東京のたい焼き ほぼ百匹手帖

2015年10月18日

一口茶屋 高円寺店【高円寺@中央本線】

     
 
たい焼きを買いに高円寺に来た。

駅北口へ出て左へ進み高円寺北口信号を渡る。
高架に沿って進んだ先にある横断歩道が掛かる道は、
それぞれが商店街へと至る道である。
高架下に入ると高円寺ストリートがあり、
高架を潜った左手奥のアーケードは高円寺palが伸びて、
右手を進んだ少し先には高円寺純情商店街へと至る。
そして真っ直ぐ進めば高円寺中通り商店街へ通じ、
商店街入り口ゲートのすぐ先の、
高円寺ストリートとの交わり口の角に、
小ぢんまりとした間口の「一口茶屋 高円寺店」がある。

平成元年開業の店舗だが、
店構えはそれ以上の歴史を感じさせる佇まいで、
少し薄暗がりの高架下に静かに建っている。
柱や壁は確実に築26年以上は経過しているだろうし、
軒を連ね並ぶ近隣の店舗も同様に古びが表れている。
その古びの中に静かに息を潜めていた店舗も、
今や開店準備が着々と進みいよいよ店先に灯りが燈る。

その頃合いを見計らって店頭に向かうと、
思ったよりも狭い店内に2名の人影が、
僅かな空間を滞る事無くスムーズに行き来をしている。
少し御歳を召した感じのこのおふたりは御夫婦だろうか、
火を扱う現場で特に表立った意思の疎通も無く、
滑らかな移動を繰り返す熟練の姿に目が釘付けになる。
やがて店頭でボケッと突っ立っている客に気付いた女将さんに、
頭上に「一口茶屋」の看板を掲げた、
構造的に正面であろう窓ガラスを開けて対応して頂く。
物腰柔らかな女将さんは焼き上がりまでの時間を告げ、
その旨を了承すると柔和な笑顔のまま準備に入る。

正面の窓ガラスに対面した調理場には、
6連式の焼き型が3台とたこ焼き台が置かれている。
どうやらたい焼き担当は女将さんで、
たこ焼きはご店主が仕切っているようだ。
背後には金属棚と調理台に冷蔵庫があり、
その僅かな隙間を調理器具や材料を持ちながら、
事も無げに行き交っている。

たい焼きの焼き型に生地を落とす女将さんは、
最初は専用器具であるチャッキリを使っていた。
しかし別の焼き型には生地をオタマで掬って、
焼き型に擦り込むように薄く伸ばしている。
そして入れられる餡子もまた、
それぞれが異なる餡切りに入れられている。
その外見は確かに遠目から見ても、
餡子の艶やアズキの粒が残った仕上がりに違いがある。

成程あれが“プレミアムたい焼”というヤツか。
一味違った艶の餡子は“大納言”を使用した特別仕様で、
それを堪能するために皮は薄く焼き上げられる。
何とも手間の掛ったたい焼きである。
薄く延ばされた生地が程よく焼き上げられた、
その上にタップリの極上餡子を乗せ、
更にその上に薄く生地を掛けて焼かれる。
それを見て不意に広島のお好み焼きを想像したのは、
漂ってきた芳ばしいたこ焼きの香りが要因であろう。

次々にたい焼きが焼き上がるのを眺めている間も、
その芳ばしい香りが次々に来客を生む。
大量のたい焼きを注文して去って行く自転車のお兄さん。
買い物帰りのおばさんはたこ焼きを注文後、
店先の縁台に腰掛けてスマホを眺めている。
顔見知りと思しき男性もやって来た。
不意に小さな店の前に出来た人集りに行き交う人々も足を止める。
帰りに買って帰ろうと話し合うカップルに、
父親に何時ぞやたこ焼きを食べた事を語る幼児の姿もある。

その光景に包まれながらやがてたい焼きは焼き上がり、
袋に詰めて手渡してくれた女将さんとご店主は、
やはり少しの言葉も交わさないまま、
プログラム管理された様な滑らかな動きを発揮している。
これはお互いの信頼が築き上げた軌跡なのだろうと、
四半世紀を過ぎて今や商店街の顔となった光景を顧みて、
シミジミと感心しつつ店舗を後にする。

