東京のたい焼き ほぼ百匹手帖

2014年12月28日

文左亭 本羽田萩中店【糀谷@京急空港線】

     
 
たい焼きを買いに糀谷に来た。

中央口から出て右折した直ぐの高架を潜って、
道なりに行くと環八通りに出る。
そこの糀谷駅前交差点を渡り又も道なりに真っ直ぐ行き、
3本目の十字路を左折して進んだ小学校の向い。
さびついた鉄骨が良い具合に寂れた感じを醸し出し、
更に道路に面した壁に矢鱈に巨大な文字看板が貼り付いた
ホームセンターコーナン本羽田萩中店の中に、
目指す「文左亭 本羽田萩中店」がある。

ホームセンターコーナン本羽田萩中店の敷地に入り、
メインの入り口を目指し奥へと進んでいくと、
園芸用品が並ぶ軒先で野菜の苗などに囲まれてて、
ポツンと一軒の漁師小屋の様な売店がある。
まさにソコが「文左亭 本羽田萩中店」であり、
一瞬の迷いも生じさせる事無く到着出来る好立地にあって、
数多の園芸用品の合間で色とりどりの幟をはためかせている。

大きく迫り出した軒の先には幾つか円卓が並べられ、
その軒下で黒い外装で覆われた店内では今、
そこかしこから立ち昇る蒸気の中でおばさんが独り奮闘中で、
店先で棒立ちの輩には目もくれず商品の準備に追われている。

店舗看板に大きく記しているのだから“団子”が自慢なのだろう、
その店頭には“団子”を始め数多並ぶ餅製品がズラリ並び、
その他にフードコートの定番である“たこ焼き”は勿論の事、
近年日本ファストフードの主役“讃岐うどん”も販売されている。

そしてそのラインナップに堂々たい焼きが肩を並べているのだが、
今の所店頭に設えられた保温ケースにはその姿は見られない。
いち早く購入したいのはヤマヤマなのだが、
店のカウンターに恭しく置かれた“支度中”の札がソレを許さない。
ソモソモ「文左亭 本羽田萩中店」の店先には
開店時間を告知するモノが見当たらず、
店の周りをくまなく観察してみてもその痕跡は無い。
現時刻が午前9時半という事と店内のおばさんの忙しさから、
開店は午前10時位かなと勝手に判断した後に、
ならば早速時間潰しをしましょうと
先ずは店内のペットショップへと足を運ぶ。

そんな動機で入店した店舗の直ぐ脇にはコーヒーショップがあった。
その「CAFE CANADIAN PAO」という名前の店も開店はしてないが、
その封鎖された入り口前の立て看板にはたい焼きの写真があった。

コレは一体どう云う事かとジッと看板を眺めた後に、
更に検索を掛けて判った事は先ほどの店外で支度中の「文左亭」と、
コチラ店内で準備中「CAFE CANADIAN PAO」は、
同じ系列のグループ店舗と言う事らしい。
つまりホームセンターの内と外で営業形態を変えて商いをして、
広い客のニーズや状況の変化に柔軟に対応している訳である。
その販売戦略に感心しつつもコチラの店舗もまた、
営業時間の記載がされていないと云う姿勢に、
もしや何かの意図があるのかと散々思い巡らすも結論には至らず、
一先ずは小さな毛玉達が集まる一角へと急ぐ。

しばし眺めた毛玉達の愛くるしさにスッカリ癒された心持ちのまま、
様子見も兼ねて「文左亭 本羽田萩中店」引き返してみると、
店先には2人連れの客がいて何かを購入している。
時刻は9時45分過ぎ。
店先のカウンターには今も“支度中”の札が立て掛けられていて、
保温ケースの中身はカラのままである。
しかし目の前では既に接客が行われている事を確認済みなので、
コチラもおばさんにたい焼きの販売状況を確認する。

たい焼き…

おばさんは静かに呟きながら目の前の焼き型に目を遣り、
コチラを僅かに見ながら再び静かに呟く。

小倉なら2分位で…

願ったり叶ったりなので早速注文をすると背後から声が上がる。

じゃあ私も小倉2つ!

