東京のたい焼き ほぼ百匹手帖

2015年12月20日

銀のあん 渋谷店【渋谷@山手線】

     
 
たい焼きを買いに渋谷に来た。

ハチ公口に出たら渋谷駅前スクランブル交差点を渡り、
右手へ進み井の頭通り沿いを進む。
そのまま最初の左折路へ入り引き続き井の頭通りを行き、
宇田川交番が建つY字路も井の頭通り沿いを進む。
その先に見えて来るマンガの古本屋があるビルの1階に、
目指す「銀のあん 渋谷店」がある。

ビルの1階エントランス部分の脇にあるスペースで、
2階にある楽器店を覆うテント生地の日除け幕と並び、
茶色地に白い文字で大きく“Croissant Taiyaki”と記され、
その少し離れた下の方に小さく“Produced by 銀のあん”とある。
近年日本中で流行したデニッシュ生地の皮を持ったたい焼きにあって、
「銀のあん」が提供する商品名“クロワッサンたい焼”は、
名実ともに日本中でその名を着実に轟かせた。
今やこの手法のたい焼きは総じて“クロワッサンたい焼”と呼ばれ、
今やデニッシュ生地たい焼きといえば“クロワッサンたい焼”であり、
他社大手販売店では名称自体変更して差別化を図り出している。

その「銀のあん」が誇る“クロワッサンたい焼”の専門店である。
エントランス部分に突き出た部分に会計口があり、
会計口前には柱に埋め込まれた巨大で幅広な行燈型看板がある。
購入後は建物1階部分に置かれた丸テーブルで食べる事が出来る。
「銀のあんカフェ 吉祥寺店」の様に正式に命名されていないが、
ドリンクも購入して寛げばちょっとした“cafe”であり、
屋内にありながらオープンデッキ的雰囲気が楽しめる構造である。
細長い店舗内には6連式の焼き型が大量に並べられ、

今現在1人の店員さんが開店間際の作業に追われている。
建物出入り口に面した保温ケース内には、
既に大量の“クロワッサンたい焼”がズラリと、
焼き上がった瓦の様な風合で直立の姿で並べられている。
其の壮観な光景は当に民芸品といった趣である。
道行く人々やエントランスを抜ける人々は、
時折チラチラと建物内を窺う方も多い。
中には店内を覗き込んで何やら会話を交わしている人も居る。

「銀のあん 渋谷店」は公式ホームページには備考部分に、
“クロワッサンたい焼専門店”と※付で併記されている。
店の至る所で見る事が出来るエンブレムにも、
“CROISSANT”の他に“ORIGINAL FRENCH SWEETS”と表記され、
従来のいわば“TRADITIONAL JAPANESE SWEETS”である、
一般的たい焼きとは一線を画す商品である姿勢を見せていた。

その“クロワッサンたい焼専門店”の店頭に、
見慣れたたい焼きが売られているのを知ったのは最近の事である。
会計口前に設えられた立て看板や会計口上部の品書きにも、
そして向かって右手に置かれた保温ケースの中にも、
「銀のあん」の定番メニューたる“薄皮たい焼”が並んでいる。

運営会社の戦略や“クロワッサンたい焼”の売れ行き状況とか、
様々な兼ね合いがあって実現したことなのであろうが、
ようやく「銀のあん」の店頭に普通のたい焼きが還って来た。
薄皮たい焼専門店の最前列で並んで売られる“薄皮たい焼”という、
当たり前の光景が当たり前では無かった、
近年のく「銀のあん」界隈を思い起こせば当に夢の様である。
そして“クロワッサンたい焼”を愛してくれる人々へ、
更にたい焼きをアピールできる絶好の機会がやって来たのだ。

やがて会計口が開かれ柱の行燈型看板にも灯りが燈る。
営業を開始した「銀のあん 渋谷店」の店先へ脱兎の如く向かうと、
後ろには2〜3人の少女達が付いて行列を造り上げる。
注文をお願いして焼き上がって保温ケースに並んでいた、
“薄皮たい焼”の“あずき”を総浚いして、
加えて“クロワッサンたい焼”を数匹購入して会計をトレーに置く。
そこで店員さんに忠告を一つ頂く事になる。

