東京のたい焼き ほぼ百匹手帖

2016年03月06日

瀬田商【神泉@期間限定】

     
 

たい焼きを買いに神泉に来た。


北口駅前から踏切を越えて伸びる道を左へ進み、
大通りに出たら右へ進むと東急百貨店本店に着く。
その地下一階食品フロアの一画に、
期間限定で「瀬田商」が出店していた。


渋谷の繁華街から少し離れた場所に聳え立つ、
老舗百貨店の地下一階の食料品売り場は、
開店直後と云う事もあり何時にも増して閑静である。
日本中の有名専門店はゆったりとした空間に並び、
松濤や神山町に建つ高級住宅街のニーズに合った、
厳選された商品がふんだんに揃っている。
故に東横店に比べてそこはかとなく高級感があり、
観光客を購買層に含まない腰を据えた風格を醸し出す。


そこに突如現れた庶民菓子の代表であるたい焼きは、
高級なチョコレートやワインが並ぶフロアの片隅で、
甘くて芳ばしい香りをゆったり漂わせている。
その香りは人々の足を止めさせる魅力を振り撒き、
その姿で買い物客の目を釘付けにする。


その魅惑のお菓子を焼き上げている「瀬田商」は、
頻繁に催事やイベント等で期間出店を行うたい焼き屋で、
今回はかつてテレビでも取り上げられた逸品を引っ提げ、
この渋谷に地へやって来たという訳である。
東京近郊では埼玉県草加市の駅ビル等で購入できるが、
ここ東急百貨店本店にも度々現れては、
人々を魅了するたい焼きを販売してくれる。


地下一階イベントコーナー一杯に展開した店舗ブースは、
2尾の鯛が跳ねる赤い横断幕を纏った卓を設えて、
簾敷きの会計口を挟んで餅菓子とたい焼きが並んでいる。
餡子や黄粉を纏ったおはぎや団子といった餅菓子は、
プラスチックパックの中に並び堆く積まれ販売されている。
一方でたい焼きは古びの効いた木製の囲いに3種類、
その横に並べられたアクリルケースには1種類と、
計4種類の餡がそれぞれ木箱の中に起立姿勢で、
隊列を作り並んでいるのが見える。
定番の“つぶあん”とその双璧を成す“クリーム”の他に、
その2つが合わさった“ミックス”という餡は想定できた。
しかし期間限定で“いちごミルク”という餡は、
中々冒険心が溢れる攻めた打ち出しである。


卓の横には焼き台を設えたブースが置かれ、
赤い暖簾が掛かる向こうでは6連式の焼き型が3台並ぶ。
焼き台には半身のたい焼きに背骨の様な餡子が乗り、
今も甘く芳ばしい香りを放ち周辺を満たしている。
その奥で黒いキャップとエプロンのご店主が、
焼き台に乗ったたい焼きの焼き上がりに視線を注いでいる。


焼き型が並ぶブースの前でその様を眺め、
横目で焼き上がったたい焼きの様子を見比べる。
木箱の中は十分な品揃えである。
焼き型が閉じられたのを確認してから会計口へ向かと、
焼き場から手を休めたご店主が此方へやって来た。
たい焼きの購入を告げるとご店主は箱を用意して、
起立姿のたい焼きをそのまま箱へと詰めはじめる。
箱の中でも直立するたい焼き達の背中を確認後は、
壁に貼られた各種パネルを眺めてしばしの時を過ごす。


たい焼きを詰め終えた箱を会計口に置いて、
代金を支払い終えたらズシリと重い箱を受け取る。
ご店主の笑顔に送られ店舗前から移動すると、
階段へ至る廊下に置かれたベンチに陣取り荷を解く。


箱を開けると俯瞰視点で見えるたい焼きの姿は、
皆が皆そろって此方に背を向けている。
そこに御誂え向きに差し出された背びれを摘まむと、
指先は皮の中へと埋まりピッタリと密着する。
そのまま待ち上げると背びれが千切れそうで、
急遽左手を整列の間へ差し入れてアシストを始める。