熟練の品を抱えて向かうのは北口駅前のロータリ。
中州にある広場でベンチに陣取って荷を解くと、
熱気と独特の甘い香りが顔を包み込む。
手に取った焼き立てのたい焼きは、
その熱気よりも先ず皮の柔らかさに驚く。
薄黄色を帯びた皮自体の感触はフカフカしているが、
指がたい焼き内部へ沈み込む速度が速い。
そして内部の餡子が柔らかく全体にクニャクニャしている。
きっとフリース生地でたい焼きを造れば、
こんな肌触りだろうと想像する。

齧り付いてみると皮の食感はモチモしている。
粉の風味が真っ先に伝わる位に素朴な味で、
甘味は少なく噛み締めると玉子の香りが優しく漂う。
フワフワの食べ心地で厚みもあり皮の中には気泡も沢山あり、
ここ最近はすっかりご無沙汰の懐かしい感触である。
それに加えて絡まって来る餡子もまた懐かしい食感である。
ネットリ滑らかなペースト状の餡子は、
中でアズキの粒が時々存在を主張して来る時以外は、
粗挽きの漉し餡といった感じで舌に乗っかって来る。
シッカリとした甘味が口内にペタリとくっ付いて、
何時までも漂いながら折々でアズキの風味を思い起こさせる。

高級感やプレミア感は無いが、
此れこそ庶民派たい焼きの真骨頂であり、
フワフワの皮とネットリした餡子を湛えた、
往年の量産型厚皮たい焼きそのものである。
昭和の世に広まったたい焼きブームを支えたのは、
この姿のたい焼きが多かっただろう。
だから時々無性に食べたくなり、
そして思いがけず出会った時に自然と笑顔が零れるのだ。

価   格○小倉 130円
住   所○東京都杉並区高円寺北3-1-17
営業時間○11:00-21:30
       水曜 定休
 
   
  

posted by EY at 21:42| 東京 ☀ | TrackBack(0) | 杉並区のたい焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月02日

三國商店【東高円寺@東京メトロ丸の内線】

     
 
たい焼きを買いに東高円寺に来た。

3番出口から出て左折の後直進して、
大久保通りと交わる東高円寺駅北交差点を渡り、
更に直進して辿り着いた折れ曲がった十字路をまたも直進。
それを道なりにひたすらまっすぐ進んだ果てに、
今回の目的地である「三國商店」はある。

その店は全く以て店舗然とした佇まいは無く、
何処までも普通の戸建住宅であり、
細い路地に突如現れる“たい焼”の文字と、
たい焼きのイラストが記された、
程よく色褪せた朱色の幟が無ければ、
素通りしてしまいそうな程、
建ち並ぶ住宅の中にひっそりと息を潜める様にある。

はためく幟に誘われた先はきっとガレージで、
今は清涼飲料水の自動販売機が一台と、
無数のプランターや鉢植えが置かれている。
奥に目を遣るとアルミサッシの窓と引戸があり、
窓には紙製の暖簾が掛けられ、
その下の方に小さく控え目に“OPEN”と表示されている。
そして窓の横には小さな掛け看板に、
白い文字で「たい焼 氷 三國商店」と記されている。
そして更にその看板の奥の壁に縦長の小窓があり、
その小窓に下にカウンターが設けられている。
一方の引戸の方には品書きとしての短冊型の張り紙と、
その横にはたい焼きの説明書きと氷の品書き、
あとは其処彼処に夢の国にいる鼠と、
その取り巻き達の姿が見受けられる。

さて窓に“OPEN”とあるからには営業中なのだろうが、
外から窺える店内というか室内は暗くひと気が無い。
灯りの類が一切ないというのはここ最近良く遭遇するが、
今回の「三國商店」はそれに加えて採光部分が少ないので、
殊更ながらに深く暗い印象がある。
更なるアプローチを試みるべく、
玄関前と思しきスペースへと踏み込んでいくと、
脇に設けられている小窓の方へ視線は引かれて行く。
小窓の前にあるカウンターの隅には紙が貼られていて、
そこにはこう表記されている。