「本商品はお持ち帰りを推奨していませんが宜しいですか?」

「銀のあん」の公式ホームページには、
わざわざ“お持ち帰りでのあたため直し方”がある。
それでもその注釈が添えられた背景には、
日本屈指の繁華街だからこそ起きたであろう、
此処に至るまでの様々な御苦労を一人勝手に忍んでみたりする。

とは言え要はその場でお召し上がり頂くのが一番と云う事である。
其れはたい焼きという食品の最初期にして最大の事項であり、
立ち喰い歩き喰いが憚れるという人に対しては、
丸テーブルや椅子の利用を推奨するという事なのであろう。

てな事を推察しつつ個人的には何の問題も無いので、
店員さんの注釈に付いては全面的に承する。
其れを受けて店員さんはたい焼きを次々に小袋へ詰めて行く。
その手際の見事さを眺めている内に店員さんは、
いつの間にかたい焼きを手提げに詰め終えていた。
手提げとつり銭を受け取り会計口を後にして建物内へ入り、
2階へと繋がるエスカレータ前のシャッター前に陣取る。
手に取った1匹はカリカリの指触りから放熱を繰り返し、
纏っていた白い薄紙に水滴を拵えはじめていた。

目の前に差し上げたたい焼きは淡黄を帯びているが、
しかしこの色味が他のたい焼きとは根本的な差を感じる。
其れはこの色味は焼き目では無く生地自体に着いた色であり、
故にこのたい焼きの皮には白に近い色味が無い。
その色味が何故か不思議な雰囲気を生み出していて、
たい焼きという“作り物”を更に“ツクリモノ”的にしている。

皮の表側はサクサクで薄ら焼き目が付いて、
シッカリ焼き固められている。
皮の中側はフワフワの食感で柔らかくホロホロと脆く崩れる。
生地はライ麦パンの様に極々薄いの生地の中に沢山の気泡があり、
噛めば噛むほどモチモチとした歯応えになり粉の風味と甘味が増す。

餡子は水気が少なくモッタリとした舌触りで、
アズキの風味が強く濃厚な上に豆の形がシッカリ残った仕上がり。
粘り気も強く食べ応えも十分で抑え目の甘味が舌にジワリ染み渡る。
ホロホロの皮にシッカリ擦り込む様に馴染むアズキの風味と甘味が、
ほんのり漂う粉の素朴な風味と相まって絡まる。

新興“クロワッサンたい焼”が今に至る迄盛り上げてきた、
たい焼きという古典ブランドに更なる上物を乗せて行く為に、
王道“薄皮たい焼”が持つ伝統力で地盤を固める事が必要である。
その足掛かりとして先ずは店頭に並ばないと始まらない。
「銀のあん」への“薄皮たい焼”の帰還がその序章である事を願って、
いつの間にか少女達で満席になった丸テーブルを眺めながら、
期間限定“クロワッサンたい焼(黒かりんとう)”に噛り付いてみる。
価   格○あずき 150円
住   所○東京都渋谷区宇田川町31-2 BEAMビル1F
営業時間○10:00〜21:00
       不定休(BEAMビルに準ずる)
 
   
  

posted by EY at 22:50| 東京 ☁ | TrackBack(0) | 渋谷区のたい焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月10日

一口茶屋 幡ヶ谷駅前店【幡ヶ谷@京王線】

     
 
たい焼きを買いに幡ヶ谷に来た。

北口から出て甲州街道を新宿方面へ向かえば、
3分もしないうちに「一口茶屋 幡ヶ谷駅前店」に着く。
迷う事はまず無いハズ。たぶん。

豪雨が打ち付ける街道沿いの角地に、
青い行燈看板を掲げて暴風雨の中でも営業中。
細い路地側には青い暖簾が棚引くその反対側の大通り沿い。
突風に軋む日除けの下に一先ずは退避する。

