東京のたい焼き ほぼ百匹手帖

2016年01月17日

たい焼き 増田屋【新中野@東京メトロ丸の内線】

     
 
たい焼きを買いに新中野に来た。

3番出口の目の前を横切る青梅街道から、
右手を見れば意外に広い鍋屋横丁交差点が見える。
その反対側の高円寺方向へ青梅街道沿いを進むと、
最初の左折路に差し掛かる頃合いから、
はためく白い幟が目に飛び込んでくる。
墨文字で書かれた鯛にイラストと“たい焼き”の文字が、
目指す「たい焼き 増田屋」に到着したことを告げる。

白いタイルの聊か古びたビルの1階にある店舗はまだ真新しい。
店舗の頭上には間口一杯に広がった白くて大きな行燈型看板に、
太く力強い文字で記された屋号を記し掲げている。
店舗は間口の半分づつが白色と茶色の2色で構成されていて、
向かって右側の白はガラスの引き戸の枠で、
ガラス面にある店内での飲食が可能と記す文字の白と併せ、
掛けられた暖簾の赤色とのコントラストが目に映える。
向かって左の茶色は対面販売の場所であり、
茶色い板の腰壁とその上に開いた黒い枠のガラス窓がある。
頭上に設けられた庇と腰壁にある小さなカウンターに、
この店からの心遣いを感じ不意に笑みが零れる。

そのガラス窓に貼られた品書きは4つ。
つらつらと品書きを眺めていると店先のガラス窓を開け、
初老の紳士が店内を伺ってから注文を始めた。
直ぐにその後ろに続いて順番を待ち、
購入を済ませた振り返った老紳士と挨拶を交わし、
続いてたい焼きの注文をお願いする。

店内には赤いキャップを被った店員さんが1人、
焼き型の前に立ち目を配りながら接客をする。
窓口から見える保温ケースにはたい焼きが数匹見える。
店員さんは数を確認してから希望購入数が揃うまでの時間を告げ、
客側はそれを了承して改めてお願いをする。
それでは焼き上がりまで店内でお待ちくださいと誘導され、
お言葉に甘えさせて頂こうと店内へ入る。

奥行きのある店内は中央にあるカウンターが仕切る。
調理場は奥にある巨大な銀色の冷蔵庫以外は簡素に纏まっている。
まだ壁や調理器具などの金属類には曇りが無く清潔感に溢れていて、
店舗奥に置かれた胡蝶蘭も元気に咲き誇っている。

入口近くに置かれた大きな保温ケースには、
オレンジ色の明かりが煌々と灯り見ただけで温かである。
中に入ったたい焼き達は餡ごとに纏まり、
アッチコッチ思い思いの方向を向いている。
保温ケースの正面に貼られた品書きには小さく原材料が記され、
お馴染みの材料である“小麦”や“アズキ”等に加え、
“山芋”という表記がある事に気付く。

小麦粉の生地に“山芋”といえばお好み焼きでよく目にするが、
たい焼きの生地に配合されている事を表記してあるのは初めて見る。
其れが一体どの様な効果を発揮するのか楽しみな一方で、
コスト面でどうなのかと大きなお世話まで焼いてしまうのであった。

その横には「たい焼き 増田屋」が使用するこだわりの素材である、
コクと風味が豊かさな“北海道産エリモ種の小豆”や、
3年連続どこぞで金賞を受賞した“鬼ザラ糖”の説明書きがある。
そのまま目を右へ移せば香味自慢の“ほうじ茶”が置かれていて、
其れをセルフサービスで頂ける旨が記されている。

そんな説明がされている紙が貼られたカウンターの腰壁は、
板と板の隙間が開いた垣根の様な作りである。
その至る所に今流行りの“SNS”等の張り紙や、
たい焼きの食べ方から導かれる性格判断等が貼られている。
早速ほうじ茶を頂きながら壁側に設えられた縁台に腰掛け、
何の気なしに性格判断を始めてみる。
しかし解答欄に特に拘りは無く時と場合によって変わる、
所謂“気まぐれ派”が無い事に気付き軽くショックを受ける。

その後は細く洋楽のヒットチャートが流れる店内で、
縁台に浅く腰掛けてほうじ茶を啜り、
調理場で揺れる赤いキャップを眺めたい焼きを待つ。
やがて満を持して6連式の焼き型は開け放たれ、
勢い良く飛び出したたい焼き達が行儀よく板の上へ水揚げされる。
一つ一つ丁寧に周りに着いたバリを化粧裁ちされると、
互い違いの向きで並べられ次々と箱へ詰められる。

