東京のたい焼き ほぼ百匹手帖

2015年06月27日

鳴門鯛焼本舗 末広町店【末広町@東京メトロ銀座線】

     
 
たい焼きを買いに末広町に来た。

駅の真上は外神田五丁目交差点。
中央通りと蔵前橋通りが交わる其の場所から、
御茶ノ水方面へ向かうと妻恋坂交差点があり、
その角にあるのが「鳴門鯛焼本舗 末広町店」である。

各種愛好家が集う世界的繁華街から、
幾分離れた場所ではあっても駅界隈には煌びやかな看板を掲げ、
マニア心擽る専門店が数多立ち並び、
今は其の店先にアジア系外国人観光客が屯している。
そんな各種専門店舗が軒を連ねる間に飲食店が入り込み、
着々と開店準備を始める午前10時過ぎ。

交差点の角地にお馴染みの巨大な看板を掲げ、
歩道に突き出した瓦屋根の軒に大きなガラス窓を設え、
其処に紺色の暖簾を掲げた「鳴門鯛焼本舗 末広町店」は、
すっかり開店準備を終え様子で商いを始めている。

今の時間は店内に店員さんは一人。
道に面した焼き台に向かい焼き型を見つめている。
当然開店間際なので其の焼き場の上に設えられた、
保温用網棚に寝そべるたい焼きの姿は見当たらない。
早速店頭の左手に設けられた会計口に行き、
たい焼きの状況確認と注文をお願いしようとすると、
やって来た店員さんは柔和な笑顔を湛えた妙齢のご婦人で、
纏った白い作業着から来る印象も相まって、
其の佇まいは当に“姐さん”という雰囲気を醸し出す。
そして其の物腰柔らかな対応を受け、
焼き上がりまで数分の時間が必要という旨を了承後、
代金を支払い完成までの間を店内でどうぞと促される。

今の今まで気付かなかったが店頭の右脇に扉があり、
其処を引き開けると中にはカウンターや椅子が設けられた、
所謂イートインスペースがこぢんまりと設けられていた。
其処からは店内の様子が一望出来て、
店員さんが焼き台で一丁焼きの焼き型を振る様子が、
焼き台の熱気込で間近で眺められるという、
一部の愛好家に取っては堪らない特等席となっているという、
マニアの街に相応しい心配りが成された造りとなっていた。
しかも其れを小柄な体躯の妙齢の御婦人が取り扱うという特典付き。

とはいえ一丁焼きの焼き型は2s超の鉄塊である。
取り回すにしても相当な体力が必要であろう事は想像に難くない。
大の男でも一苦労の此の肉体的に過酷な作業を、
目の前の小柄な女性が取り回せる物のだろうかと、
そんな大きなお世話を焼いている客を尻目に店員さんは、
天井からダクトが幾つも伸びるサイバーニュウニュウな店内で、
焼き台の下から次々に焼き型を引っ張りだし、
青い炎が葉蘭の如く連なった焼き台に並べ始め、
其処に次々と生地を流し込みその上に餡を置いていく。

其の余りにも手慣れた流れる様な作業光景を眺め、
期待していたのとは若干違う光景ではあるが、
此れは此れでまた一味違ったマニア心を擽るモノがあるなと、
その凛々しい後ろ姿越しに作業をボケっと眺める。

焼き台から立ち昇る熱気は陽炎を生み景色を不規則に歪める。
面した歩道を通る人気は曇天の空模様もあってそう多くない。
とはいえそんな最中にも当然来客はあるもので、
最初に訪れたOL風のお姉さんはたい焼きを買い求めるも、
焼き上がりまで数分の猶予が必要な事を受け断念し、
再度の来店を約束して去っていく。

そして接客を終えた店員さんは再び焼き型と対峙して、
ガチャガチャと取り回す合間に、
幾度と無く焼き型を開いては中を確認。
そんな細心の注意を払いつつたい焼きを焼き上げていきつつ、
更に焼き台下から焼き型を取り出し焼き台に並べていく。

