東京のたい焼き ほぼ百匹手帖

2015年12月20日

銀のあん 渋谷店【渋谷@山手線】

     
 
たい焼きを買いに渋谷に来た。

ハチ公口に出たら渋谷駅前スクランブル交差点を渡り、
右手へ進み井の頭通り沿いを進む。
そのまま最初の左折路へ入り引き続き井の頭通りを行き、
宇田川交番が建つY字路も井の頭通り沿いを進む。
その先に見えて来るマンガの古本屋があるビルの1階に、
目指す「銀のあん 渋谷店」がある。

ビルの1階エントランス部分の脇にあるスペースで、
2階にある楽器店を覆うテント生地の日除け幕と並び、
茶色地に白い文字で大きく“Croissant Taiyaki”と記され、
その少し離れた下の方に小さく“Produced by 銀のあん”とある。
近年日本中で流行したデニッシュ生地の皮を持ったたい焼きにあって、
「銀のあん」が提供する商品名“クロワッサンたい焼”は、
名実ともに日本中でその名を着実に轟かせた。
今やこの手法のたい焼きは総じて“クロワッサンたい焼”と呼ばれ、
今やデニッシュ生地たい焼きといえば“クロワッサンたい焼”であり、
他社大手販売店では名称自体変更して差別化を図り出している。

その「銀のあん」が誇る“クロワッサンたい焼”の専門店である。
エントランス部分に突き出た部分に会計口があり、
会計口前には柱に埋め込まれた巨大で幅広な行燈型看板がある。
購入後は建物1階部分に置かれた丸テーブルで食べる事が出来る。
「銀のあんカフェ 吉祥寺店」の様に正式に命名されていないが、
ドリンクも購入して寛げばちょっとした“cafe”であり、
屋内にありながらオープンデッキ的雰囲気が楽しめる構造である。
細長い店舗内には6連式の焼き型が大量に並べられ、

今現在1人の店員さんが開店間際の作業に追われている。
建物出入り口に面した保温ケース内には、
既に大量の“クロワッサンたい焼”がズラリと、
焼き上がった瓦の様な風合で直立の姿で並べられている。
其の壮観な光景は当に民芸品といった趣である。
道行く人々やエントランスを抜ける人々は、
時折チラチラと建物内を窺う方も多い。
中には店内を覗き込んで何やら会話を交わしている人も居る。

「銀のあん 渋谷店」は公式ホームページには備考部分に、
“クロワッサンたい焼専門店”と※付で併記されている。
店の至る所で見る事が出来るエンブレムにも、
“CROISSANT”の他に“ORIGINAL FRENCH SWEETS”と表記され、
従来のいわば“TRADITIONAL JAPANESE SWEETS”である、
一般的たい焼きとは一線を画す商品である姿勢を見せていた。

その“クロワッサンたい焼専門店”の店頭に、
見慣れたたい焼きが売られているのを知ったのは最近の事である。
会計口前に設えられた立て看板や会計口上部の品書きにも、
そして向かって右手に置かれた保温ケースの中にも、
「銀のあん」の定番メニューたる“薄皮たい焼”が並んでいる。

運営会社の戦略や“クロワッサンたい焼”の売れ行き状況とか、
様々な兼ね合いがあって実現したことなのであろうが、
ようやく「銀のあん」の店頭に普通のたい焼きが還って来た。
薄皮たい焼専門店の最前列で並んで売られる“薄皮たい焼”という、
当たり前の光景が当たり前では無かった、
近年のく「銀のあん」界隈を思い起こせば当に夢の様である。
そして“クロワッサンたい焼”を愛してくれる人々へ、
更にたい焼きをアピールできる絶好の機会がやって来たのだ。

やがて会計口が開かれ柱の行燈型看板にも灯りが燈る。
営業を開始した「銀のあん 渋谷店」の店先へ脱兎の如く向かうと、
後ろには2〜3人の少女達が付いて行列を造り上げる。
注文をお願いして焼き上がって保温ケースに並んでいた、
“薄皮たい焼”の“あずき”を総浚いして、
加えて“クロワッサンたい焼”を数匹購入して会計をトレーに置く。
そこで店員さんに忠告を一つ頂く事になる。

「本商品はお持ち帰りを推奨していませんが宜しいですか?」

「銀のあん」の公式ホームページには、
わざわざ“お持ち帰りでのあたため直し方”がある。
それでもその注釈が添えられた背景には、
日本屈指の繁華街だからこそ起きたであろう、
此処に至るまでの様々な御苦労を一人勝手に忍んでみたりする。