店の中に人気は見当たらない。
此れ幸いと店舗残鯛と店先に貼られた品書きを、
迫り出した日除けに沿って移動しながらツラツラ眺める。

街道に面した窓が連なった店先の足元の壁はタイル貼りで、
水を大量に使用する業種の店舗を思わせ、
内部の調理場もそんな雰囲気が窺えるサッパリとした造り。

取り扱うのは王道粉物焼成食品の数々に加えて、
モダン焼きまでの取り扱いまであって幅広い。
元々食事系たい焼きの多さも「一口茶屋」の特徴で、
今ではたい焼きの名を騙った“ナニか”とも思えてくる。

たい焼きとたこ焼きの焼き型は窓に沿って並んでいる。
今の時間で焼き型に製作中の品は無い。
一方、店頭中央にドシリと構えられた保温ケースには、
既に各品物の各種類が数個づつ揃えられている。
時刻は午前10時半過ぎ。
何とも仕事が早い。

控えめな主張をするソフトクリームのPOPを眺め、
風に煽られた簾がズボンの裾を我武者羅に叩き始めた頃、
店の奥からおばさんがひとり現れた。

早速おばさんに注文をお願いする。
注文の言葉を時折突風が掻き消して行く。
幾度か大声で注文を復唱して注文を取りつけて、
おばさんはたい焼きの袋詰めを始め、
客は財布を取り出し会計の用意を始める。

正式名称は“カルトン”と謂うらしい会計皿に、
札を出したい焼き型の重りを乗せようとした瞬間、
突風が札を店内に強制的に誘って往く。
風の強い日にありがちな光景。

おばさんに拾ってもらってたい焼きの重しでしっかり固定し、
後は商品を待つばかりの客はボンヤリと店内を眺める。
その間も街道沿いは降ったり止んだりを繰り返す天気で、
完全に傘の閉じ時を逸して気候に弄ばれる人や、
前衛芸術の様な折り畳み傘を差す人達が行き交う。

やがておばさんが会計口にやって来てお会計。
封を開かれた紙袋から甘い香りが立ち込める。
商品を受け取りおばさんに礼を述べて、
雨水を含んですっかり重くなったズボンの裾を引きずって、
取りあえずは雨風を凌げる場所を探そう。

と、歩き始めた目の前に乾いたビルのエントランス。
休日の午前11時前。
用があるのは宅配便のおにいさんだけだろうと、
自分勝手に高を括って早速の雨宿り。
そして急いで紙袋の封を全開にしてたい焼きを手に取る。

柔らかい。
フワフワ。
フルフルと震えて蒸しパンみたいな肌触りの皮が覆う。
何処をどう持っても支える指を包む様に皮が侵食して来て、
内蔵物である餡の重量がダイレクトに圧し掛かる。
焼き目は付いているが硬質感が薄く、
遠目から見たら鯛の形の黄粉餅と見紛う事になるだろう。

早速齧ってみる。
まさに蒸しパン。
フカフカでモチモチ。
ふんわりと香る甘さが一層に食感を引き立てる。
これは乳歯が生え揃った幼児の“たい焼きお食い初め”に用いたい、
原体験としてのたい焼きに適した溶ける様な柔らかさの皮。

その皮に包まれた餡は粒立ちがしっかりして、
色味も風味もそして甘味も濃い。
当に口内の隅々まで張り付く様な持続力の高い甘さ。
この甘さの航続距離が長い餡をフカフカの皮が拭い去って行く。
それでも口内の細胞の隙間にまで染み渡った甘味は、
やすやすと消えて行くわけも無く、
何時までもじんわりと喉の奥から甘い香りを仄かに漂わせて来る。

