東京のたい焼き ほぼ百匹手帖

2016年03月27日

たいやきや【氷川台@東京メトロ有楽町線】

     
 
たい焼きを買いに氷川台に来た。

2番出口から出て都道441号線にそって右へ進み、
石神井川にかかる正久保橋を渡る。
桜商友会の道を真っ直ぐ進み信号の十字路を越えたら、
やがて右手には農協の建物が見えてくる。
その道を挟んだ反対側にある左折路の角に、
たい焼きを焼いている店舗が営業している。

T字路角に設けられた柿色の店舗正面には、
壁の中央にアルミサッシのガラス引き戸がある。
その頭上に設けられた舛花色のテントに、
店名や電話番号などの記載は無い。
とは言え壁に貼られたパネルに記された、
“たいやきや”の赤い文字を見れば、
この店舗がたい焼き屋なのは判るので問題無いだろう。

アルミサッシのガラスには“京おぐら”と“うふクリーム”、
それと“気まぐれたいやき”の品ぞろえがある事や、
更にはドリンク類の販売もされているのが判る。
その前に置かれた椅子にはパネルが置かれ、
アニメキャラが懇切丁寧な解説をしている。
加えて扉を挟んだ反対側の壁に貼られたパネルにも、
持ち帰り専門店である事と営業日時が記され、
その横には“営業中”のプレートもある。

開かれたアルミの引き戸からスルリと入った店内は、
白い壁に大理石調の腰壁がグルリと囲む。
垂直に仕切れた販売スペースには丸椅子が置かれ、
正面にはカウンター付きの会計口が設けられている。
会計口横には三段棚の保温ケースがあり、
銀のトレーに置かれたスタンドには数匹のたい焼きが並ぶ。
少しして窓口にやって来た店員さんは、
赤い帽子と白い上着のパティシエ風の装いである。
先ずは注文を済ませて商品が揃う間に店内をグルリと見渡す。

壁の上部には額装された商売繁盛の象徴、
お馴染み仙台太郎さんが腕を組んで微笑んでいる。
その下では腰壁の大理石の上には黒猫が行列を作り、
猫の頭の上に空いた窓の先には6連式の焼き型が3台並ぶ。
焼き型に置かれた木の板には焼き上がったたい焼きが乗せられ、
保温ケースに並ぶ時をジッと待っている。
一方端で閉じられた焼き型からは仄かに湯気が上がり、
やがて完成を告げるアラーム音が店内に響き渡る。
その奥には広く取られた調理場があり、
アラーム音に呼ばれた店員さんが焼き型を開け放つ。

気が付けば背後には列が出来始め賑やかになり始める。
後ろの親子は“気まぐれたいやき”がお目当てとの事で、
不意に店員さんに“気まぐれたいやき”について尋ねると、
本日は“たこ焼きたい焼き”になっているとのご返答を頂く。
改めて注視した壁には再加熱の方法や営業日時を始め、
アニメキャラが解説する手書きの商品説明が貼られている。
そこに記された“気まぐれたいやき”の気まぐれを司るのは、
こしあんやチョコレートといった甘味から、
キーマカレーやベーコンといった食事系に至るまで多種多様である。
そうして眺めた張り紙の右下にある住所に併せて記された、
「たいやきや」との黒い文字に目が留まる。

それはどう見ても判子である。
そしてその光景を注視して漸く理解する。
店頭に貼られたパネルの「たいやきや」の表記は、
所謂“業種”の説明では無くこの店舗の“屋号”其の物のようだ。
つまりこの店の名前はズバリ「たいやきや」という事なのである。
此れは目から鱗のネーミングセンスである。
今の所は氷川台でたい焼き屋といえばコチラだけであり、
一番乗りが名乗れる特権がある実に判り易い店名である。
此れは当に早い者勝ちであり発想の勝利ではないか。

そんな事を感心しているとカウンターは次々紙袋が並び、
そして最後の一匹を詰め終えた店員さんから声を掛けられる。
代金の支払いを済ませ袋を受け取ってから礼を述べ、
掛け込む様に入店する子供と入れ替えで店を出る。