とは言え要はその場でお召し上がり頂くのが一番と云う事である。
其れはたい焼きという食品の最初期にして最大の事項であり、
立ち喰い歩き喰いが憚れるという人に対しては、
丸テーブルや椅子の利用を推奨するという事なのであろう。

てな事を推察しつつ個人的には何の問題も無いので、
店員さんの注釈に付いては全面的に承する。
其れを受けて店員さんはたい焼きを次々に小袋へ詰めて行く。
その手際の見事さを眺めている内に店員さんは、
いつの間にかたい焼きを手提げに詰め終えていた。
手提げとつり銭を受け取り会計口を後にして建物内へ入り、
2階へと繋がるエスカレータ前のシャッター前に陣取る。
手に取った1匹はカリカリの指触りから放熱を繰り返し、
纏っていた白い薄紙に水滴を拵えはじめていた。

目の前に差し上げたたい焼きは淡黄を帯びているが、
しかしこの色味が他のたい焼きとは根本的な差を感じる。
其れはこの色味は焼き目では無く生地自体に着いた色であり、
故にこのたい焼きの皮には白に近い色味が無い。
その色味が何故か不思議な雰囲気を生み出していて、
たい焼きという“作り物”を更に“ツクリモノ”的にしている。

皮の表側はサクサクで薄ら焼き目が付いて、
シッカリ焼き固められている。
皮の中側はフワフワの食感で柔らかくホロホロと脆く崩れる。
生地はライ麦パンの様に極々薄いの生地の中に沢山の気泡があり、
噛めば噛むほどモチモチとした歯応えになり粉の風味と甘味が増す。

餡子は水気が少なくモッタリとした舌触りで、
アズキの風味が強く濃厚な上に豆の形がシッカリ残った仕上がり。
粘り気も強く食べ応えも十分で抑え目の甘味が舌にジワリ染み渡る。
ホロホロの皮にシッカリ擦り込む様に馴染むアズキの風味と甘味が、
ほんのり漂う粉の素朴な風味と相まって絡まる。

新興“クロワッサンたい焼”が今に至る迄盛り上げてきた、
たい焼きという古典ブランドに更なる上物を乗せて行く為に、
王道“薄皮たい焼”が持つ伝統力で地盤を固める事が必要である。
その足掛かりとして先ずは店頭に並ばないと始まらない。
「銀のあん」への“薄皮たい焼”の帰還がその序章である事を願って、
いつの間にか少女達で満席になった丸テーブルを眺めながら、
期間限定“クロワッサンたい焼(黒かりんとう)”に噛り付いてみる。
価   格○あずき 150円
住   所○東京都渋谷区宇田川町31-2 BEAMビル1F
営業時間○10:00〜21:00
       不定休(BEAMビルに準ずる)
 
   
  

posted by EY at 22:50| 東京 ☁ | TrackBack(0) | 渋谷区のたい焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月06日

おめで鯛焼き本舗 ザ・マーケットプレイス東大和店【東大和市@西武拝島線】

     
 
たい焼きを買いに東大和市に来た。

改札を出たら左へ進み駅前ロータリーを迂回し、
スケートセンターとボウリング場の前を進む。
青梅街道と合流する桜街道へ出たら左へ進み、
桜ヶ丘市民広場に至る頃になると、
目的地である「ザ・マーケットプレイス」の姿が見える。
敷地内へ入って建物一階部分にある、
FOODS ALLEY入口脇で営業しているのが、
「おめで鯛焼き本舗 ザ・マーケットプレイス東大和店」である。

施設内は午前10時で既にかなりの買い物客があり、
広大な駐車場は沢山の自動車が犇めき、
建物の周りでは期間限定出店品やキャンペーン商品が並ぶ。
子供の各種感情が入り混じった甲高い喧噪が木霊し、
其れに併せた大人のこれまた各種感情が入り混じった声が響く。
建物内部もソレは同様であり、
スーパーマーケットへ向かう客の足取りは早く、
来店を告げる老人は忙しなく幾度も店頭の呼び鈴を鳴らす。
そして此処「おめで鯛焼き本舗」の会計口にも、
既に財布を握りしめ会計で御婦人がつり銭を受け取っている。
当然の如く一番乗りであろうという予想を覆され、
意表を付かれたが何にせよ繁盛しているのは“おめで鯛”。
気を取り直し早速御婦人の後に付いて順番を待ち、
当然一番乗りとかいう傲慢な考えを深く反省するのだった。