お客様へ
ベルを鳴らしてね!!
(ピンポン) 店主

この手の注意書きとその上にある黒い箱はまさにデジャヴュ。
ならばと早速先週に引き続いて、
インターホンを押しての来店告知をする。
即座に奥からくぐもった感じの返事が返ってきて、
薄暗がりの室内から小窓を開けておじさんが顔を出す。

早速注文をお願いすると生憎の品薄状態で、
焼き上がりまでは少々時間が掛かるとの事。
此れもまたデジャヴュ。
望むところですと了承の後おじさんは、
窓際に3台設えられた6連式の焼き型の前に立つ。
焼き台に佇むおじさんは頻繁に室内奥に向かって、
何やら確認を取っている風な仕草を数回繰り返す。
やがて奥からおばさんが現れおじさんと言葉を交わした後、
おじさんと交代で焼き台の前に立つ。
そんな光景を薄暗がりの室内に眺めながら、
店先に置かれたバラエティ豊かな椅子に腰掛けながら待つ。

しばらくボケッと待っていると、
室内から何かを勢いよく撹拌する音が響き、
それが済むと少し経って小窓から、
生地の焼ける甘く芳ばしい香りが漂ってくる。
もしや今まさに生地を作っているのかとおもいつつ、
そうなれば此れは完全受注生産だなと、
感心しつつ再びボンヤリと辺りを見渡す。

そんな余りある時間の中に於いて、
ひとつ嫌でも無視する事の出来ない記述があり、
それが“谷中名物 たいやき”である。
まさか西日暮里の下辺りにある例の地域な訳も無く、
おばさん曰くこの目の前に通る細い路地は、
今は店も少なくなりほぼ住宅街と化しているが、
今でも高円寺谷中通り商店会という商店街であり、
その谷中という名称もこの通りの両端が坂になっていて、
谷の中にある地形から来ているとの事で、
その谷中の名物としてこのたい焼きがある訳である。

そう教えられるとこの目の前を走る細い路地が経て来た、
栄枯盛衰の歴史を偲んで万感の想いが胸を去来する。
そんな話を聞くと店の前は人通りが意外とあるのも納得だが、
自動販売機を利用しに来た鳶職のお兄さん以外は、
コチラを注視する人はいないのは納得いかない。
こんなにもいいニオイを漂わせているのに、
コチラを注目しないとは何事かと憤慨しつつ、
そんな折も耳には威勢の良い撹拌音が聞こえて来る。
その後の漂う芳ばしい香りに包まれながら、
暇に感けて店先の三脚ある椅子に各々腰掛けてみたり、
店先に蔓延る緑の大群に埋もれながら、
観葉植物と雑草の判別を繰り返す事数分。
ガサゴソと紙袋を用意し始めたおばさんの姿に誘われ、
勢いよく小窓の前に駆け寄ると、
おばさんが袋を差出したい焼きの完成を告げる。
早速代金を支払い長いを詫びた後に店を後にして、
少し先にある中央本線の高架脇のスペースに陣取り荷を解く。

熱気と共に立ち昇る甘い香りが鼻腔を満たす。
手に取ったたい焼きは柔らかくも表面には張りが在り、
焼き目もシッカリついた仕上がり。
早速一口齧ればクシッと音を発てた後に、
表面からはサクサクとした歯応えが伝わる。
その内に在る柔らかな生地はふんわりしながらも潤いがあり、
噛み締めればモチモチとした食感へと変わる。
その折に口内に漂ってくるのは芳ばしい香りとともに、
フワッと漂う甘味と粉の持つ独特の酸味が広がる。
この生地に漂う粉の酸味こそが、
いわゆる駄菓子系たい焼きの特徴といえる。

そんな駄菓子系たい焼きの餡といったら、
当然ネットリとした舌触りで濃厚な甘さを湛えた、
アズキの粒感は消失しているペースト状の餡である。
これもまた王道と呼べる取り合わせであり、
確かにアズキの風味もある事はあるが、
基本的には甘味こそわが命といえる餡である。
厚くフワフワの皮に絡みつく甘い餡。
生地からは粉の酸味が程よく漂う。
それを火傷を拵えながら食べ進み、
最後は尾びれの縁、
硬く焼き上がったカリカリとした部分の、
軽やかな歯応えを楽しんで食べ終える。