柔らかい。
たい焼きの表面に触れた左手を皮が包み、
そのままたい焼きの内部へ沈下を始める。
慎重に持ち上げて改めて手に取るたい焼きは、
柔らかく波打って指先にシットリ貼り付く。
特に腹の部分は中の餡子がフニフニと流動して、
驚きの触感を発揮してくれる。


一口噛り付くと皮はふっくらと優しい食感で、
焼き目からは甘く芳ばしい香りが漂う。
モチモチに仕上がった表面に対する内側は、
更に柔らかくフルフルの舌触りを発揮する。
生地本来の風味であろう玉子のまろやかさと、
粉の酸味が仄かに舌を包み込む。
比較的焼き固まった鰭の角はワッフルを髣髴とさせ、
また違った歯応えを生み出し楽しませてくれる。
皮自体は薄いので少し齧れば中からは、
大量に入った餡子が満を持して解放される。


シッカリと甘味がのった粒餡は柔らかく、
滑らかな舌触りは漉し餡の域へ踏み込んでいる。
アズキの風味も濃く懐かしさも湛えた王道の仕上がりだ。
その滑らかな餡子が柔らかな皮と絡み合うと、
トロトロでアツアツの口当たりになる。
そのまま飲み物の様にゴクリと飲み込めば、
胃の底から暖かくなり軌跡からは甘い香りが漂う。


最近の皮を巡る環境は“薄い”と“厚い”から、
“硬い”と“柔らかい”へと変わり始めた。
連式でも薄く焼ける様になった技術革新は、
逆に“厚い”という個性を失い始めた。
そこで連式が持つもう一つの個性であり、
一丁焼きでは困難な皮の“柔らかさ”に注目が集まる。
それはとても自然な流れなのかもしれない。
ふよふよと柔らかいたい焼きの腹を揉みながら、
そんな事をぼんやり考えるのだった。



価   格○つぶあん 150円

 
   
  
posted by EY at 21:34| 東京 ☀ | TrackBack(0) | その他のたい焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月20日

京都三条 幸福屋【立川@期間限定】

     
 
たい焼きを買いに立川に来た。

北口から広がるペデストリアンデッキの行き着く先に、
堅牢な外観をクルリと何かに囲われた伊勢丹が聳え建っている。
日曜日の開店前の伊勢丹の一階正面玄関には、
数名の買い物客が佇んでいるほかに、
その脇の地下へ通じる階段に結構な人数の初老の男女が、
いささか緊迫感を醸し出して座り込こんでいる。

何事かと思い階段を下りていくとチクチクと刺さるような鋭い視線が、
コチラをけん制する様に四方八方から飛んでくる。
こんな光景を昔の映画でみたなぁと思いながら、
たどり着いた地下食品売り場の扉前にはロッカーとベンチがあり、
そこもすでに数名の初老の買い物客が陣取っている。
尋ねてみると朝市的な野菜の安売りが催されるとの事。
コチラとしてはその催しには参加の意志は無い事の表明を兼ねて、
薹が立ったジェット団達の合間を軽く『Tonight』を口ずさみながら、
再び一階の入り口前まで駆け上がって行く。
やがて開店と同時に雪崩れ込む初老のジェット団達。
その後を悠然と歩を進め行き着いた先は期間限定の京都フェア。
その食料品催物場の一角で「京都三条 幸福屋」が出店している。

出会いは数年前の吉祥寺。
念願の「菓匠こしの」の羊羹を全種類購入して、
ホクホク顔で帰路に就いた途中で立ち寄ったのはアトレ吉祥寺。
そこに漂っていた鼻腔をくすぐる芳ばしい香りの先を辿ると、
見慣れぬ名前の店がたい焼きを実演販売していた。
聞けば京都は三条からお越しとの事で、
姿の良い羽根付きたい焼きを取り扱っている。
袖触れ合うも他生の縁とばかりに数尾数種を購入して帰ったら、
その日の社内は「京都三条 幸福屋」のたい焼きの話題で持ちきりで、
その光景を「菓匠こしの」の水羊羹を食べつつ眺めていた。