たい焼きを食べ終わると同時に大降りとなる。
ズボンの裾はまだしも靴までは犠牲に出来ないので、
しばらくは雨宿りは続く事となる。
直ぐに雨は止むだろう。
それまでたい焼きを食べながら待つだけである。

価   格○小倉 120円
住   所○東京都渋谷区幡ヶ谷2-7-12
営業時間○10:30〜20:30  
 
   
  
posted by EY at 22:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 渋谷区のたい焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月07日

十勝おはぎ 東急東横店【渋谷@京王井の頭線】

     
 
たい焼きを買いに渋谷に来た。

蟻のコロニーの様に複雑に絡み合う渋谷の地下は、
不用意に手近な出入り口から踏み入ると、
たちまちのうちに方位の感覚は奪われ何時までも彷徨う羽目になる。
その地下に広がる東急フードショーの西館は、
京王井の頭線寄りの出入り口から地下へ下って行く。
地下一階の東横のれん街との連絡通路へ通じる出入口から入り、
直後の左折路を行った先すぐにあるT字路に面して営業するのが、
目指す「十勝おはぎ 東急東横店」である。

昼前の店舗ブース前には行列が出来ていた。
列の最後尾に着き一面大きなガラス張りのショーウィンドーを眺める。
ショーケースと会計口の奥に連なる調理場で数名の店員が、
人気商品である“十勝大名”と称する今川焼を次々と焼き続けている。
その次々と埋め尽くされる丸い窪みの並ぶ焼き台横には、
たい焼きの焼き型が閉じられたまま静かに2台並んでいる。

ふと気になって前方を見遣り状況確認。
会計横の保温ケースには白や茶の“十勝大名”が、
カジノのチップの様にズラリ並んでいる。
T字路角のショーケースには主力のおはぎや大福が並び、
柏餅の包装待ちの客が閑談の真っ最中。

一方たい焼きはというと保温ケースに10枚近く並んでいる。
前に並んだ客2名が粗方購入する事になれば、
焼きたてのたい焼きを手に入れるには可能だが、
そんな都合の良い思惑は大抵叶わないのが世の常。
客は次々に“十勝大名”を購入していく。
ここは潔く諦めて先ずはたい焼きを購入すべく注文をお願いする。

たい焼きですか?
店員のおねえさんの目が一瞬泳いだ様に見えた。
そう、そこに在るたい焼きです。
と、ショーケースに目を移すと若干の違和感。
色白のたい焼きの表面にゴマの様な黒い斑点が見える。

あんこですか?
おねえさんは強張った笑顔で訪ねてくる。
はい、あんこでお願いします。
重ねてお願いする。
どうやらココに並んでいるのは“ホワイトレアチーズクリーム”なる、
過剰に洋風な餡を抱いた期間限定のたい焼きの様だ。

たい焼きは?
おねえさんは調理場へ顔を突っ込み焼き場の店員に聞く。
出せるよと調理場から声が返ってくる。
視界の端でたい焼きの焼き型が開かれる。

直ぐお出ししますね〜。
満面の笑顔でおねえさんが答える。
そしてしばしの待ち時間。
狭い会計口で親子連れの包装された柏餅と、
先客の“十勝大名”が詰められた箱と、
たい焼きを保温ケースに並べる容器が交差する。

そんな光景が慌ただしく繰り広げられて数分後、
熱が籠るのを防ぐ為に封を開いたままで、
たい焼きの包みを受け取り会計をする。
以前作ったポイントカードが既に期限切れていた。
軽く落胆とホカホカと熱気を揚げる袋と共に店を後にする。

東横のれん街への連絡通路側出入口前まで引き返す。
インフォメーションセンター傍のカウンターに荷を置き、
軽食を取るご婦人達の横で急いでたい焼きをサルベージする。
包装紙を解くと溢れる出来立ての熱気の中で、
経木に包まれたアツアツのたい焼きが横たわる。
思いがけない幸運に感謝して早速一尾取り出してみる。