紙袋に入れられたズシリと重いたい焼きを受け取り、
代金を支払い長居を詫びて挨拶を交わす。
続いて来店した御婦人と入れ違いて店外へ出て、
御婦人が発した“つぶあんふたつ”の声に送られ店を後にする。

青梅街道を中野通りを目指し歩いて行く。
目指す杉山公園では“子供もちつき大会”が催されていて、
文字通り子供でごった返す公園の邪魔にならない隅っこで、
ひっそりとしていながら見せ付ける様に荷を解く。

手に取ったたい焼きは思いのほか弾力がある。
シッカリ焼き固められたガリガリの指触りを湛え、
柔らかさがあるが型が崩れる様な感じの無いた焼き上がりである。
角の隅々までキッチリ焼き上がったシャープな姿は、
恰も新鮮さを表現しているみたいである。

一口齧ってみる。
パキッと音を発てて皮の表面が割れる。
しかし其処には抜群のコシが備わっていて、
噛み締めるとクニクニとした噛み心地と、
キシキシとした歯応えが発揮されて顎を包み込む。
繰り返される咀嚼は皮から玉子由来の、
甘く柔らかい風味を引き出す。

しかし本当に最近の連式たい焼きの皮は、
驚く程の見事さで皮を薄く焼き上げるモノだ。
などと感心して更に一口喰らい付くと、
皮の内側からまたモチモチとした異なった食感が表れる。
柔らかく程よく潤いを湛えた生地は透明感があり、
一般的なフカフカしたパンケーキ系とは明らかに一線を画している。
もしや此れが“山芋”の効果なのだろうか?

一方たい焼き内部にシコタマ詰められた餡子は、
滑らかで豊富な水気を含んでいる。
ネットリと皮と舌に絡みついて口内に広がり、
控え目で優しい甘味と豊かなアズキの風味を振り撒いて行く。
まるで漉し餡の様な舌触りの中で、
微かに舌を引っ掻くアズキの皮が存在を主張する。

餡子の上品な味わいと皮のモッチリした歯応えといえば、
和菓子の基本中の基本である“薯蕷饅頭”を思い浮かべる。
新中野に表れた新進気鋭のたい焼きは、
図らずも和菓子の原点への回帰を果たす事になった。

矢張り大事なのは基本であるなと、
子供達で賑わう公園でジックリとたい焼きを味わう。
時々注がれる視線を感じる最中も目の前で繰り返される、
此方も和菓子の基本である搗き立ての餅が発する、
米の風味との鬩ぎ合いの中に身を置く事の幸福を噛み締める。

価   格○つぶあん 150円
住   所○東京都中野区本町4-45-9 第一カワイビル101
営業時間○11:30〜20:00
       月曜 定休
 
   
  

posted by EY at 21:46| 東京 ☔ | TrackBack(0) | 中野区のたい焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月01日

ひとくち茶屋 中野新井店【中野@中央本線】

     
 
たい焼きを買いに中野に来た。

北口から中野サンモールに入って直進すると、
中野ブロードウェイの南口へ辿り着く。
建物内へ入って一階に伸びているメインストリート、
ブロードウェイ通りを通過した先の北口へ出る。
目の前を横切る早稲田通りを渡った向こう側に、
目指す「ひとくち茶屋 中野新井店」がある。

車通りの多い大通り沿いのバス停前に建つ店舗といえば、
嘗ては見慣れた青い看板で漢字表記の「一口茶屋」だった。
しかし今や目の前で営業しているのは、
茶色い看板を掲げた平仮名表記の「ひとくち茶屋」である。
和風の基調で統一された落ち着きある雰囲気に変わり、
木調の壁や梁に金の意匠を掲げた店舗は高級感がある。
とはいえ店の構造自体は依然の青い「一口茶屋」の時のまま、
店先に置かれた小さな縁台も未だ現役で活躍中である。

店名の「一口茶屋」が「ひとくち茶屋」に変わると、
定番商品である“普通の”たい焼きの皮が変わる。
パリパリの“薄皮たい焼”になった上に、
所謂“羽根”と称される幅の広いバリで覆われる。
それは全ての「一口茶屋」が提供する大納言を使った、
高級版たい焼きの “プレミアムたい焼”も同様である。

