東京のたい焼き ほぼ百匹手帖

2013年09月14日

たいやきの夢【渋谷@期間限定】

たい焼きを買いに渋谷に来た。

移動店舗のたい焼き屋を捕捉するのに苦労したのも今は昔。
欲しい情報はネットで検索すれば手に入る。
屋台たい焼き店「たいやきの夢」にも難なく出会える。
便利な世の中になった。

台風迫る三連休初日の土曜日は残暑真っ盛り。
ダメ押しで熱波を垂れ流す太陽の下、
小さな屋たいがタワレコの片隅で出店している。
9月14・15・16日の三連休。
イベント事でお呼びが掛かれば馳せ参じる屋台たい焼き。
立地条件も火力もままならない中でも笑顔絶やさぬ店主さんは、
洋食店の様な装いで、たい焼き作りの真っ最中。

出来たてのたい焼きを頂く。
ふっくらとした面持ちの顔はほんのりと桜色。
その皮こそが独特の食感と風味の持ち主。
柔らかくしなやかな歯ごたえは、それでいてぱきんと折れそうで。
そこから蜜を纏った様な甘味が、噛み締める度にじんわり染み出る。これは雛あられを思わせる愛らしさ。

その愛らしい桜色の皮に包まれた餡はしっかりした甘味。
密度の高い潰し餡が、ぎっしりと詰まっている。
この強固な餡と皮の組み合わせはまるで、
出来立てで熱々の鯛の形をした柔らかい“最中”になる手前。
その手前で踏み止まり、この独特のたい焼きを作り上げている。

せっかくの連休を台風が台無しにしてしまう。
他では味わえない、この唯一無二のたい焼きには暴風雨は天敵。
連休を逃すと再び出会えるのは何時になるか。
殊更に台風が恨めしい。

価   格○たいやき140円
       ※情報はブログで、「たいやきの夢」で検索。


posted by EY at 23:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のたい焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/374825556
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。