振り返るといつの間にか後に付いておばあさんが並んでいて、
そのすぐ後にもお客が持っていた。
よく確認もせず有耶無耶のうちに注文が行われてしまい、
改めておばさんに営業時間を尋ねてみたかった所だが、
店内で独り忙しく働いているの邪魔するのも何なので、
今の所は午前9時45分ならたい焼きは買えると云う事を認識して、
只ひたすらにたい焼きが焼き上がるのを待つ事にする。

それまでの間に店頭の“団子”や“あげもち”を何気なく眺めいたら、
リピート率No.1でクセになる美味しさと謳われた、
団子をチョコレートでコーティングしたうえに、
更にカラースプレーが振られた“チョコマント”なる商品に、
視線が釘付けになり最早微動だにしない。
その柔軟すぎる発想と丸い形で串に刺さった茶色い球体の姿は、
最早年の瀬だというのにココに来て今年最大の衝撃を喰らい、
不意打ちでヘビー級の衝撃に叩きのめされた意識のまま、
おばさんから商品を受け取りフラフラと店舗脇の卓に腰を降ろす。

早速に荷を開けるとたい焼きが入れられた茶色の袋には、
“うす皮 しあわせたい焼 パリパリ”と記されてある。
どうやらこれが正式名称の様であるが、
見た限りではその様な表記は店舗の何処にも見当たらず、
色々と情報に漏れがあるのがこの店の特徴なのだと納得して、
アツアツの熱をその体表から放射し続けるヤツに早速齧り付く。

表面がカリカリに焼き上げられた皮は、
歯の先に伝わる感触も硬質でソコに一気に歯を立てれば、
食い込み押し潰れる度にニシニシと音を発ててサクサクと砕ける。
ソレを中で待ち受けるのが水気を含んだ、
フワフワでなおかつモチモチとした食感の生地で、
歯が打ち出す衝撃をふんわりと次々に受け止めていく。
店側が“うす皮”と言い張る程には薄く無いが、
その良い具合の厚みがこの歯応えと噛み応えを生んでいると云える。

その皮の歯応えを暫し堪能した後にニュルリと現れ出でるのが、
甘味はあっさりめだか風味はしっかりしている粒餡。
アツアツの熱に晒されて滑らかでもったり舌触りになり、
それが皮と一つとなった時に所々で顔を覗かせるアズキの皮もろ共、
ベト付く様な甘さとは無縁のままサラリと胃の中へ納まっていく。

冬の寒い朝にこそ存分に味わえる風味と歯応えに浸りつつ、
いつの間にか人だかりの出来た店先を眺め、
誰か“チョコマント”を購入しないかワクワクしながら待っているが、
皆一様にその前を素通りしてしまうこの事実。
それを遠くから眺める己自身が、
その心境を十二分に理解出来るのもまた事実である。

価   格○小倉あん 140円
住   所○東京都大田区本羽田2丁目3-1
営業時間○ホームセンターコーナンは9:00〜21:00
 
   
  

posted by EY at 22:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大田区のたい焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月23日

茶茶【大森町@京急本線】

     
 
たい焼きを買いに大森町に来た。

改札口を出て右折。
出来掛けの高架下を抜け進むと商店街の入口に相対して立つ、
怪獣特撮の宇宙船にあるレーダー的なオブジェを乗せた門柱が見え、
その大森町共栄会のレンガ路を進むと徐々に人出が増え始める。
そんな頃に見えて来る赤い幟に記した“たい焼”の文字が、
目的地である「茶茶」に到着した事を告げる。
鉄のゲートに囲われている様な若干古びた外壁の店舗は、
白枠のドアとその横の少しばかり透明度が低めのガラス窓と、
その合間の壁面に品書きが写真付きで貼られている。

朝の8時半から営業を始めるこの店の守備範囲は広く、
食事&喫茶&甘味と不意に休憩したくなった時に入って置けは、
大概の要望には対応出来るという懐の深さを発揮している。
その様な店ともなれば店舗前の立て看板に記されている様に、
朝は午前11時までモーニング仕様で営業をしているものである。

そして今がそのリミットである午前11時。
店先には既には赤い幟がはためいている事は確認済みである。
もしや朝からたい焼きを焼いているのかと焦る心を抑えながら、
ソロリソロリと窓に近づくとソコには6連の焼き型が2台置かれ、
その片方に餡とチーズを抱えた半身のたい焼きが寝そべっている。
それ以外に辺りにはたい焼きは見当たらず完成した商品も無い。
それどころか作っている店員さんの姿すら無い。
小ぢんまりとしたその空間には生地が入った容器と餡とチーズ、
それ以外は雑多な調理器具と掃除道具があるだけである。
察するにモーニング終了に合わせたい焼きは作られる様である。

