東京のたい焼き ほぼ百匹手帖

2015年11月29日

薄皮たい焼き たい夢 練馬駅前店【練馬@西武池袋線】

     
 
たい焼きを買いに練馬に来た。

北口方面から出ると駅前にはロータリ―が広がっている。
左手には2014年に出来た複合施設のビルが建ち、
駅ビルとの間に細い裏道を作り出す。
その小路を進むと千川通りへ合流する道が、
高架の下を通り貫いている。
信号の無い横断歩道を注意深く進み、
駐輪場の右手にある線路沿いの道に入った直ぐに、
薄皮たい焼き「薄皮たい焼き たい夢 練馬駅前店」が営業している。

駅前高層ビルと西武池袋線の高架に阻まれた店舗には、
朝方は日光が射しこむ事は無い。
しかし駅前ビルの1階に開かれた店先には、
お馴染み「薄皮たい焼き たい夢」の小豆色の看板と庇が、
日陰で青味を帯びた景色の中で鮮やかに映える。
軒下に連なる店舗全面に広がる窓ガラスと、
その下の腰壁には品書きや告知が沢山張られている。

店内には現在店員さんが1人で切り盛りしている。
店頭に立つ小さなソフトクリームと並んで、
向かって右端にある暖簾の下にある会計口に立つ。
ふと窓に貼られた“おしながき”に隠れた保温ケースを見る。
今現在ケース内にたい焼きの姿は無いが、
店舗奥の調理台に置かれた笊に数匹のたい焼きが寝そべっている。
会計口にやって来た店員さんに注文をお願いすると、
焼き台を見て焼き上がりの時間を告げられる。
釣られて見る焼き台の上には閉じられた姿の焼き型から、
垂れ零れた生地が砂色に焼き上がっているのが見える。
了承して代金を支払ったら後は待つだけと、
全ての焼き型が見渡せる店舗左端へ移動する。

巨大な構想建造物に阻まれた高架脇の道は、
さすが駅そばと言う事もあって車の行き来はあるが、
昼前の休日にしては歩行者の人通りは疎らである。
それに加えて道幅が広いので店舗前をウロチョロしても、
通行人の邪魔に生り辛い周辺環境に託けて具に観察する。
店舗前の店内に6連式の焼き型が5台あり、
今は全ての焼き型に熱が入れられている状態である。
焼き上がったたい焼きは一旦笊にあけられ、
綺麗に周囲のバリを化粧裁ちされた後にケースに並べられる。
その中には焼き上がった後に表面へ真白な粉糖をふるうわれ、
化粧を施されるという手間の掛かるたい焼きまである。
今流行りのデニッシュ生地系のたい焼きは、
此処「薄皮たい焼き たい夢」では独自開発したパイ生地を使い、
その名も“Pie Yaki 〜パイ焼き〜”と称され販売している。

店先でたい焼きが焼き上がるのを眺める客の姿に加えて、
やがて歩道には芳ばしい香りが広がり始める。
店の前を通り過ぎる人々の視線も次第に集まり始め、
視線を誘導した後は進行方向を転換させる。
会計口に集まったら数多の品書きを眺めて相談を始め、
今の気分と相手の選択との兼ね合いで餡を決定する。
その間傍で見ていた客は只管“小倉あん”と念じていたが、
思い思いのたい焼きを購入して笑顔を湛え再び歩みを始める。

やがて接客を終えた店員さんが焼き台へ赴き、
暫く閉じられたままだった焼き型を一気に開く。
焼き上がったたい焼きは流れ出た生地もそのままに、
思い思いのバリに囲まれたまま6匹仲良く並んでいる。
それを寝坊した子供達を叩き起こす様に、
結構荒っぽい所作で店員さんは切り離していく。
わらわらと焼き側の上で独立するたい焼き達の姿は、
何故か漁船水揚げされた鯛の様に落ち着きが無く見えて来る。
一方で店員さんが駆使するその手捌きに、
此処までに培ってきた職人的な流麗さと、
母親が愛しい我が子達に向けた深い愛情を見る。

焼き上がったたい焼き達を袋へ詰めて、
一通り注意事項を窺った後に服を受け取る。
礼を述べた後に店を離れて、
立ち昇る熱気を拳に受けつつ巨大建造物を迂回する。

向かった先は練馬区立練馬文化センター。
蚤の市で賑わう前庭の先にある練馬駅に直結した、
ペデストリアンデッキに向かう階段横の植え込みに陣取る。
既に漏れ出ている熱気を掻き分けて、
焼き立ての皮が高熱を放射し続けるたい焼きを手に取る。
スッキリとした姿をした少し小振りなたい焼きは、
身体の中心に一本の縦縞がぼんやり浮かんでいる。
そんな熱帯の海に泳いでいそうな姿のたい焼きに噛り付く。

胴体中央部分の皮は薄く焼き上がり、
透明感があってサクサクと音を発てて砕ける。
中心部から背鰭や腹鰭方向へ進むと皮は厚みを増し、
中の生地は青味を帯びた白色部分が覆い始める。
やはり透明感がある生地はモチモチしていて気泡も多く、
宛らイングリッシュマフィンを彷彿させる食感である。
やがて閉じ口辺りで焼き固められた生地が苦みを帯びて、
比較的サッパリとした風味の皮にアクセントを加える。

中の餡子は水気が少ないが肌理が細かく、
モッタリと重い食べ口で口内へドカッと押し入ってくる。
滑らかに舌で伸びて行く途中では、
アズキの皮がツルツルと滑り落ちて行く感触が現れる。
サッパリした甘味は口内に一気に広がり、
隅々に染み渡る頃にはアズキの風味が鼻腔へと抜け始める。

澄み渡る青空の下で食べる縞模様のたい焼きは、
紺碧の海を泳ぐ黄金色の熱帯魚の様である。
確かに紙袋の中だけは熱い空気が満ち溢れていて、
たい焼き達もさぞや居心地が良かろう。
だがその極楽の地もやがては寒く冷え切って行く。
其の前に平均気温36度5分の常夏の地へ誘う為に、
急いで黄金色の2匹目を手に取るのだった。

価   格○小倉あん 140円
住   所○東京都練馬区練馬1-12-11 キョーリンビル1階
営業時間○11:00〜22:00
 
   
  

posted by EY at 22:06| 東京 ☀ | TrackBack(0) | 練馬区のたい焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。