桜台三丁目交差点を渡り農協の園芸センターに向かい、
敷地の隅に置かれたベンチに陣取って荷を解く。
手に取ろうと触れたたい焼きの表面は、
直ぐにカリカリの感触を伝えて来る。
指先どころか爪先から既に乾いた硬い質感が判る。
その手に絡まる様に立ち昇って来るほんのり甘く、
芳ばしさが満載の香りが顔を優しく撫でる。
改めて指先でたい焼きを確保するが、
皮は少しも窪む事無くシッカリとたい焼きを保持している。
試しにたい焼きの周囲に所々出来ているバリを摘まむが、
折れるどころかビクともしない硬さを発揮している。
なので無理矢理折ってみるが、
バキッとたい焼きの皮では在り得ない音を発てるのだ。

先ずはその折れたバリを口に放り込む。
奥歯で砕くとゴリゴリ硬質な音を奏で強固な歯応えを生む。
焼き固められて芳ばしさが高まった生地の香りは、
口内で増幅され鼻腔を抜けてやがて外気と交わり消えて行く。
勢いに乗って頭から噛り付くと、
たい焼きの全身からはガリガリと硬い物同士が擦れ合う音が響く。
たい焼きの皮から剥離した細かい粉が舞い、
中空でキラキラ輝いた後に胸元へ降り積もる。
そのまま力を込めてザクッ皮を突破した後に、
口内へゴロリと転がり込んだ奴を一斉に噛み砕く。

サクサクと軽快な歯応えで芳ばしさを放つ表面と、
柔らかくモチモチした食感を発揮する内側の生地が入り混じる。
ほんのり漂う甘味と焼き上げられた豊潤な粉の風味を湛え、
圧倒的な歯応えと存分な食べ応えを発揮する皮は、
其れ自体で既に立派な焼き菓子といえる出来栄えである。

其処に以て“京おぐら”と称された抑えた甘味の餡子が絡む。
水気が豊富で滑らかな舌触りに仕上がった粒餡は、
アズキの粒立ちも良く風味も強い。
特にアズキの粒は姿を保ったままで餡子の中を揺蕩い、
其れが潰れる度に優しいアズキの風味が発散される。
当然後味もしつこく残る様な事は無くサッパリと潔い。

硬い皮をガリガリ砕いた後に優しい餡子が絡まる。
其れを何度も繰り返してたい焼き最硬部の尻尾まで到達し、
仕上げとばかりに勢い良く豪快に噛み砕くと周囲の人が振り返る。
続けふっくらと恰幅の良いたい焼きを手に取り、
再び頭から豪快に音を発てて噛り付く。
視線の先には人集りが出来始めた「たいやきや」がある。
氷川台の農協前という人が集まる格好の立地にあるし、
地域密着型の店舗となれば屋号はコレだけで事足りる。
近所の子供達が向かう地域に唯一のたい焼き屋の、
名前がズバリ「たいやきや」という無駄の無さ。
いやホント実に判り易い良い名前である。


価   格○京おぐら 130円
住   所○東京都練馬区桜台3-14-13-1F
営業時間○土日祝 11:00〜17:00
       水木金 13:00〜17:00
       月・火曜(祝日を除く) 定休
 
   
  

posted by EY at 23:57| 東京 ☁ | TrackBack(0) | 練馬区のたい焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月29日

薄皮たい焼き たい夢 練馬駅前店【練馬@西武池袋線】

     
 
たい焼きを買いに練馬に来た。

北口方面から出ると駅前にはロータリ―が広がっている。
左手には2014年に出来た複合施設のビルが建ち、
駅ビルとの間に細い裏道を作り出す。
その小路を進むと千川通りへ合流する道が、
高架の下を通り貫いている。
信号の無い横断歩道を注意深く進み、
駐輪場の右手にある線路沿いの道に入った直ぐに、
薄皮たい焼き「薄皮たい焼き たい夢 練馬駅前店」が営業している。

駅前高層ビルと西武池袋線の高架に阻まれた店舗には、
朝方は日光が射しこむ事は無い。
しかし駅前ビルの1階に開かれた店先には、
お馴染み「薄皮たい焼き たい夢」の小豆色の看板と庇が、
日陰で青味を帯びた景色の中で鮮やかに映える。
軒下に連なる店舗全面に広がる窓ガラスと、
その下の腰壁には品書きや告知が沢山張られている。

