東京のたい焼き ほぼ百匹手帖

2015年10月25日

ミュクレバーコア【八王子@中央本線】

     
 
たい焼きを買いに八王子に来た。

北口前のバスターミナルを越えて桑並木通りを進むと、
甲州街道と交わる八王子駅入口交差点が見えて来る。
その角に「ミュクレバーコア」が移転したのだ。
八王子駅入口交差点から左に目を遣ると、
防塵幕で囲まれた旧ダイエー八王子店が見える。
以前訪れたのは2014年01月05日の事。
その時も「ミュクレバーコア」は2階の階段前一帯に、
日夜芳ばしい香りを漂わせていた、
地元の人々に一時の憩いを提供する愛すべき名店であった。
その幾多の買い物客の食欲を刺激し続けた日々も、
2015年2月15日18時に閉店。
多くの「ミュクレバーコア」を愛して止まないファンに見送られ、
ダイエー八王子店の44年と共その歴史を終えた。
ように見えたが実は違っていたのだ。
それから暫く経って同年6月、
歴史が詰まったビルが解体されるのを見守る立地に、
地元民が待ちに待ったリニューアルオープンを果たしたのだ。

タイル張りの建物1階部分に掲げた看板には、
大きな「ミュクレバーコア」の店名と共に、
“ソフトクリーム”“クレープ”“たい焼”“たこ焼”、
そして“焼きそば”というお馴染みのラインナップが並ぶ。
加えてカラス張りの店先を埋め尽くすメニューの品数は、
嘗てスーパーの2階で子供達を虜にした、
圧倒的な煌びやかさを保ちつつも、
また新たな顔を見せて行き交う人々へアプローチをしている。
その店の軒先に吊るされたソフトクリームの模型や幟と共に、
真っ赤な“たい焼”の幟がはためいているのを確認する。
判っていても実際確かめて見ない事には安心出来ないもので、
再出発の地でもたい焼きが売られる事に安堵するのであった。

開け放たれた扉には“営業中”の札が提げられている。
中に一歩足を踏み入れると其処には、
外と同様に数多のメニューが壁の至る所に貼られている。
一画に設けられたカウンターと椅子の存在が、
生まれ変わった「ミュクレバーコア」を印象付ける。
もはやデパートのフードコートでは無く、
人々が此処で憩う事を目的で訪れる店舗としての象徴である。
その店舗「ミュクレバーコア」の厨房には、
お馴染みの顔が今も焼き型や鉄板の前に陣取って、
芳ばしい魅惑の香りを漂わせる品を焼き上げている。
場所が変わってもご店主は今日もダンディである。

そのコンパクトに纏まった厨房はまだ新しいが、
色々な器具や材料などが雑多に置かれている。
その中に何かと好対照なご店主と女性店員さんが納まり、
逐一指導を受けながら作業の指示を遣り取りしている。
入口に立ち尽くし店内を遠慮なしに見回す客を見遣り、
声を掛けて対応を始めるご店主に注文をお願いする。

厨房には黒々とした鉄板とたこ焼き型と今川焼き型と、
そして6連式のたい焼き型が並ぶ。
今の所はたい焼き型にだけ生地が流されている状態で、
すぐ横に置かれたタッパーには既に数匹のたい焼きが並んでいる。
調理場の奥にはジュースとソフトクリームの器具があり、
歩道に面した調理場にはクレープを焼く円形の調理機が置かれ、
その脇には会計台とレジスターが置かれている。
とても見晴らしが良い配置であり、
子供の時に見ていたら恐らく興奮して鼻血が出てしまう光景ある。
そして大人になった今もワクワクしながら見守る中、
焼き上がったばかりのたい焼きは箱詰めされていく。

代金を支払い受け取った箱を提げて、
八王子駅入口交差点に建つ銅像の台座で荷を解く。
蓋を開けると立ち昇る甘く優しい香りと温かさの向こうで、
たい焼きの周りに纏った大き目のバリが目に入る。
場所が変わっても「ミュクレバーコア」のたい焼きは、
たい焼き自体にも厚みがあり当然それに伴い大層な重さもある。
顔立ち自体はスマートでスッキリとした面持な上に、
ギャザーフリルをあしらえた伯爵を髣髴とさせる凛とした姿は、
箱の中で鮨詰め状態になっても尚何処か気品に溢れ、
優雅に佇んでいる様に見えたのだった。

手に持つと少し柔らかいが、
指先に当たる質感はシッカリとした焼き上がりを感じる。
一口齧ってみるとやはり表面の食感はサクサクの歯応えがあり、
それが角のエッジが効いた部分になるとカリカリと硬度を増す。
中の生地部分は柔らかで噛み締めるとモチモチしている。
玉子のまろやかな風味が広がる中に粉の酸味が顔を見せると、
次第に生地はほんのりと甘味を帯びて来るのだった。

餡子は最初の一口目では此れが粒餡とは思えない程、
アズキの皮が見当たらない驚きの滑らかを誇る。
余りの滑らかさにたい焼きをふたつに割って、
アズキの皮が輝きを放つのを確かめた程である。
サラリとした舌触りで居ながらホロホロと崩れ、
粒子の粒が大きいモッタリとした口当たりを持っている。
甘味もしっかりと付いているが引きが良く、
サッパリとした後味で大変潔い仕上げになっている。

