るい店内にはおじさんがひとり、
福福と柔和な面持ちで作業をしている。
外から中を伺う胡乱な客に気付いたおじさんは、
柔和な笑顔のままコチラに対面して、
窓にスッポリ挟まった保温ケースの脇から注文を取り始める。
スパイ映画の緊迫した場面でこういったシーンをよく見るが、
その再現を今ココ下板橋の昼前の商店街で体験するとは。

素っ頓狂な感動に浸りながら早速たい焼きを注文する。
品が揃うまでの間その隙間から店内を窺うと、
窓の傍には銀色に輝く5連式焼き型が1台置かれている。
しかしカウンター式の店内をざっと見渡して、
その深層部を把握しようとも闇がその行く手を阻む。

中々に手ごわい。
その後も幾度もアプローチを試みるも深層は窺えす、
やがてたい焼きを詰め終えたおじさんが袋を手渡す。
代金を払い一先ず店を後にして商店街に近い方の駐車場で、
縄張りを荒らされて睨みを利かす猫に背を向けて荷を解く。
紙袋に入ったたい焼きを一尾手に取ると、
少々小振りで可愛らしい姿のたい焼きは、
袋を開けた瞬間から引っ切り無しに、
その全身より甘い香りを発散している。
周囲には金属工業製品の様に薄いバリが周囲を取り巻き、
不用意に手に触れた傍からパリパリと砕けて行く。
立ち昇る香りは和菓子と云うよりも可也洋菓子寄りで、
動物性たんぱく特有のまろやかな風味を湛えている。
小学校も近い事だしこの辺の工夫は、
子供へのアプローチかなと想いながら一口齧る。
フワフワとした食感の皮は厚みも想像以上に薄く、
生地自体にシッカリとしたコシがあり表面は弾力が強い。
噛み締める度にニシニシとした噛み心地が顎を伝播して、
カステラの様な風味が口内に充満する。

その中に込められた餡はそのネットリとした舌触りと、
触れた時に拡散するアズキのコクからの印象以上に、
クセの無いサッパリとした引きの良い甘さで、
甘さを湛えた皮に絡めばソコにアズキの風味を刻み付ける。
しかしそのツルリと食べ進められる潔い甘さと、
比較的小振りの食べ易い大きさに託けて調子に乗ると、
密かに隠し持っていた鋭いバリが口角に狙いを定め、
スパッと切り裂いていくので要注意。

一尾はあっと言う間。
二尾目はユックリと堪能しながら食べ歩く。
振り返る「とちぎや」には今だ静謐を保ち、
ソコには相変わらず電装による華燭な輝きは無い。
店舗周辺は今だ少しの闇を纏いながら、
商店街と住宅街というアチラ側とコチラ側を橋渡す。
そうなると「とちぎや」の存在は、
まるで時空の端境を守護している様である。

そこでハタと思う。
店先に溢れた赤は魔除けの赤なのでは無いかと。
何に対抗しての魔除けかは見当もつかないが、
小学校も近い事だし纏めて色んなモノを除けてもらえるなら、
それはそれで何かとありがたい事です。

価   格○つぶあん 150円
住   所○東京都豊島区池袋本町4-17-7
営業時間○11:00〜19:30
       土・日曜 定休
 
   
  

posted by EY at 23:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 豊島区のたい焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月07日

はせ川【一之江@都営新宿線】

     
 
たい焼きを買いに一之江に来た。

A1出口へ至る階段を上がりきったら左側へ出て、
目の前に貫く環状七号線に沿って左へ進む。
しばらくして一之江駅北交差点に到着したら左へ曲がり、
はなみずきロード一之江商店会のタイル張りされた歩道を進んだ先。
5本目の左折路にして最初の十字路を左へ曲がろうとする視線の先、
既にたい焼きとたこ焼きの幟をなびかせた「はせ川」の姿が見える。

店舗前の歩道から眺めればソコが元々ガレージある事が窺え、
広く取られたコンクリート舗装の敷地は奥で家屋と接していて、
大きく開かれたアコーディオン式門扉が両端で畳まれている。
一方には“営業中”の札と立て看板を置き店名や品書きが記され、
もう一方にはイーゼルに掛けられたポスターが建てられている。
それぞれの足元は近年吹き荒れる強風に配慮して、
ガレージ内両脇に設置された丸座布団を敷いた縁台と共に、
厳重に青い紐で重りと一緒に固定されている。

そんなガレージは周囲をグルリと蔦植物が生い茂るフェンスや、
小さな花が咲き誇る鉢植えや素焼きのプランター、
それに大小様々のピケットフェンス等のガーデニング用品で囲われ、
中程にある水栓柱と水受け以外を色々程よく目隠しされている。
その設えは全てに於いて手作り感に満ちた所謂“DIY”であり、
そのもてなしこそ所謂“at home”という空間の構築。

そんな蔦や花や蛇口にもてなされたどり着いた店舗前。
ガレージへと張り出した長い庇の下にある、
一段高い位置に設けられたアルミサッシ製の引き戸。
横の吹き付けの壁には店名「はせ川」の看板が提げられている。
そこへ至る緩やかなスロープを進み導かれた先の、
頭の上に貼り付いているのは黒く武骨なシャッターボックス。
その厳めしい堅物を華やかに飾り立てるのは、
向かって右手に簾に貼り付いた紅いたこやきの横断幕と提灯と、
左手にズラリ七福猫招きが描かれた縁起良さ気な橙色の暖簾。