そりゃ朝の8時半からたい焼きを買いに来るヤツが居るとすれば、
それは自分位だろうとヘンな優越感に浸りながら、
今まさに焼き上がらんとするたい焼きを低い透明度と格闘しながら、
ジッと眺めていると突然スルリとガラス窓が開いた。

その中からは訝しげにおじさんが手にはアイスピックを握りしめて、
泰然自若の佇まいでコチラを眺めている。
おじさんは完成間近のたい焼きに注意を向けつつも、
視線はコチラから外さずに自然とコチラを促す様な形を作り出す。
そんな雰囲気に押され慌てて状況を確認後に注文をお願いすると、
あと2〜3分とおじさんが仰るのでお願いしますと返答をして、
店頭脇の邪魔にならない場所でジッと待つ事にする。

注文を受けた後おじさんは霞がかかったガラス窓の向こうで、
寝そべるたい焼きの対になる側に生地を流し込み始める。
ふんわりと芳ばしい香りが店先に漂い始め、
薄らボンヤリと突っ立っている客が居れば、
只でさえ昼時前で増え出し買い物客が多数往来し始めた商店街で、
自ずとソコに注目が集まってしまう事は必然といえる。
そしてそお客層がおばちゃんだったりしたなら、
背中越しに聞こえてくる声に止まる気配などは微塵も無いのである。

あら、たい焼きよ。たい焼きねぇ。たい焼き。
もう始まったの?どうする?帰ってからにする?
先済ます?後にする?買って帰る?
何人?後で?何人?帰り寄って行きましょう。

そんな会話がひとしきり交わされ、
やがて通り過ぎた店先は再び静寂と穏やかな空気に包まれる。
焼き上がりまでの残り僅かの時間はその静謐な中で過ごし、
袋に入れられたたい焼きをおじさんが手渡す頃には、
熱籠り対策で開けられた袋の中から立ち昇る洋風な芳香と、
受け取る手に伝わる熱に得も言われぬ幸福感で包まれてゆく。
コレこそ冬場にたい焼きを買う事で得られる醍醐味といえる。

おじさんに代金を支払い礼を述べて朧に霞むガラス窓を離れると、
返ってくるおじさんの声に続いて店内からおばさんの声が響く。

おばさんもいらっしゃったのね。

不意の一撃に驚きを隠せぬままに駅へ戻る途中にある左折路の、
奥に入った駐車場に身を寄せ急ぎ袋から取り出すたい焼きの、
熱と共に感じる指先の感触にホッと胸を撫で下ろす。

カリカリに焼き上げられた皮の表面は脆く、
加減を誤ると皮内部へ指が埋もれて行く程に繊細な仕上がり。
その上多分にoily。
皮の表面が朝方の陽光に照らされて淡くキラキラと輝き、
その輝きに誘われ鼻を近づけると微かに香る乳脂肪的芳香。
以外に洋装のアツアツたい焼きを早速一齧りすると、
途端に口内は西洋式朝食風景が広がっていく。
カリカリの表面と相反するフワフワの内部は、
さながら柔らかな焼きたてのスコーンの赴きで、
少しづつ千切って口に運ぶ様はさながら英国貴婦人の趣。

一方、内包された餡はたい焼き中央に一直線に収まっている。
その脊髄の様な餡は見事な濃い赤茶色の仕上がりで、
その表面をキラキラと照り返すのは、
この餡の全甘味の根源たる糖分の仕業である事は想像がつく。
そしてそんな中でアズキの皮だけが一味違う輝きを放ち、
その光景は砂漠に埋もれたザクロ石の様で、
不意に一攫千金を掘り当てた様な昂揚感に包まれてゆく。
その余りに洋風な芳香の皮と何処までも和風な餡の組合わせは、
近代日本文化の根源である和洋折衷を見事に体現している。
そんなたい焼きを作り上げるのが軽食屋という所が、
また絶妙の取り合わせといえる。

買い物帰りのおばちゃんが購入していく様を見る事は出来ないが、
きっとしっかり購入してかしましく帰宅していくであろうと、
特に根拠の無い確信を抱きながら、
タイル敷きの商店街を駅に向かい引き返し帰路につく。

価   格○小倉あん 140円
住   所○東京都大田区大森西5-10-6
営業時間○平日8:30〜21:00
       日曜・祝祭日8:30〜20:00
       不定休
 