店内には現在店員さんが1人で切り盛りしている。
店頭に立つ小さなソフトクリームと並んで、
向かって右端にある暖簾の下にある会計口に立つ。
ふと窓に貼られた“おしながき”に隠れた保温ケースを見る。
今現在ケース内にたい焼きの姿は無いが、
店舗奥の調理台に置かれた笊に数匹のたい焼きが寝そべっている。
会計口にやって来た店員さんに注文をお願いすると、
焼き台を見て焼き上がりの時間を告げられる。
釣られて見る焼き台の上には閉じられた姿の焼き型から、
垂れ零れた生地が砂色に焼き上がっているのが見える。
了承して代金を支払ったら後は待つだけと、
全ての焼き型が見渡せる店舗左端へ移動する。

巨大な構想建造物に阻まれた高架脇の道は、
さすが駅そばと言う事もあって車の行き来はあるが、
昼前の休日にしては歩行者の人通りは疎らである。
それに加えて道幅が広いので店舗前をウロチョロしても、
通行人の邪魔に生り辛い周辺環境に託けて具に観察する。
店舗前の店内に6連式の焼き型が5台あり、
今は全ての焼き型に熱が入れられている状態である。
焼き上がったたい焼きは一旦笊にあけられ、
綺麗に周囲のバリを化粧裁ちされた後にケースに並べられる。
その中には焼き上がった後に表面へ真白な粉糖をふるうわれ、
化粧を施されるという手間の掛かるたい焼きまである。
今流行りのデニッシュ生地系のたい焼きは、
此処「薄皮たい焼き たい夢」では独自開発したパイ生地を使い、
その名も“Pie Yaki 〜パイ焼き〜”と称され販売している。

店先でたい焼きが焼き上がるのを眺める客の姿に加えて、
やがて歩道には芳ばしい香りが広がり始める。
店の前を通り過ぎる人々の視線も次第に集まり始め、
視線を誘導した後は進行方向を転換させる。
会計口に集まったら数多の品書きを眺めて相談を始め、
今の気分と相手の選択との兼ね合いで餡を決定する。
その間傍で見ていた客は只管“小倉あん”と念じていたが、
思い思いのたい焼きを購入して笑顔を湛え再び歩みを始める。

やがて接客を終えた店員さんが焼き台へ赴き、
暫く閉じられたままだった焼き型を一気に開く。
焼き上がったたい焼きは流れ出た生地もそのままに、
思い思いのバリに囲まれたまま6匹仲良く並んでいる。
それを寝坊した子供達を叩き起こす様に、
結構荒っぽい所作で店員さんは切り離していく。
わらわらと焼き側の上で独立するたい焼き達の姿は、
何故か漁船水揚げされた鯛の様に落ち着きが無く見えて来る。
一方で店員さんが駆使するその手捌きに、
此処までに培ってきた職人的な流麗さと、
母親が愛しい我が子達に向けた深い愛情を見る。

焼き上がったたい焼き達を袋へ詰めて、
一通り注意事項を窺った後に服を受け取る。
礼を述べた後に店を離れて、
立ち昇る熱気を拳に受けつつ巨大建造物を迂回する。

向かった先は練馬区立練馬文化センター。
蚤の市で賑わう前庭の先にある練馬駅に直結した、
ペデストリアンデッキに向かう階段横の植え込みに陣取る。
既に漏れ出ている熱気を掻き分けて、
焼き立ての皮が高熱を放射し続けるたい焼きを手に取る。
スッキリとした姿をした少し小振りなたい焼きは、
身体の中心に一本の縦縞がぼんやり浮かんでいる。
そんな熱帯の海に泳いでいそうな姿のたい焼きに噛り付く。

胴体中央部分の皮は薄く焼き上がり、
透明感があってサクサクと音を発てて砕ける。
中心部から背鰭や腹鰭方向へ進むと皮は厚みを増し、
中の生地は青味を帯びた白色部分が覆い始める。
やはり透明感がある生地はモチモチしていて気泡も多く、
宛らイングリッシュマフィンを彷彿させる食感である。
やがて閉じ口辺りで焼き固められた生地が苦みを帯びて、
比較的サッパリとした風味の皮にアクセントを加える。