そんなどんどん増え続ける焼き型を、
羨望の眼差しで眺めている最中のも当然来客はあるもので、
今回はポロシャツ姿の紳士がやって来て注文したのは、
もう一つに看板商品“あいすモナカ(あずき入り)”。
其れを瞬く間に作り上げ紳士に渡した店員さんは、
此方を気遣いつつ焼き型を具に監視。
やがて御眼鏡に適ったたい焼きは次々と焼き型を離脱し、
素早く網棚の保温所へと一同に会される。
そして一定数の水揚げが確保出来た時点で梱包され、
終始イートインスペースに突っ立っていた客に手渡され、
店員さんに長居を詫びつつ重ねて礼を述べ店舗を後にする。

裏路地に入りビルの軒を借りて荷を解いて、
早速出来たてで猛り狂う様な熱を放出するたい焼きを手に取る。
表面のカサカサと乾いた手触りの中に、
其処彼処でザラザラという粒子感が、
指とたい焼きの間に伝わってくる。
その御蔭かどうか発する熱気の割に、
直に触れた熱感は穏やかで扱いやすいたい焼きは、
世間一般で認知されている所謂“一丁焼き”より、
全体的に柔らかな丸みを帯びていて、
特に縁部分にかけてのこんもりとした立体感は、
一丁焼きでありながら極めて連式の其れを彷彿とさせる。
そこら辺は一丁焼きでありながら全国チェーンという、
此の「鳴門鯛焼本舗」に秘められたナニかであろう。

そんな事を考えながら齧り付いたたい焼きの皮は、
サクサクと音を発する歯応えの表皮の焼き上がりと、
其れを支えるような内側の生地が作り出す、
モチモチとした食感の2層構造が形成されている。
其れは薄皮というには強かに厚く、
厚皮と呼ぶには余りにも薄すぎるという、
いわば程々の皮としか言い様が無い感じで仕上がっている。
其の程々の皮は芳しい香りを放ちながらサクサクと、
軽快な音を奏でつつ内包された高熱原体を確実に保持している。

そして其の皮に開いた隙間から、
まるで湧き出るように放出される熱気が口内を炙り、
噛み千切る圧力に合わせて上昇して零れ出てきた餡は、
ネットリとしてトロトロの状態で口内を侵食していく。
そしてキッチリと口内を焼いていくネットリとした食感は、
その実シットリと滑らかな舌触りで、
其の中に時折顔を覗かせるアズキの皮の食感と共に、
濃厚なアズキの風味を十分に内包した炊きあがりである。
その上に甘味と共に抑え気味の水気が熱気を保持し続け、
故に熱量の持続力が長い餡を実現させる事で、
何時迄もアツアツの餡を口内へ送り込んでくるという、
実に有難くも厄介な仕上がりとなっている。

とはいえ其れが焼きたての特権である。
おまけに苦心惨憺の末に食べ進めた先に待っていたのは、
尾びれの先にタップリと詰まった餡が皮と共に焼き固められて、
すっかり水気が飛び口の中でモロモロと崩れる様な食感を備えた、
一味違った焼き和菓子を体験出来るという特典付である。


価   格○黒あん 150円
住   所○東京都千代田区外神田6-3-6
営業時間○10:00〜22:00
       年中無休
 
   
  

posted by EY at 21:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 千代田区のたい焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月31日

鳴門鯛焼本舗 神田西口店【神田@山手線】

     
 
たい焼きを買いに神田に来た。

高架下の薄暗い西口出口から右手に出ると、
目の前に外堀通りまで続く神田駅西口商店街の門が出迎ええる。
門をくぐり道なりに進んで佐竹稲荷が見えてくる位に、
目指す「鳴門鯛焼本舗 神田西口店」がある。

