東京のたい焼き ほぼ百匹手帖

2015年02月28日

たい焼き 速吸瀬戸【戸越@都営浅草線】

     
 
たい焼きを買いに戸越に来た。

A2出口を出たら第二京浜を右に進むと戸越銀座の交差点。
右折して商店街を進んだ二つ目の十字路の手前辺りに、
一丁焼きの店「たい焼き 速吸瀬戸」があるハズである。

到着した該当地には黒い軒とサッドベージュの壁の店舗があり、
壁には木枠のガラス窓が一つ嵌め込まれ、
上の端っこに貼られた紙には一丁焼きで粒餡のみで、
一尾150円である事の告知がなされている。
対する下の端っこには“準備中”の札が立て掛けられて、
窓の下には木造の縁台が一つ。
ガラス窓の横には同様な色合いで左右幅違いの両開き扉があり、
入り口前の軒からはたい焼き的なオブジェが吊るされている。
その下辺りに三角の立て看板が置かれ片面には張り紙と同じ内容、
対して裏面にはたい焼きの原材料表記がされている。
そんな簡素な店先を結構入念に見回してみるが
どんだけ見直しても店舗自体の情報が見当らない。

よくある何某かのポスターや店舗からの告知の類はおろか、
店名を表記した表札的な記載物すら見当たらない。
看板かと思って近づいたら換気口だったりするこの店で、
一番目立つのは店頭にはためく赤い幟に記された、
白い“たいやき”の文字だったりするのである。

そこでふと思い至る。
今や世はインターネット時代であり検索サイトを駆使すれば、
一丁焼きで提供する気鋭のたい焼き屋の等の情報位、
ローカル情報紙辺りの記事を雑作も無く見つけ出す世の中である。
そこから戸越銀座商店街のホームページに飛べば、
地図と共に店名まで表記されている訳である。
つまり今の時代は店頭に看板が無くても瞬く間に口コミは伝播し、
営業時間をわざわざ貼り出さなくとも開店前に客が来るのである。
そしてそんな今風な宣伝戦略にまんまと乗ってやって来た客は、
向かいの本屋で今か今かと店先を窺いながら、
窓に立て掛けられた札が“営業中”になったのを見計らって、
行き交う配達の車を華麗に避けながら小躍りで店舗へ赴くのである。

勇んで店の中へ一歩踏み入ると和帽子に前掛け姿の御店主が、
一人厨房で焼き台の前に立ちガラガラと焼き型を動かしながら、
時折頬に近づけ入念に焼き型のウォームアップの真っ最中。
早速注文をお願いすると少々時間が掛かる事で、
即座に承諾後お掛けになってお持ちくださいと店内へ促られる。

従って進んだ細長い店の奥は店頭同様のサンドベージュの壁に、
硬質な二つの扉と縁台が一台置かれただけの店頭を凌ぐ簡素さ。
客と厨房を隔てる壁に開いた仕切り窓には持ち帰り用の箱が積まれ、
その先にある会計口カウンターには会計トレーが置かれ、
間にある柱にはカレンダーが掛かっているのみ。
そして当然壁には何某かのポスター等は一切張られていない。
その簡素さは壁を隔てた厨房も同様ではあるが、
そもそも扱っているのが粒餡のたい焼き一品と云う事に加え、
焼き台も比較的小さな造りで済む一丁焼きなので、
厨房内は必要最小限で極めて簡潔に纏まっている。

ココまで簡素な店も珍しいが、
近年は中身のバリエーション増加や夏季営業対策の影響で、
巷のドラッグストアかディスカウントショップの様に、
店内が告知で溢れる傾向のたい焼き屋の現状を思い返しながらも、
もしやこれは店主自体の性質が強く反映されたモノであり、
恐らくこれから年数を重ねても店内は簡潔に保たれるかもしれない。
そんな考えを頭の中でグルグル巡らせながら、
唯一店内に情報を与えるラジオと頻繁に鳴り響く焼き型の、
ガッチャンガッチャンという衝突音の中でぼんやりと、
外を行き交う人々を暗がりの店内から眺める。