中の餡子は水気が少ないが肌理が細かく、
モッタリと重い食べ口で口内へドカッと押し入ってくる。
滑らかに舌で伸びて行く途中では、
アズキの皮がツルツルと滑り落ちて行く感触が現れる。
サッパリした甘味は口内に一気に広がり、
隅々に染み渡る頃にはアズキの風味が鼻腔へと抜け始める。

澄み渡る青空の下で食べる縞模様のたい焼きは、
紺碧の海を泳ぐ黄金色の熱帯魚の様である。
確かに紙袋の中だけは熱い空気が満ち溢れていて、
たい焼き達もさぞや居心地が良かろう。
だがその極楽の地もやがては寒く冷え切って行く。
其の前に平均気温36度5分の常夏の地へ誘う為に、
急いで黄金色の2匹目を手に取るのだった。

価   格○小倉あん 140円
住   所○東京都練馬区練馬1-12-11 キョーリンビル1階
営業時間○11:00〜22:00
 
   
  

posted by EY at 22:06| 東京 ☀ | TrackBack(0) | 練馬区のたい焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月27日

Shinkine Sweets 大泉学園ゆめりあフェンテ店【大泉学園@西武池袋線】

     
 
たい焼きを買いに大泉学園に来た。

改札を出て南口。
左側通行の指示に従ってペデストリアンデッキを、
ぐるりと行けば前方にはガラス張りの建物ゆめりあフェンテ。
その2階のFOOD STREETでたい焼きを売っているのが、
「Shinkine Sweets 大泉学園ゆめりあフェンテ店」である。

時刻は午前10時前。
FOOD STREETに直結したメインエントランス前で
10時の開店までの僅かな時間を、
同様に何かを求めてやって来たおばちゃん達と待つ。

開店準備に追われるFOOD STREET内の店舗を、
ガラス扉越しに窺えば既に視線の先で、
朱い幟に記された“新杵名物 おどりたい焼”の白い文字が見える。
たったの数分が待ちきれずに爪先は小刻みに床を叩く。
たかがたい焼きと人は呆れて思うだろうがそれは個人差。
コチラとしてみれば死活問題である。

蒸し風呂の様な外気に増幅された鬱屈した気持ちは、
志は違えどもおばちゃん達も一緒で、
皆一様に落ち着きを失いイラつきが外に漏れ出している。
夏は辛抱が目減りする季節でもあると痛感する。

そんな澱みきった空気を晴らす様に高らかになる音楽。
ゆめりあフェンテ開店の時間がやって来た。
目の前のガラス扉が静かに且つ力強く開かれて、
ようやくゆめりあフェンテと向き合える。
落ち着き払った素振りでいながら若干の早歩きで、
「Shinkine Sweets 大泉学園ゆめりあフェンテ店」へ向かう。

角地にある店舗ブースは白が基調の洋菓子店風の設えの、
ポップでキュートな感じを押し出した「Shinkine Sweets」と、
その清廉な白い梁の下に提げられた朱い暖簾と、
そこにも記された“新杵名物 おどりたい焼”が醸し出す、
創業100年を迎えた老舗和菓子店「御菓子司 新杵」の、
バランス加減の混沌具合が大変に興味深い店舗である。

宝飾店の様な大きい透明のショーケースは光に満ち溢れ、
その中を彩る数多の看板・定番商品に混ざって、
お目当てのたい焼きも大皿に盛られて光の中に鎮座している。

とは言えこれらは見本。
本物は会計口横には保温ケースにある。
開店直後の店舗にはおねえさんが一人、
店舗の片側に設えた焼き場と会計口を忙しく行き交う。
保温ケース内には既に隊列を成して踊り始めたたい焼きが数枚。
その脇には今川焼きも焼き上がっている。
流石にショッピングモールの実演販売は準備に抜かりがない。

そんな保温ケース前で立ち尽している客に対し、
声を掛けあぐね探り探りのおねえさん。
そんなおねえさんの様子を視界の端で確認しつつも、
続いて焼き場前に移動して焼き型を見る。

併設で並べられたたい焼きと今川焼きの焼き型には、
各々数個の引き上げ待ちのヤツが踊り出さんとしている。
満足いくまで状況を確認して、
ようやく困惑顔のおねえさんの元へ向かう。
そして今までの不審な行動を払拭すべく、
極めて紳士的に注文をお願いする。