確かに高級でも高尚でもではないが、
コレこそ王道駄菓子系たい焼きであり、
子供達が3時のおやつに食べる間食であり、
それを3時に開店する「三國商店」が、
ひとつ110円という安価で提供するというのは、
何よりも健全で何処までも正しい姿である。

かつての商店街の名残を残す「三國商店」が、
自信をもって谷中名物と謳えるのは、
そういった健全な姿勢があるからであり、
このたい焼きが売られ続ける限り、
高円寺谷中通り商店会は生き続けるであろう。
そしてこういうたい焼きをこそ、
たい焼き原体験として、
子供達には食べてもらいたいと思う。

価   格○小倉たい焼 110円
住   所○東京都杉並区高円寺南5-30-19
営業時間○15:00〜
       月曜 定休
 
   
  

posted by EY at 23:53| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 杉並区のたい焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月14日

築地銀だこ 西友西荻窪店【西荻窪@中央本線】

     
 
たい焼きを買いに西荻窪に来た。

北口に出たら左手にある西友西荻窪店内へ入って行き、
左手を一日中食料品と日用品を取り扱うフロア、
右手を専門店や店舗ブースに別けている通路を進んだ先、
小売店が並ぶ中に「築地銀だこ 西友西荻窪店」がある。

コチラの西友西荻窪店は年中無休の24時間営業だが、
流石に「築地銀だこ」は朝10時からの営業開始のタイムシフトで、
現在午前9時50分の店内では2名の女性店員さんが、
店名が示す看板商品である“たこ焼き”の調理を始めていた。
と云う事で通路に面した会計口に乗っかる保温ケースにも、
白地に“薄皮たい焼”と記した暖簾を提げたガラス窓の向こうに並ぶ、
3台の6連式焼き型にもたい焼きの姿は無い。
会計口には商品告知の卓上POPが無造作に並び置かれ、
頭上の商品写真の看板には明かりが入っておらず、
赤い「築地銀だこ」の看板は薄暗い天井近くに沈み込んでいる。

開店までの10分を日用品フロアをブラブラしながら時間を潰す。
余りにも安いセラミック包丁の切れ味を推測しながら、
シャープナーが付属して無い事の意味を推し量り考え込んでいると、
薄らデカい輩が眉間にシワを寄せながら包丁を睨み付ける様が、
余りに物騒な事に気が付き急ぎその場を離れる頃に、
時刻は午前10時辺りに差し掛かる。

薄暗い店舗周りと雑多な会計口は相変わらずだが、
たい焼きの焼き型には生地が入れられている事が確認できたので、
取りあえず会計口に立って見る事にする。
するとコチラから声を掛ける間も無く、
弾かれた様にマスクを付けた女性店員さんが会計口にやって来た。

たこ焼きですか!

挨拶の時必ず健康状態を大声で尋ねて来る、
プロレスの偉い人を思い出し直ぐに店員さんには否定した後、
たい焼きですと答えるとソレを受けた店員さんはすかさず返答する。

3分掛かります!

尚も継続されるテンションで切り返す店員さんに、
問題ありませんのでお願いしますと答えた後に枚数を指定すると、
店員さんは素早く焼き台へ振り向いたと思ったら、
これまた素早くコチラへ向き直し眉間にシワを寄せ申し訳なそうに、

すみません!数が足りません!6分程掛かります!

全く落ちる事の無いテンションで詫びて来る姿は最早微笑ましく、
全く問題ありませんので宜しくお願いしますと伝えると、
コチラに礼を述べた後に焼き台に向かっていた、
もう一人の店員さんに指示を出した後、
本人は素早い動作でたこ焼きの調理に取り掛かった。

替わって現われた女性店員さんは、
打って変わって程々にのんびりしたテンポで対応。
先に会計を済ませて再度焼き台に向かうその向こうから、
マスクの店員さんが細かく指示を出すと、
ソレを数回心で咀嚼した様なテンポで対応する店員さん。