いくら人通りの多い商店街でも平日の昼食前、
いきなりたい焼きを買いに来る客は、
全国に名を馳せる戸越銀座商店街でもそうは居ない訳で、
待つ間に来店どころか店内を覗いていく人すら現われずに、
終ぞ独りポツンと縁台で簡素な店内で必死に情報収集する事数分、
壁が少々斜めになっていている事実に直面した頃、
お待ちどう様でしたと声を掛けられる。

たい焼きが入った袋を受け取り代金の支払いを済ませ、
店主に礼を述べ会計口に置かれた焼き型に目礼をした後、
荷下ろしのトラックでごった返す商店街へと踏み出す。
商店街を進み少し先にある戸越銀座温泉脇の公園に陣取り、
散歩中の犬と飼い主の視線を横目に荷を解く。

開いた箱から立ち昇る湯気と共に鼻を擽る経木の香りと、
一丁焼き独特の甘く芳ばしい香りが周囲を取り巻く。
すかさず反応してコチラを振り返る犬。
そんな野生の本能に感心しながら取り出すコチラのたい焼きは、
その姿たるや当に王道の一丁焼きそのものである。
木工細工の様な風合いと竜山石を髣髴とさせる表面の質感と、
扁平した胴の厚みとソコから伸びて光沢を湛えた焦げたバリ。
鱗ごとに焼き目が付いたその効果的色合いとか、
指で押すとグニュリと不凍液の氷枕の様に内部を流動して、
頻りに自己主張をしてくる柔らかな餡の存在感。
その全てが一丁焼き然としたたい焼きである。

一口齧ると薄い皮はシクッとした歯応えとモッチリした食感で、
噛み千切ればブチリとした感触で千切れる程にコシが強い。
皮の縁にしがみ付いていたバリがその余波を受けて、
口角の辺りでパキパキと音を発して砕けて行く。
もう2〜3分置けば皮の表面もパリパリになるだろう。
そんな皮に守られた餡はユルユルとした質感で口に蕩け出てくる。
アズキの風味満載でありながらアズキが持つ強いクセが少なく、
甘味も抑えめでアズキの種皮も柔らかく、
舌の上を流れる柔らかな口当たりで、
老舗に見られる全てを封じ込めた強い粒餡の、
少々取っ付きにくい所を抑えた実にスマートな粒餡という印象。

焼き方や皮や餡は言うに及ばず、
店の雰囲気や箱に添えられた経木などの小技に至るまで、
随所に脈づく東京の一丁焼きたい焼きの集大成的たい焼きは、
犬の視線を釘づけにしてしまう程の破壊力を持つ。

店名の「速吸瀬戸」こと豊予海峡は全国的には、
あの全国の魚通を虜にする“関サバ”や“関アジ”で有名な場所。
ソコに今後は戸越銀座産の“関タイ”が加わり、
都内に数多存在するたい焼き通を唸らせる存在となる。
そんな未来はそう遠く無いなと感じながら、
相変わらずコチラを微動だにせず睨め付ける犬の視線を、
わざわざ挑発する様に二尾目の“関タイ”を取り出して、
陽射し溢れる公園のベンチで齧り付いてみる。

価   格○たい焼き 150円
住   所○東京都品川区戸越1-16-8
営業時間○11:00〜18:00
       月曜 定休
 
   
  

posted by EY at 00:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 品川区のたい焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月05日

鳴門鯛焼本舗 西小山駅前店【西小山@東急目黒線】

     
 
たい焼きを買いに西小山に来た。

地下に埋もれる駅から這い出た先に見えるロータリーの奥、
西小山商店街と看板を掲げたアーケードを道路が貫く角、
短い横断歩道の脇に「鳴門鯛焼本舗 西小山駅前店」がある。

何回目かの今年一番の台風が荒ぶるり始める朝。
こんな時に不定休の店に赴くのは愚の骨頂であり、
その結末は幾ら待っても開かないシャッターを前に、
無駄に裾を濡らし雨傘の骨を曲げてしまうだけの、
文字通りの無駄骨で終ってしまう。