突然やって来た真夏の太陽に翻弄された午前を乗り切り、
巡り巡って辿り着いた神田の地。
駅から一本道の道は迷うことなく客を誘う。
これで迷うのは豪雪の時位である。

強烈な日差しの中に白くおぼろげに浮かぶ商店街に人影は疎ら。
あまりに寂しい昼時の細い路地に面した店舗は黒々して見える。
その印象を一手に引き受けた感のある黒い大きな看板が、
凄まじい存在感で頭上に横たわる様に掲げられている。
その下から迫り出す瓦の軒にの奥に濃紺の暖簾を提げて、
薄暗い店内が伺える大きく開かれた窓口を路地に晒し佇んでいる。

静かだ。
昼時だというのにあまりにも静かだ。
そして店の周りを上回る静寂が店内に漂う。
鯛の姿が白く浮き出た行燈を設えた店の中には人の姿は無く、
店頭のショーケースにいる数尾のたい焼きだけが、
日差しの照り返す路地を眺めて並んでいる。
店先の品書きにはたい焼きの他にわらび餅と、
この先の季節に主要戦力となるアイスもなかを告知している。
今年もまた、たい焼き好き苦難の季節が到来する。

カウンターから伺った店内奥の焼き場からは、
たい焼きの焼ける芳ばしい香りは当然無く、
自慢の一丁焼きの焼き型も鳴りを潜めている。
時刻とこの気温である。
活発な活動は期待は出来ないとは思ってはいたが、
都内有数の繁華街である神田でこれ程静かとは思わなんだ。
なんだ神田で。

取り合えすは店内に一声かける。
間も無く中から店員さんが現れる。
早速に注文をする。
先ずはテキパキと慣れた手つきで箱を組み立て始め、
餡の種類、値段、温め直し方、と流れるように対応して、
外を眺め待ちくたびれた感を纏ったたい焼き達を、
次々に取出し箱に並べてゆく。

その作業を眺めていると不意に商店街を歓声が響く。
部屋の中か若しくは遠くの何処で叫んでいる来る感じで、
いささかくぐもった感じではあるが、
大勢の男達が神輿を担ぐ際に発する威勢の良い声に似た声が、
一定の間隔で何度も繰り返し湧き上がる。

辺りを伺っても特に何かの祭事を執り行っている感も無い。
とは言えそこは神田。
祭の予行練習でもやっているのかと一人勝手に納得して、
再び店内を伺うと目の前で既に店員さんが、
微笑みと供に紙袋を掲げて立っていた。
慌てて会計を済ませて荷を受け取り礼を述べて店を離れる。

歩み出た先の稲荷神社がある四つ辻に来て周囲を見回すと、
巨大なビルの敷地内に鬱蒼と茂る樹木が造り出した緑地が見えた。
その脇の細い裏路地に面した敷地内の、
緑に囲まれた日陰のタイル敷きスペースに陣取り一休み。
早速に一尾たい焼きを手に取り眺めてみる。

ここ「鳴門鯛焼本舗」の売りと云えば“一丁焼き”。
全国展開のたい焼き店でありながら、
あくまでも伝統的製法にこだわるその姿勢と理念は、
世の一丁焼き好きに光明を与えていると思える大阪発“西の雄”。

その“一丁焼き”で焼き上げられたこだわりのたい焼きは、
都内に君臨する老舗たい焼き店が作り出す、
木工細工の様な白い繊細さと異なり、
御影石から削り出された石工の彫像を思わせる堅牢さを感じさせ、
表面を覆う焼き目とその端々にある焦げ目に浮いた光沢が、
より一層に重厚さを引き立てている。

そんな最中で手に持って感じた想像以上のアツアツさ加減が、
全く諦めていた心を歓喜に変えてゆく。
温め直しの紙を渡された時の割り切ったつもりで、
やっぱりかというある種の喪失感で沈んでいった気持ちが、
急速ブロウでたちまちのうちにアッサリ浮上していく。
自然に零れる笑顔を押し隠して急いで一口齧る。