なかでもカスタードに対する評価がすこぶる高く、
既存のたい焼きや今川焼でお目にかかるカスタードの、
ネットリと甘くて口内から喉奥まで覆い尽くしていく糊の様な、
申し訳程度にクリーミーな風味の物とは一線を画する、
これまでにたい焼きで味わった事の無いモノであった。
何しろとがった所が一切無いまろやかで優しい甘味と、
クリーミーでいてふんわりとした舌触りの食感で、
卵とミルクの香りがしっかり立ってくる。
言うなればカスタードプリンが入っているようなもので、
これが業務用のカスタードなら全国のたい焼き屋さんは、
急ぎ取り入れるべき逸品である。

久しぶりに、それも目の前で起こる見るたい焼きの、
局地的ではあるがムーヴメントが目と脳裏に焼き付いて、
何とも言えない多幸感に包まれてと供に忘れ難い光景となった。

しかしそんな多幸感は持続が難しい。
日常の喧噪で擦り取られていく記憶が何時しか華燭に彩られ、
過剰に増幅された感情が禁断症状の様に膨らんで、
満たせない欠乏感となって苛んでいく。

欲求を解消しようにも肝心の「京都三条 幸福屋」が東京には無い。
ならば今一度、期間出店に望みを託そうとすれども、
頼みの情報源の更新状況が滞り気味で当てにはならない。
自棄になって手当たり次第に都内のデパート関連のサイトを巡って、
ご当地イベントや物産展を虱潰しに当たるが、
行き違いやすれ違いをただ繰り返すのみ。
最終的には僅かな望みを託してフェイスブックの最終更新にある、
立川伊勢丹に網を張りひたすら待ち続ける事数か月。
ようやく巡り会えた「京都三条 幸福屋」のカウンターに乗った、
行燈型の白い看板を見た時の安堵感たるや、
筆舌に尽くし難い感情が去来してまさに半泣き状態。

そんなプレ多幸感を感じる男の背後では、
取れたて野菜を奪い合う初老のジェット団の軽い怒号が飛び交う。
そんな喧噪を余所にワクワクで看板前まで行く。
兎にも角にも先ずは注文を済ませる。
開店間際の販売区画に設えられた台の上には、
どこか繊細な印象が強い細面なたい焼き達が、
敷き詰められた網に棒グラフの様に整然と並んでいる。
それを物腰柔らかなおばちゃんが見守り、
更に売り場奥の僅かな明りが差し込むブースの中で、
黒の衣装で固めたお兄さんが次々にたい焼きを焼き上げている。

おばちゃんが丁寧に箱詰めしてくれたたい焼き達を受け取る。
熱が籠るのを防ぐ為に箱の口を閉じないのは、
たい焼き購入する上での必須事項である。
しかしそれは自重で刻々と曲がったり型が崩れていく様を、
なすすべなく只指をくわえて眺めるだけの、
己の無力感と向き合う辛く悲しい時間でもある。

会計を済ませて礼を述べると出来るだけ足早に移動。
もと来た階段の降りた直ぐのベンチへ一目散に向かい、
ギッシリと箱にひしめくたい焼きをサルベージ出来る場所を確保する。
より完璧で可能な限りのベストの状態で食べるために。
ただそれだけのために。

急ぎベンチの陣を構えて箱の中を覗き見て、
より状態の良い物を急ぎ選別して迅速に救出開始。
丁寧に扱ったつもりでも欠け落ちていく羽根が空しい。
それでも念願の「京都三条 幸福屋」のたい焼きを目の前に、
はやる気持ちを抑えつつ平常心を装いながら、
次々と階段を下りてくる買い物客にわざと見せつける様に、
色白で細面の薄い京美人のたい焼きに齧りつく。