ココ「築地銀だこ 西友西荻窪店」に今発ち込める、
この2人が醸し出し取り巻いてゆく空気に漂う雰囲気は、
見事に本邦の誇る“萌え”という文化を完璧に具現化している。
2人が睦み出す立ち位置、両者の風貌、そして互いの異なるテンポ、
そのありとあらゆる全てがコレ即ち日本文化に脈々と受け継がれる、
王道シチュエーション“先輩と後輩”という様式美を形成している。

キビキビとした動きと無駄の無い指示の後、
目を配りながらもついつい手を貸してしまう面倒見の良さと、
ゆったしとしたテンポと少々ぎこち無い挙動でありながらも、
辛抱強く取り組む健気で次第に成長していくという、
究極の“萌え”ベストマッチング。

コレこそ平安時代から続く日本萌え文化の基本にして王道であり、
全ての“萌え”の原点にして不動の理念といえる古典中の古典、
いわゆる“出来た先輩と頑張り屋の後輩”という設定の見本である。

何て事をマスクの店員さんに勧められた店舗横の縁台に腰を掛け、
ガラス窓から垣間見えるたい焼きを焼き上がる様をぼんやり眺め、
止め処無く考えている内にたい焼きは全て焼き上がっていった。
そしてたい焼きの包みが開封されたままである事の説明後、
手提げの袋に入れる際に傍らから指示を出すマスクの店員さんは、
やはりつい手を貸してしまう鉄壁のシチュエーションが再演される。
ソレを間近で堪能して良い物が観れた事の満足感に浸り、
店舗ブースすぐ脇の出入り口から外に出る。

出た先の小道は行き着く先に鳥居があって、
何事かと辺りを見回すとお稲荷様が御座す祠が一宇。
その脇で早速封を開けるとボワンと湯気が発ち込める冬の朝方で、
挙句に日陰の路地裏に佇み早速一尾取り出せば、
冷たい指先にジンジンと熱をぶつけて来て、
身体全体から闘気の如き湯気を纏ってコチラと対峙する。

そんなアツアツを早速一齧り。
噛り付いた先からバリバリと崩壊して行く皮は見事なまでの極薄で、
サクサクと容易く砕けて行き余韻すら残さない。
唯一尾びれ部分は厚めでカリカリとした表面の下に出来上がった、
蒸気をタップリ含んで形成された気泡が作り上げたふっくらした、
粉の風味がほんのり感じる少々セピア色の生地の食感が生きる。
それ以外の箇所は余りの薄さに鱗に沿って割れ始め、
ソコから餡が押し出される事となる。
その様子はまさに皮と云うより鱗其の物であり、
図らずもある種のスーパーリアリズムを成し得た形となる。
あの店員さん実は秘めた才能を持った天才なのかと、
これまた王道の設定を勝手に思い描いて見たりする。

その鱗から次々と顔を覗かせる粒餡は、
頭から尾びれに至るほぼ全域で容易にその存在が確認出来て、
たい焼きの身体のほぼ隅々に行き渡りギッシリ詰まっている。
妄想の狭間に見た工程に於いて小さな角材の様な粒餡の塊に、
生地を薄く丁寧に掛けて行く様を思い出し、
あの塊が鯛の形になるのだからそりゃ全身に餡が詰まる事にも納得。
水気少なく甘さが際立つが後味はスキッとしていて、
硬めの炊き上がりで油断しているとニュルリとした柔軟性も見せる、
じんわりと口の中を甘さで満たしていくその様も相まって、
至って正統派の粒餡である。

コチラの系列が提供するたい焼きは本来「銀のあん」の管轄だが、
ココ最近は今巷を席巻している“クロワッサンたい焼き”で大わらわで、
一部の店舗を除きカフェ展開で対応し始めるに至り、
その結果として普通のたい焼きが購入できない状況が蔓延して、
コチラの様に“銀だこ”の片隅を間借りして、
ひっそり売られる現状を目の当たりにする度に、
憤懣遣る方無い思いで一杯になる今日この頃。
しかしまぁ今日の所は良いモノが見られたので、
一先ず鎮まる日曜日であった。


価   格○あずき 150円
住   所○東京都杉並区西荻南3-25-27
営業時間○10:00〜21:30
 
   
  

posted by EY at 21:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 杉並区のたい焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。