そんな体験を十二分に味わった後に訪れた西小山駅。
駅改札のエントランスの軒先から既に見える、
「鳴門鯛焼本舗 西小山駅前店」の店の明かりが眩しく輝く。
今この時、チェーン店の安定感に救われる。

駅前ロータリーを囲う様に設置された
屋根付きの車寄せを伝う様に店舗前の交差点に向かう。
交差点角地に立つ店舗の軒にグルリと「鳴門鯛焼本舗」の文字が、
此れでもかとと云う位デカデカと書かれ鉢巻みたいに掲げてある。
その下の店舗の壁は一般イメージの中にある和風の板壁が並び、
そこに軒から間接照明の暖かなオレンジの光が射している。

角地の頂点部分を切り落とした様な部分に設えた会計口の、
両端に数間分開かれたガラス窓からも同様に光が漏れ、
風雨に晒されずぶ濡れとなった荒んだ心を癒してくれる。

ではこの勢いで身体の中からも温めてもらいましょうと、
急ぎ赴く会計口にやって来たのは、
小柄で大層愛くるしい風貌のおねえさん。
今はおひとりで店を切り盛りされている様子で、
外の暴風雨を掻き消す様な輝く笑顔でご対応いただく。

早速たい焼きを注文するとおねえさんは、
ハッと慌てた顔でたい焼きを目で数え始め、
それに合わせて上下する顎なんかをボケッと眺めていると、
はい!すぐご用意できますよ!
と明朗快活に答えるその一挙手一投足が、
さながら小型愛玩動物の如く愛くるしく微笑ましい。

心身とも荒んでいる時にこの様な挙動を目の当たりにすると、
精神衛生と心肺機能上に久しく忘れていたナニかを呼び覚ます。
そんな同様を気取られぬ様にさらっと受け答えをして、
目線は会計口向かって左手に伸びる焼き場に並んだ焼き型や、
右手に伸びる保温ケース内でコチラに向けてガンを飛ばす、
たい焼き共を遣りつつ急ぎ精神と身体の安定に務める事にする。

さて「鳴門鯛焼本舗」といえばチェーン店でありながら、
一丁焼き焼きを用いる製造行程を取りながら全国展開する店。
今、焼き型がどの様な状態かは会計口から窺う事は出来ない。
そして店内は他に人気もなく雨音が響く位に静かである。
と云う事は必然的に焼き型を扱うのは、
この目の前で細々と動く小柄なおねえさんと云う事になる。

モノの本によれば一丁焼きの焼き型は2s近くあるそうで、
そんな重たいモノをこの小柄なおねえさんが、
ガチャガチャ取り回しているかと考えると殊更健気に思えて、
要りもしない余計な応援をしてしまい、
再び精神と身体がプラス方向で揺さぶられる。

会計口にボケッと立つオッサンが斯様な精神状態でいるなど、
露ほども考えて無いであろうおねえさんが、
たい焼きの包みを携えて会計口にやって来る。
そして会計を済ませて満面の笑みで包みを差し出すおねえさんが、

雨の中お越し頂き有難う御座いました。
足元お気を付けてお帰りください。
またお待ちしております。

と言葉を発した瞬間、
今迄平静を保っていた精神の箍は外れ、
澄ました表情は脆くも崩れ目一杯破願して、
自身でも解る位にニヤ付いた締まりの無い顔となる。
余りの事に我を忘れ傘も差さずに豪雨のロータリーを、
一直線に突っ切って駅改札まで突進する。

しこたま雨に打たれて漸く正気を取り戻し、
一人佇む駅改札前を見回すと豪雨に躊躇する数多の人々。
さすがに少し気が引けて急ぎ駅構内に入る。
ホーム中程の待合室の前にある水飲み場付近で荷を整え、
列車待ちの人が少ない待合室の入り口横でたい焼きを取り出す。

薄い身体と淡い焦げ目のたい焼きは丸っこい輪郭で、
有名店の一丁焼きに見られる様なシャープな輪郭も、
木工細工の様な表面のザラついた指触りも無い。
加えて造形の凹凸や陰影もクッキリと明確で、
このたい焼きの焼き型が新しく、
擦り減るまで使い込まれて無いという証でもある。