何時からだろう。
かつて「十勝おはぎ 東急東横店」はフワフワだった。
頻繁に“十勝大名”を購入した時期、
それは当時出始めの“豆乳クリーム”にハマり、
訪れる度に大量に買い求めた時期。
その時に併せてたい焼きも購入したが、
その時は良く在る駄菓子系フワフワ皮の厚手のたい焼きだった。

やがて“うす皮たい焼”が現れた。
出始めは期間限定品だったと記憶している。
その時に物珍しさで購入した“うす皮たい焼”は、
まるで南部煎餅の皮を纏ったようなたい焼きであった。
焼き立てから時間が経っていた故か、
陶器の如き硬質の皮が鋭利に尖りながら縁を取り巻き、
事情を解しない者が不用意に齧り付こうものなら、
容赦無く口角を切り裂いてゆき、
楽しいおやつの時間を流血の大惨事に陥れたであろう。
それ位固かった記憶がある。
しかし期間限定品ならそれもまた楽しい思い出である。

やがて月日は過ぎて何時しか皮の逆転現象が生じた。
厚皮は薄皮に何時の間にか姿を消し、
店頭には“うす皮たい焼”だけが並ぶのが日常となった。
本来ならば以前訪れた二子玉川の「鯛夢楽」が
“うす皮たい焼専門店”として製造・販売をしていたのだが、
今やその境界は消失してしまった様である。

そのうえ“羽根付き”で差別化を図れている訳でも無く、
この「十勝おはぎ 東急東横店」の“うす皮たい焼”にもシッカリと、
四角くは無いが吹き流しの様な可なり立派な羽根が付いている。
もはや独自性が無くなった「鯛夢楽」の行く末を少し心配しつつ、
せっかくのアツアツが冷めないうちに一齧りする。

バリッともカリッとも取れるしっかりした歯応えの皮が行く先を阻む。
結構な抵抗を制圧して噛み砕いた皮は云うほどは薄くなく、
老舗有名一丁焼きたい焼きの倍以上の厚みはある。
しかしその厚みの構成が個性的で、
表面の茶色味のある皮の表面のその下を、
完璧に火が通り水分が抜けて白く硬化した生地を構成。
そしてそのさらに下層部を水気を含んだ柔らかな生地が覆うという、
驚異の三層構造で焼き上げられている。

故に表面の硬化した皮を噛み砕くと下層の生地が緩衝材となり、
傍若無人に進行する歯の行く手をやんわりと遮る事により、
まるで歯で霜柱を噛んだ様な感覚が味わえるのである。
とはいってもそこは小麦粉の変質したモノであるから、
何の苦慮も無く食べ進める事は容易に出来るのである。
そして焼き立ての皮はサクサクと噛み砕かれて行き、
口角から流血するという惨劇を起す事も無く、
軽くて芳ばしい焼き上がりの食感を堪能出来るのである。

その皮の中のアツアツの餡はたい焼きの中でしっかりと保持され、
噛み口から無作法に飛び出すことも無く、
ドッシリと構えて皮と一体となり口内に誘われる。
粘度が高くてしっかりと甘い餡は粒濃度が高く小豆の風味も十分。
スッキリと喉奥へ消えて行く甘味の軌跡を辿りながら、
残り香を口内にしっかり残して口から鼻へ、
やがて鼻から目に抜けて脳天へと勢い良く駆け上がって行く。

スッキリしない天気を破るように勢いよくバリバリと羽根を噛み砕き、
刷り込み直した“うす皮たい焼”体験を終えて満足感に浸る。
そして出来るなら何時かまたココ東急フードショーで、
かつての厚皮たい焼きに出会いたいものだと思う。
かつて味わった“イチゴクリーム味”とかではなく、
看板商品の十勝産小豆の「あん」の直球勝負で。

価   格○粒あん 130円
住   所○東京都渋谷区渋谷2-24-1
       東急百貨店東横店 東急フードショー西館
営業時間○10:00〜21:00   
 
   
  
posted by EY at 23:36| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 渋谷区のたい焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。