笑顔で対応したおねえさんは高らかに金額を告げて、
テキパキと焦げ茶色の踊り手さん達を、
ひとつひとつ丁寧にピンク色のたい焼きが描かれた紙、
つまりは舞台衣装に包まれ化粧箱という名の移動車に納めていく。
その踊り手さん達は保温ケースだけでなく、
焼き型から直接衣装を纏い移動車に駆け込んだりもする。
まさに客の胃袋で開かれる公演に向けて、
“新杵名物 おどりたい焼”選抜チームが編成されていく。

宛ら敏腕マネージャの様にテキパキと取り仕切り、
あっと言う間に詰め終えたおねえさんは袋をコチラに差し出して、
満面の笑顔で客が代金を支払うのを待っている。
タップリと妄想に浸っている客は我に返り、
急いで代金を渡しておねえさんから袋を受け取り礼を述べる。

焼き場前を抜けて一先ず裏手に出て、
寿司屋の店先に設えられたアイスボックス上で荷を整え、
早速に取り出した一番手の踊り手さんを眺める。

白地にピンクの柄の衣装を見に纏い、
勢いよく跳ねた身体に疎らな焼き目を施しつつ、
夏の気温を遥かに上回る熱気を身体中から発しているたい焼き。

それはスッシリと重たく、
そしてフンワリと柔らか、
あげくグニャリと緩やか。

では早速に舞台へご招待。
一口齧った皮は手にフンワリなら当然口にもフンワリで、
厚くも無く薄くも無い良い意味で大変に和菓子的。
よく見れば両面で焼き上げにムラがある所などは手作り感が溢れ、
焼成熱では得られない人の温かみが感じられる。

一頻り噛み締めた皮はやがてモチモチに食感を変えて行く。
その食感の変化の一方で生地自体の風味に目立ったモノが無く、
以前渋谷に出店していた時は皮に感じた甘味が薄い。
しかしこの皮のあまりの素っ気無さこそ、
この“新杵名物 おどりたい焼”最大のポイントとなる。

そのポイントと対になるのは餡の存在。
この“新杵名物 おどりたい焼”は、
タップリと餡が詰まっている。
それがスッシリとした重さの正体で、
グニャリとした緩やかさの理由。
齧り口から溢れ出てくる餡が止め処なく押し寄せる。

その風味はとても上品で、
その甘さはとても優しく、
その舌触りはとても滑らか。

さすが老舗の和菓子屋さんの餡は違うなぁと、
ダイレクトに餡を堪能してしばらくして気付くのが、
控えめな皮の主張具合の真意。
この餡をじっくりと味わう為の皮の素っ気無さとも取れる。

たい焼きの主役は餡。

在る老舗たい焼き店店主の言葉を体現した、
このたい焼きの形状もそうなるとまた興味深く思える。
“おどりたい焼”と称している割に逆反りではなく、
順反りなのは何故だろうとずっと考えていたが、
従来の魚型のたい焼きではなく、
この角丸の長方形にするには順反りが最良なのだろう。
それはやはりタップリと餡を詰める為に、
老舗和菓子店「御菓子司 新杵」が考えて至った事なのだろうか。

そんな事を勝手に推測して勝手に感動しているが、
この“新杵名物 おどりたい焼”が、
餡を堪能するたい焼きである事は確信出来る程に、
たい焼きの中に餡が目一杯詰められているのである。

夏の陽光にヌメリと輝く柔らかな小豆の芸術を眺め、
優しい甘さに口内を満たしながらそんな事を考えながら、
次々と胃袋に送り込む踊り手たち。
意外に満腹になってきたそのボリュームもまた魅力である。
暑い日にこそ熱いたい焼きを。
そう思わせるに十分なダンスユニット「Shinkine Sweets」の、
これからの活躍に期待したい。
それじゃあまた、See You Next Week! Bye-Bye!

価   格○小倉あん 130円
住   所○東京都練馬区東大泉5-43-1 ゆめりあフェンテ内
営業時間○10:00〜
 
   
  

posted by EY at 22:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 練馬区のたい焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。