東京のたい焼き ほぼ百匹手帖

2013年11月09日

新杵【渋谷@期間限定】

たい焼きを買いに渋谷に来た。

東急フードショーの期間限定ショップ。
清瀬の老舗和菓子店「新杵」が出店中。
その名も“おどりたいやき”。

新杵名物と謳っているが、公式サイトには載っていない。
大泉学園等で実演販売されている様で、
今回数度目の渋谷出張。

“おどりたいやき”の名前の通り、
跳ねた容貌で丸く収まっているが、
大丸高円寺よりも造形は純たい焼き寄り。
各所の凹凸も鮮明である。
焼き場からは既に餡とは異なる甘い香りが漂う。
洋風で玉子の風味が全面に出た香り。
各所に貼られたPOPが謳う様に、
これは十二分に“ふわっとトロ〜リ”を予見させる。

早速購入。
作り置かれた一匹を手に取る。
“ふわっ”というより“くにゃっ”ともたれる。
外を覆う皮も、中で動く餡も、とてもゆるい。

一口齧る。
甘い皮の香りが口内に広がる。
表面にカリカリ分は無く、
外も内もスポンジの様な柔らかさ。
最早これは洋菓子。

その柔軟な皮が包む餡は、
流石老舗和菓子屋が造る粒あん。
正統派で安心の出来。
当にこれは和菓子。

今の時代にこの手の試みは、
和洋問わずにどの菓子屋でも通るであろう道。
老舗の和菓子屋の極限ませ洋菓子に寄せたたい焼き。
これまでの和菓子屋が造るたい焼きとはまた違った、
新たな方向性を見出すたい焼きとなるか。
この解釈に新たな視点を加えたフォロワーの出現を心待ちにしたい。
などと偉そうにデパ地下の片隅で考える。

価   格○小倉つぶあん 168円
       ※出店情報は「新杵」の公式HPやFacebookで検索。


posted by EY at 22:38| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のたい焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。