店舗内には男女の店員さんが2人体勢で切り盛りしている。
男性店員は焼き型の前に立ち、
看板商品の“お好み鯛焼き”を作り始める。
女性店員さんは会計を担当しながら、
折を見て細かな雑役を担っている。

順番が回って来ていつも通りの注文をお願いして、
番号札2番を受け取って会計口を離れ、
少々の待ち時間を隈なく店先を眺めて過ごす。
店舗は茶色い板壁に行燈型看板と品書きを頂いた軒と、
エンブレムを配した格子窓を模した腰壁が和風を際立たせる。
店の前には行列誘導用のベルト付きポールが置かれている。
広い間口は三面構成になっていて大きく開かれた会計口と、
ガラス窓の前にたい焼きを立てるスタンドを置き、
その奥に茶褐色の6連式焼き型を4台並べ、
たい焼きが焼き上がる様子が一望できる所謂見学用窓と、
窓ガラスの前に小豆色の暖簾が掛けられ、
巨大な銅鍋で“自家製あんこ”が作られている場所に分かれ、
その全てに大小様々な品書きが貼られている。

たい焼きの他にも“ソフトクリーム”も売られている。
加えて十勝小豆100%使用“自家製あんこ”の販売もあり、
ご丁寧に御汁粉のレシピまで貼られている。
毎日店舗で炊き上げられているという餡子は、
今現在は銅鍋に僅かな痕跡も見当たら無い。
鍋は綺麗に磨かれて光沢を放ち、
その周りも綺麗に清掃されて清潔感に溢れている。
一度その現場を見てみたいモノであると、
恨めしく銅鍋を眺めている間にも次々来客がある。

焼き型の上は既に各種たい焼きで目白押しで、
其れを店員さんがプラスチックのトングと鋏を巧みに操り、
トングで摘まみあげて化粧断ちをして、
窓の前に置かれたスタンドへ綺麗に立てて並べて行く。
その華麗なトング捌きの間に焼き型へ生地を落とす事も忘れず、
焼き型は常に何かで満たされた状態を維持し続けている。

大型商業施設で軽食を取るという事は“イベント”の一環である。
食事であれ間食であれ手軽に取れるのが重要であり、
その点に於いてたい焼きは他の軽食勢より抜きん出ていると思う。
鯛の形をした中には何でも入る。
甘味は言うに及ばず食事なら“お好み焼き”でも“ピザ”でも、
果ては“うどん”から“リゾット”に至るまで何でも挟んでしまう。
それは無限に近い包容力であり可能性でもある。

やがて番号札2番の呼び出しを受け、
焼き上がったばかりのたい焼きで膨らんだ紙袋を受け取る。
パンチ穴から噴き出す熱気がビニール袋を曇らせる。
ズシリと重たい袋を提げて店舗を後にして、
駐車場に面した植え込みに設えられたベンチで荷を解く。

手に取ったたい焼きは「おめで鯛焼き本舗」なので、
当然ニッコリとヱビス顔微笑んでいて、
横っ腹に“昇運”“招福”の文字を抱いている。
ふっくら膨らんだ丸みある身体からは甘い玉子の香りが漂う。
焼き固められた表面はザラリと細かな指触りだが、
分厚い皮は全体的にフワッと柔らかな感触が支配している。
齧り付いてみると口に広がる玉子と粉の風味はアッサリで、
皮の内側は結束が緩く舌の上にホロホロと崩れて積もる。
それも噛み締めればモチモチの歯応えを発揮して、
粉の風味がより鮮明になって口内に広がる。

そして自慢の餡子はたい焼きの中にタップリ仕込まれている。
甘さは控えめでアズキの粒立ちが良く“豆”としての食感が良く、
内包された濃厚な風味が淡泊な味わいの皮に絡む。
水気が多く滑らかな舌触りで皮と口内をアズキ色に染め上げると、
更にアズキの風味が強調され控えめな甘味がより強固に引き立つ。

姿形からして既に縁起が良い「おめで鯛焼き本舗」のたい焼きは、
先ずはその微笑みで買い求めた人々をも笑顔にしてしまう。
そして当然食べてみればその味わいで更に笑顔を齎してくれる。

価   格○つぶあん 140円
住   所○東京都東大和市立野3-1344-1
       the market Place 東大和 1F
営業時間○10:00〜21:00
       不定休(the market Place 東大和に準ずる)
 
   
  

posted by EY at 21:56| 東京 ☁ | TrackBack(0) | 東大和市のたい焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。