そんなおNEWのたい焼きを一齧り。
縁から身体の中央付近に至るまでの皮が、
バリバリと音を発てて砕ける。
薄い表面はたちまちにひび割れ行き、
その割れ目から餡がはみ出てくる。
挙句皮の内側の印象を感じる間もなく、
口内に侵入してくるアツアツの餡。
甘すぎない餡が引き立てるアズキの風味に、
バリバリと音を発てながら並走してくる皮の歯応え。
これはまさに王道一丁焼きたい焼きが体現してきた姿。

チェーン店といえど侮るなかれ。
此処まで本格派の一丁焼きたい焼きを提供してしまう技術。
昔ながらのたい焼きを今の時代に則して流通させる組織力。
そんな企業の姿勢に敬意を称しつつ、
このパリパリに焼き上がったたい焼きを、
あの小柄なおねえさんが成し得たという驚愕。
そんな事に思いを馳せて一人破願する地下の駅。
そんな自分に若干の気味悪さを覚えながらも、
ずぶ濡れの末に得たモノの大きさと暖かさに感謝する。

価   格○黒あん 150円
住   所○東京都品川区小山6-2-2
営業時間○11:00〜22:00
 
   
  

posted by EY at 21:33| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 品川区のたい焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月12日

築地銀だこ 中延店【中延@都営浅草線】

     
 
たい焼きを買いに中延に来た。

都営浅草線中延駅A3出口を出て右へ。
東急大井町線中延駅が見えたら左手を見ると、
もう「築地銀だこ 中延店」に着いている。

本格的に夏が来た。
台風が酷暑を連れてきた。
併せて北上する梅雨前線。
それはまさにたい焼き前線。

梅雨と共に多くのたい焼き達は、
夏季休業へと突入してゆく。
夏はたい焼きにとっての冬。
シーズンオフ。
ジッと息を潜めて酷暑が通り過ぎるのを待つだけ。

意気揚々と訪れたたい焼き屋の、
シャッターに貼られた告知を炎天下に茫然と眺める事は、
もはやこの季節のたい焼き愛好家の風物詩、
夏到来の便りと云って良い光景。

そんな満たされないままの野ざらしにされた、
乾いた心と身体を満たしてくれるのは、
有名チェーン店の提供するたい焼き達の他ならない。

そのオーソリティ「築地銀だこ」と言えば、
全国チェーンたこ焼きの雄。
だのにたい焼きも扱っている。
挙句にそれが“薄皮たい焼”ときている。

その一方系列にはたい焼き専門店「銀のあん」がある。
今流行のデニッシュ皮たい焼き発祥の店であり、
cafe風店舗展開で躍進中である。
しかし吉祥寺のcafe風店舗に、
デニッシュ皮たい焼きはあっても、
いわゆる普通のたい焼きは置いてなかった。
少しガッカリしたのを覚えている。

そんな今や日陰者の一般的普通たい焼きであるが、
どっこい生きてる「築地銀だこ」の中。
ニクイよこの“薄皮たい焼”!
と、頭の中でシャツに張り付いた平面たい焼きを想像して、
先ずはT字路対角から店舗を遠巻きに眺める。

柿渋を塗った様な板張りの外壁をT字路の接点に向け、
行き交う人々に広く知らしめている様な佇まい。
掲げた赤く細長い看板と赤い庇が思いの外モダンに映える。

その下に“薄皮たい焼”と記した暖簾を提げて、
店頭の多くを占める窓ガラスの向こうで行き交う、
数名の店員が陽炎に揺らめきユラユラと見える。
店先にはカラス窓に沿ってカウンターと、
数台の縁台が並べられ置かれている。

今も親子連れが腰かけて休息の合間、
たこ焼きが焼き上がるのを仲良く眺めている。
離れた場所から眺める会計口横の保温ケースには、
すでにたい焼きが数尾行儀よく並んでる。