八王子の地で永年愛されてきた庶民の名店は、
世代を超えて今も道行く人々を釘付けにする魅力に溢れている。
開店直後の店先には既に人だかりが出来始め、
帰りにたい焼きを買う約束を取り付ける子供の笑顔が眩しい休日。
その視線が今手にしているたい焼きに注がれているのを感じ、
今後も尚八王子の人々に愛される存在であり続ける店で、
たい焼きが愛される存在であり続ける事の確信を得た気になった。

価   格○小倉 130円
住   所○東京都八王子市横山町3-9 豊和本社ビル1F
営業時間○11:00〜20:00
       不定休
 
   
  

posted by EY at 20:59| 東京 ☀ | TrackBack(0) | 八王子市のたい焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月05日

ミュクレバー コア【八王子@中央本線】

たい焼きを買いに八王子に来た。

中央本線の八王子駅北口から延びる道。
甲州街道に交差したら左折。
ダイエー八王子店の2階にあるのが、
ソフトクリーム専門店を謳う「ミュクレバーコア」である。

デパ地下ならぬデパ二階。
エスカレーター正面で、
今はソースの芳ばしい薫りを漂わせる。

デパート飲食の王道を突き進む感じの品揃えで、
圧倒的なフレーバー数のソフトクリームと、
縁日のラインナップを集結させた様な、
錚々たるソース系粉物の品揃え。

店の正面エスカレーター脇には腰掛けて飲食出来る空間。
父親と待つ子供はワクワクの顔で
店頭で焼きそばが出来上がるのを待っている母親を凝視している。

豪快に焼き上げた焼きそばを渡し、残りを保管を終えた後、
眉目秀麗な初老の店員さんに注文をする。

既に焼き台脇に並ぶたい焼きを受け取る。
そそくさと店舗脇の階段踊り場へ移動してたい焼きを取り出す。
恰幅のよい厚みで程好く重い。
熱は幾分落ち着いているが十分に温かい。

一口齧る。
口の中で何故か“四角い感じ”が広がる。
不思議とアイスモナカを齧った感覚を重い起こす。
何とも不可思議なたい焼きとの遭遇。
皮の表はサクサクしていて、
中はふんわりとしていて、
口内には卵と牛乳の風味が広がる。

その中の餡。
結構しっかりした硬さでいて、しっかりと熱い。
この硬さの餡はたい焼きでは珍しい。
最近話題の“シベリア”の餡はこんな硬さだったか。
この「ミュクレバーコア」のたい焼きの、
全体に“四角い感じ”の要因はコレのようだ。
周りを覆う皮の柔らかさを超えて、
中の餡の存在感がダイレクトに口内に伝わる。
丸いのに四角いたい焼き。

地元に愛され続けるデパ二階の甘く美味しい空間。
店先に並ぶソフトクリームやクレープの、
色とりどりのサンプルを眺める。
背開きにした素焼きのたい焼きに、
小倉のソフトクリームを流し込んでみたい。
そんな欲求に駆られた冬休み最後の日曜日。

価   格○小倉あん 110円
住   所○東京都八王子市横山町4-8 ダイエー八王子店 2F
営業時間○10:00〜21:00
       年中無休


posted by EY at 22:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 八王子市のたい焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月28日

鯛八【八王子@中央本線】

たい焼きを買いに八王子に来た。

都市計画が着実に進む南口の跨線橋で継った一画。
超高層複合商業施設を抜け野猿街道へ。
八王子税務署裏に「鯛八」が在る。

仮眠状態の様な佇まいの店先から、たい焼きの香りが漂う。
早速店に入って注文をする。
店主は丁寧にたい焼きを包んでくれる。

世の中は驚きに満ちている。
外食に於いて想像を遥かに超える物との出会い。
其れは後世へ伝えて語り継いで行くべき物。
そんな驚きに「鯛八」で出会える。

ただし注釈が必要だが。

その驚きの部分を“味”に求めと
此処「鯛八」は該当しない。
皮もあんこも特に斬新さは無い。
良い意味で『無難』な味と言える。

その驚きの部分は“形”にある。
もっと言えば“存在”にある。
それが此処「鯛八」のたい焼き。
先ずたい焼きを受け取った時に驚きが訪れる。

何せ文鎮の様に重い。
次に辞書の様に厚い。
更に枕の様に大きい。
挙句に落とすと弾む。
だけど値段が一般的。

これが余剰部分、所謂“羽根”の部分で稼いだ物でなく、
鮮明に浮き出た鯛本体も十分に大きい。
食べる時はハンバーガーの様に鷲掴みで頬張る。
皮の分厚さもあんこの含有量も規格外。
そして誤って落とすと、アメフトのボールの様に弾む。
だが落とさないに越したことはない。

と、ここまで散々述べてきたが、
この史上最大のたい焼きを『無難』に作り上げる事自体が
この「鯛八」最大の驚きなのかも知れない。

価   格○たい焼き150円
住   所○東京都八王子市子安町4-4-12
営業時間○10:30位〜19:00(売切れ迄)
       不定休


posted by EY at 00:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 八王子市のたい焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。