羽根の水分量が極端に少ない。
薄氷の様に砕けて口の中の水分で溶けていく。
同じ餡を包む和菓子の中でも最も薄い皮のアレ。
駄菓子で言うなら梅ジャムをつけて二枚で挟んで食べるアレ。
つまりはたい焼きではお目に掛かった事の無い軽さ。
以前食べた時は持ち帰って食べたので、
湿気が羽根にも充満していてココまでとは気づかなかったが、
まさかこんな未知の存在を纏っていたとは驚愕である。

そしてその薄皮が強固に実態化した胴体周りは、
当たり前と言わんがばかりのモチモチ感で包まれていて、
餡の保持に関して最大の能力を惜しみなく発揮している。
この両極端に振り切れた皮の食感を堪能すると、
口内にユルリと奥ゆかしく餡がとろけ出して、
優しい甘さで舌の上っ面を撫でていく。

出過ぎた甘味が無い上品で風味豊かな粒餡が、
必要最低限で甘味の最大値を長時間維持している様に感じて、
典型的東京人である筆者の貧困な思考には、
いわゆる“雅”と表現される京都的な印象で類型化してしまう。
最低限の仕掛けで最上級の仕事をする…みたいな。

いろいろ考え過ぎた先の圧倒的な京都のイメージに押し潰され、
勝手に翻弄されながらも久方ぶりの多幸感に全身が打ち震え、
ドップリ頭まで浸りながらたい焼きを食べ進めてゆく。
そしてその多幸感は最後に残った羽根と一緒に溶けて消えていく。
今度再び出会える日までの余韻を存分に残して。

と、散々カスタードを褒めといて結局は小豆の餡に落ち着くのは、
ただただ小豆の餡が好きなだけなのであり、
併せて購入したカスタードはやはり只者では無かった事を付け加え、
本文章の主題の整合性を図ることにしよう。

価   格○あずき 140円
 
   
  
posted by EY at 23:18| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のたい焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月09日

新杵【渋谷@期間限定】

たい焼きを買いに渋谷に来た。

東急フードショーの期間限定ショップ。
清瀬の老舗和菓子店「新杵」が出店中。
その名も“おどりたいやき”。

新杵名物と謳っているが、公式サイトには載っていない。
大泉学園等で実演販売されている様で、
今回数度目の渋谷出張。

“おどりたいやき”の名前の通り、
跳ねた容貌で丸く収まっているが、
大丸高円寺よりも造形は純たい焼き寄り。
各所の凹凸も鮮明である。
焼き場からは既に餡とは異なる甘い香りが漂う。
洋風で玉子の風味が全面に出た香り。
各所に貼られたPOPが謳う様に、
これは十二分に“ふわっとトロ〜リ”を予見させる。

早速購入。
作り置かれた一匹を手に取る。
“ふわっ”というより“くにゃっ”ともたれる。
外を覆う皮も、中で動く餡も、とてもゆるい。

一口齧る。
甘い皮の香りが口内に広がる。
表面にカリカリ分は無く、
外も内もスポンジの様な柔らかさ。
最早これは洋菓子。

その柔軟な皮が包む餡は、
流石老舗和菓子屋が造る粒あん。
正統派で安心の出来。
当にこれは和菓子。

今の時代にこの手の試みは、
和洋問わずにどの菓子屋でも通るであろう道。
老舗の和菓子屋の極限ませ洋菓子に寄せたたい焼き。
これまでの和菓子屋が造るたい焼きとはまた違った、
新たな方向性を見出すたい焼きとなるか。
この解釈に新たな視点を加えたフォロワーの出現を心待ちにしたい。
などと偉そうにデパ地下の片隅で考える。

価   格○小倉つぶあん 168円
       ※出店情報は「新杵」の公式HPやFacebookで検索。


posted by EY at 22:38| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のたい焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。