鮫の歯の様に並ぶピケットフェンスに守られたサッシの引き戸は、
目隠しされた下部には品書きや商品写真等が貼られ、
猫の暖簾側をほぼ開け放ってソコに会計口を設えてある。
その奥では本来ダイニングと思しき「はせ川」調理場で、
おじさんとおばさんが切り盛りしている姿が窺える。

ガレージに立ち遮るモノの無い空間から見るその光景は、
昼食の用意をする家族の姿そのものである。
その当たり前の光景を当たり前の場所から覗く事で生じる、
何かイケない事をしている様な後ろめたさに苛まれ始める頃、
店先にボケッと突っ立っている輩に気付いたおじさんが、
スススッと会計口にやって来た事で我に返る。

早速たい焼きを注文すると開店直後とはいえ品揃えは万全で、
目下“いちごクリーム”以外なら3分以内で用意が出来るとの事。
了承して代金を支払い店先で静かに辺りを見回しながら待つ。

調理場の中央にある作業台には各種材料や調味料類の他、
ドッシリスペースを取って保温ケースが置かれ、
その中で数尾のたい焼きが寝そべりながら外を眺めている。
どうやらサッシ扉の傍に焼き型が置かれてそうだが、
位置と外光の反射でその様子を窺う事が叶わない。
僅かに会計口から垣間見えたたこ焼きは結構な大きさで、
行儀よく並んだ坊主頭の集団を彷彿とさせる光景を展開。
クルクル回りながら焼き色が付いていく様子はマスゲームの様で、
コレこそ坊主めくりだなと感心しつつ思い耽る。
やがて調理場奥で蛍光ランプで淡く浮かび上がった冷蔵庫の、
銀の扉に貼り付いた梨の妖精を見つけた所で客がやって来た。

会計口前を譲りガレージをフラフラとぶらつくと、
壁の品書きにはたい焼きは“冬季限定”と記されている。
どうやら夏場にはかき氷と入れ替えでたい焼きはお休みとの事で、
ココでもたい焼きにとって避けて通れぬ試練が待ち受けていた。

そんな運命を呪っている傍では、
昼食にたこ焼きをとの算段でやって来たらしき男女の客は、
品書きを眺め熟慮して悩んだ挙句結構なバリエーションで注文。
多種多様な条件にも怯まず機敏に対応して行くおじさんは、
千変万化していく注文を聞きながらも作業は休まず、
パックに並べた坊主頭にマヨネーズを回し掛ける。
傍から見るとコレはマヨネーズでの滝行の様だなと、
コチラも妄想に拍車を掛けている内に声が掛かる。

 たい焼きのお客様お待たせしました。

包みを受け取っていると横で女性客が呟く。

 たい焼きも買って行こうか。

その言葉を追って視線が交わる。
一瞬見つめあった客同士で静かに頷き、
荷を受け取り店には長居を詫びた後、
結局全てのトッピングを追加した事を確認して店を去る。
直ぐ先にある小料理屋脇の駐車場を陣取り荷解きをして、
袋から湯気を立ち昇らせる一尾を手に取る。
鯛の胴体中央部の手触りはフカフカとしていて柔らかく、
指先にモッタモッタとした感触を伝えつつも、
表面自体の焼き上がりはシッカリしている。
齧り付いてみるとフワフワとした食感で、
数度に渡り噛み締めればやがてモチモチとした歯応えに変わる。
そして皮という多少なりとも焼き目が付く素材なのに、
次第に喉に達するうちに滑らかな感触を発揮しだし、
最終的には皮なのか餡なのか区別が難しい代物となる。

などと云うとこの「はせ川」のたい焼きに、
タップリ込められた粒餡がまるでナマクラの様だがそうじゃない。
粘度が強く全体的にモッタリとした食べ口で、
甘味自体はシッカリして強めだが口当たりはスッキリしている。
アズキの風味もシッカリした王道の粒餡と呼べる代物である。

そもそも皮自体に強い風味が無くクセも少ない中立的風味なので、
より一層にアズキのコクと粒餡としてのキレが増してくるわけである。
そんな王道なたい焼きを最後は当然の如く、
周囲に着いたバリが軽快な音を発てて砕け、
同時に芳ばしい風味を舌に刻み付ける事で全てが終焉を迎える。

続いて2匹目に喰らい付きながら来た道を引き返すと、
芳ばしいソースの香りを漂わせ、
大量のプラスチックパックを提げた2人とすれ違う。
再び静けさを取り戻した「はせ川」の前を通りすぎ、
はなみずきロード一之江商店会の歩道に出た所でふと、
果たしてたい焼きを購入してくれたのかと、
頭からたい焼きを咥えながらブラブラ歩きつつ思う。

価   格○小倉あん 140円
住   所○東京都江戸川区一之江7丁目29-13
営業時間○[月・火・金]12:00〜20:00
       [土・日]11:00〜19:00
       水曜・木曜・祝日 定休
 
   
  

posted by EY at 00:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸川区のたい焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。