在庫は少ない。
この酷暑じゃ致し方ない。
重要なのは数じゃない。
時間だ。

早速注文をしようと会計口に近づくき、
保温ケースのたい焼きの状態を確認する。
特にくたびれていたりヘタッたりした様子は無い。
一先ずは安心に胸を撫で下ろす。

すると背後に続々と数組の親子連れが並び始め、
何を注文するかで喧々諤々の大騒ぎが始まる。
大通りに近いとはいえ割と静かな街角に、
子供の甲高い声はよく響く。

極力注文が被らない様に取り仕切れば仕切る程、
声のトーンは高まって行き、
独りが戯れにたこ焼きを注文すると宣言するに至った時は、
この熱いのにたこ焼き頼むなんて〜www
と、いささか怪鳥音染みたジェットエンジンの様な声を発し、
ヤンヤヤンヤとはやし立て始める。

たい焼きください。
思いっきりタイミングを逸した声が辺りに響く。
その瞬間すべての視線がコチラに向くのが背中越しに伝わる。
そして笑いを噛み殺している声が漏れ聞こえるに至っては、
只々この猛暑を呪うばかりである。

そんな子供たちは皆一様にプールサイドでよく見かける、
バスタオルのポンチョの様なモノを纏っている。
そりゃプールの後ならたい焼きは食べんわな。
最後に行ったプールの記憶を呼び起こした頃には、
子供たちは既に別の話題で盛り上がっていた。

会計口では注文を受けたおにいさんが、
たい焼きを一つ一つ丁寧に白い紙に包み、
ビニールの手提げに入れて渡してくれた。
代金を支払い取り合えす東急大井町線出口の日陰に逃げ込む。

早速紙に包まれた一尾を取り出す。
外気以上の熱がたい焼きから発せられる。
意外に出来立てか?
確認した時刻は12時過ぎ。
夏場のたい焼きを焼き上げる優先順位は、
結構低い位置に在るのかも知れない。

そんな哀しい気分を押し殺して改めて眺めるたい焼きは、
表面の所々に蜜の様な飴色の光沢が張り付いている。
指に掛かる縁の綴じ代部分は皮膚に食い込む程に固く鋭利で、
それでいて力加減ひとつでポロポロと壊れてゆく脆さもある。

そんな相反する表情に感心しつつ一齧りすると、
表面はサクサクと割れて砕けて、
中面の生地もホロホロと零れ欠ける。
揚げ物のコロモが強力な結束力でたい焼きとして形成している、
そんな歯応えが斬新な皮に近いコロモといえる。

そのコロモに包まれた餡は低水分でホクホクしている。
一齧りする度にホロホロと口内に滑落して行く硬質の炊き上がり。
夏の日差しの下では小豆の成分が白の艶消しで淡く透けて、
小豆の皮の光沢だけがタイル貼りの壁の様にまばらに輝いている。
その上かなりのアッサリ味に仕上がっている。

甘さのレベルは異様に低い。
だから小豆の全ての要素がダイレクトに舌に伝わる。
小豆を食べてる事を五感で感じる事が体験できる、
純粋無垢な餡がココにある。

炎天下に紙に包まれたたい焼きの半身をホクホクと齧る。
その光景は肉屋の店先で揚げたてのコロッケを頬張るのと似ている。
コロモの様な皮とホクホクの低水分の餡の組み合わせは、
まさにポテトコロッケそのもので重ね重ね夏向きではない。

そんな事を想いつつ店先に目を移すと、
縁台に腰かけてかき氷を頬張る子供達が、
まるで巨大なてるてる坊主の集団の様に見える。

内心これ以上の日照りは勘弁願いたいが、
これから夏休みが始まる子供達は、
知らず知らずのうちに晴天を呼び込んでいるのであろう。

それは子供の本能といえる。
そして大人はそれを暖かく見守ればいい。
このたい焼きと同じ温度と甘さの様に。

価   格○あずき 150円
住   所○東京都品川区中延4-6-1
営業時間○11:00〜21:00
       無休  
 
   
  
posted by EY at 22:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 品川区のたい焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。