若干油分高めの皮がバリッと割れて焼き目の皮が砕けてゆく。
その後に下部に隠れた反発係数が高めの生地が、
強固な弾力で歯応えとなり幾度も口内で弾む。

次いでグニグニと奥歯に抗う皮の隙間を縫って餡が主張を始める。
しっかりと甘くドッシリとした重量感で隙間なくおしこめられた餡は、
水分少な目で小豆の風味を発散して噛み締めた皮に圧着される。
甘さの割にアッサリとした後味でクドさを感じさせないのは好印象。

黙々と食べ進めて行く先のアツアツたい焼きの薄皮は、
やがて餡の糖分が染み出しキャラメリゼした様に光沢と硬化を発揮。
尾びれの先でパリパリと割れて奥歯の上をカリカリと砕けてる。
そしてそこには徹頭徹尾という言葉が相応しい位に、
最後の最後まで餡が詰まっている。

期待値を大幅に上回るたい焼きは、
暑さでひしゃげた心に十分に熱気を注入してくれた。
甦った気力を活力にして帰路に就く為、
再び神田駅西口商店街に出て駅へ引き返す。
先程の静けさと打って変わって、
にぎやかになった「鳴門鯛焼本舗 神田西口店」の前には、
数名の客が店内を注視しながら並んでいた。

先程までショーケースに居たたい焼きは店頭から姿を消し、
店員さんは忙しそうに店の奥で一丁焼きの焼き型を振るっている。
店の会計口横のカウンターにはたい焼きの箱が並べられ、
先頭の老夫婦はたい焼きの餡の組み合わせの最終確認で忙しく、
その後ろで順番待ちのカップルはアイスもなかで決定の様だ。

人の行き来が増えて来た商店街の時間が動き出す。
暗闇の洞窟の様な駅の出入り口からも次々と人々が躍り出てくる。
そして先程まで商店街にこだましていた謎の歓声は、
買い物客の声にかき消されたのか聞こえなくなっていた。

価   格○黒あん 150円
住   所○東京都千代田区内神田3-8-6
営業時間○10:00〜22:00
       年中無休    
 
   
  
posted by EY at 23:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 千代田区のたい焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月18日

鯛プチ 有楽町駅店【有楽町@山手線】

たい焼きを買いに有楽町に来た。

中央口改札を出て直ぐにある「鯛プチ 有楽町駅店」。
さすが「鯛プチ」なだけに、ここのたい焼きも小さい。
そしてコチラは全てが鯛型である。

場所は幾分澱んだ高架下にあっても、
際立ってのどかでファンシーに空間を切り取った店頭と、
ケースに並ぶ様々な餡を抱いた小さなたい焼き達は、
取り敢えず視線を奪う程の訴求力を持つ。

差し入れ欲を唆る、その大きさと立地が有利に運ぶ。

購入層も様々で、老人から若い夫婦、
果てはサラリーマン風の男性までに至る。

当然、注文内容も千差万別。
そのオーダーをキレの良い動きで捌き、
テンポよく梱包する店員さんの動きは熟練の域。

購入した小さなたい焼き。
若干丸みが帯びた胴体が、ちょっと見ランチュウの様ではある。
しかし面構えは鯛。
最早、無意識下に刷り込まれているたい焼きの顔。
そのやたら小さい版。

早々に一匹、口に放り込む。
コチラは予想通りのふんわりした皮。
香りも粉の風味が感じられ和菓子寄り。
ふかふかの皮を噛み締めると、
中の餡が香ってくる。
結構しっかり入っているのが感心する。

これまた気を抜いていると、一気に完食してしまう。
この程よい大きさが魔物なのであろう。
たま〜に食べたくなる餡と大きさのマジック。
まさにスナック感覚のたい焼き。
また近所のデパ地下とか催し物会場に、
驚愕のフレーバーの餡と共に、
頻繁に姿を表す日が来ることを期待する。

価   格○十勝あんこ 16匹525円
住   所○東京都千代田区有楽町 2-9-1 JR有楽町駅
営業時間○10:00〜21:00


posted by EY at 22:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 千代田区のたい焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。