開店間もない店内を切り盛りする2名の店員さんが、
2名に対しては少し広い調理場を忙しく行き交う姿が見える。
歩道から窺える焼き台には3台の6連式のたい焼き型と、
1台のたこ焼き型が並べて設えられている。
そのどれもが黒く焼き色が浸み込んでいて、
まさに歴戦の勇者が醸し出すシブ味を感じさせてくれる。
今その焼き型の2台分には粘度の高い生地が流し込まれ、
焼き型の内側をゆっくり広がって行く様が窺える。
調理場の横にある保温ケースには既にたい焼きを始め、
“たこ焼”や“モダン焼”が並べられている。
見た所既に商品の数は十分にそろっている。

店員さんに声を掛けて注文をお願いする。
代金を支払い終えて商品の準備が進む間は、
ボンヤリと周囲を眺めてひと時を過ごす。
すっかり高い建物が増えた中野駅周辺は
日光量が少なく感じるさせる位が少なく感じる。
南口の派手さに対して至って地味な中野ブロードウェイの北口と、
そこから新井薬師方面へ向かう人々を見送る。

店内からはたい焼きが焼ける甘い香りと、
ソースが焦げた芳ばしい香りが次々に漂いはじめ、
ジッと待つ客の鼻っ面を撫でまわしていく。
もう一人の店員さんがたこ焼きピックを駆使して、
たこ焼きを回すチャキチャキという軽快な音が響く。
ランチ前の冷えた時間にバスを待つ人々の視線が、
自然と其処へと寄せ付けられ始める。
その視線が交錯する中で店員さんの呼び出しを受け、
たい焼きで満たされた袋を受け取って、
店員さんに礼を述べ店を後にする。

早稲田通りを渡って中野ブロードウェイの脇へ向かう。
100円ショップの横に伸びる細い路地は、
買い物客が次々入れ替わり利用している駐輪場で、
その隙間にある車止めに陣取って荷を解く。
茶色い紙袋を開けると熱気と甘い香りが出迎える。
たい焼きは一匹ずつ白い小袋に入っていて、
其処には茶色い“羽根”がはみ出たヤツも何匹かいる。
手に取ると紙越しに掴んだ指先にクニャリと波打つ感触が伝わる。
さすが“薄皮たい焼”なだけあって餡子が直ぐ其処にあって、
更に温かさまでダイレクトに指先を焦がす。

一方の羽根はといえばかなり脆い。
少しの衝撃でパキパキ折れてしまうので、
慎重に紙袋から取り出して噛り付いてみる。
パリパリの食感は芳ばしい風味であるが、
生地自体の味はほんのりとした粉の甘さ位である。
それ以外は焼き上がり加減の違いで生じるほろ苦さと、
恐らく横から頂いたソースの風味が少しある位である。
このサプライズこそたこ焼き併設店の醍醐味だなと、
思いがけないアクセントに喜んで本体へ進出する。
表面はカリカリの焼き上がりで、
中はフワフワとモチモチが共存した弾む食感で、
薄切りのトーストを髣髴とさせる歯応えがある。

そこに薄皮を突破してきた濃い赤紫色の餡子が溢れ出す。
水気があって緩いがシッカリとした粘り気があって、
強い甘味としっかりと香るアズキの風味がある。
時々アズキの種皮のシャキシャキした食感が顔を出すが、
全体は流れる様に滑らかで柔らかい舌触りである。
暫くその強力さで口内を席巻した甘味は、
最後に残った尻尾付近の“羽根”が醸し出す、
サクサクとした軽快な歯応えと、
芳ばしくほろ苦い味で洗い流されていく。

同じ“羽根”でも場所によってその特性は変わる。
こちら「ひとくち茶屋 中野新井店」の“羽根”は、
頭の付近は厚めでパリパリとなり、
尻尾付近は薄焼きになってサクサクとなる。
おまけに薄いから火の通りが良く少し焦げた感じになって、
口内に漂う餡子の甘味を相殺してくれる。
全く皮と餡子の関係は奥深く、
まだまだ無限の可能性を感じさせてくれる。

価   格○小倉 130円
住   所○東京都中野区新井1-9-4
営業時間○11:00-21:00
       無休
 
   
  

posted by EY at 21:31| 東京 ☀ | TrackBack(0) | 中野区のたい焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。