   
  

posted by EY at 22:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大田区のたい焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月26日

サザエ十勝おはぎ 東急ストア蒲田店【蒲田@東海道本線】

     
 
たい焼きを買いに蒲田に来た。

南口改札から出た目の前が東急プラザで、
そこから1階部分へ降りると東急のれん街になっている。
そのフロアの壁側に並ぶブースに
「サザエ十勝おはぎ 東急ストア蒲田店」がある。

金色に輝く軒に記された朱い“サザエ”の文字の下では、
ガラスで囲まれたスペースに6連の焼き型を3台並べ置かれている。
見た限りコチラの「サザエ十勝おはぎ」は焼き物はたい焼きのみで、
焼き型前に立ったおにいさんが半身状態のたい焼きの生地に、
次々と粒餡を華麗な手捌きで落としてゆく。

その焼き型の小部屋の横には保温ケースが並び、
中に並ぶたい焼き達が柵に寄り掛かる様に立っている。
そしてその横に商品棚が設えてあり、
おはぎや大福や袋入りの餡等が並べられている。
その商品棚の奥には作業スペースがあり、
中を窺える小窓が開けられた壁により仕切られている。
その作業スペースにはおばさんが一人作業の真っ最中である。

先客が保温ケース内のたい焼きを粗方さらって行ったのを見送り、
次いで保温ケース上の会計口に立ち店員さんが来るのを待つ。
半身のたい焼きの仕上がりを確認後、
おにいさんが保温ケース状の会計場にやって来る。
ここ最近聞いた中で最も丁寧な言葉遣いの接客にしばし感動した後、
保温ケース内のたい焼きを確認後に注文をお願いする。

商品の不足分の補充に5分程掛かる旨に了承を告げると、
おにいさんはすぐさま奥から現れたおばさんと入れ替わり、
焼き型前に移動して仕上げに取り掛かる。
入れ替わりで現われたおばさんに料金を支払い、
スタンプカードにハンコを押してもらい、
有効期限が無いことを教えて頂いた後おばさんに断りを入れ、
たい焼きが焼きあがるまでの間しばらく店を離れる。

日曜日の朝の蒲田の食料品店フロアは老人の社交場だった。
試飲用のコーヒーと試食用のカボチャの菓子を手に、
エスカレーター脇に置かれた椅子に腰掛け、
お互いの近況報告に話が弾んでいる。
そんな光景を眺め徘徊した先のフロア出入り口より、
次なる新興勢力が勢い良く雪崩れ込んで来た。

時刻は11時前。
親子連れが皆一様に仮装を施し次々にフロアへ侵入して来る。
西口駅前広場で催されているカボチャの品評会が一段落した様で、
子供等は皆申し合わせたように親に空腹を訴えている。
これは騒がしくなるぞと時刻を確認して、
間も無く5分経つなと頃合いを見計らい、
追手jから逃れる様に「サザエ十勝おはぎ」に舞い戻る。

既に箱詰めされたたい焼き達は出荷準備が整っていた様で、
客の姿を確認したおばさんは急ぎ袋に箱を入れ、
客の到着と同時に商品を差し出すという無駄のない動きで対応。
それを受け取った客は礼を述べて店を離れ、
小さなカボチャやファンシーなコウモリを提げたベビーカーと、
それに並走する魔女やら妖精やらの集団を掻き分け、
その合間を縫って現れる老人達のショッピングカートの脇を、
紙一重で摺り抜けながら東急のれん街を脱出する。

辿り着いた先は目の前に別館の東急ストアがある高架下。
そこから少し右に逸れた場所にある窪んだ場所に陣取り、
早速既に箱から熱気が漏れ出しているたい焼きを取り出す。

表面がカリカリに焼き上がったたい焼きではあるが、
本体は大変柔らかな指触りで持った感じも大層流動的。
そして焼き立てならではのホカホカ発する熱と、
そこから昇華したような甘い香りが立ち昇り鼻先をくすぐる。
その懐かしさに少し郷愁を覚えながら、
辛抱堪らずに、やおら一口噛り付く。

サクッとする皮表面の歯応えは直ぐに消え去る。
その後は内側のグニッとしたモチモチの食感が口内に伝播し、
同時に生地から香る粉の風味が一気に広がる。
下手したら生っぽい感覚が残る所を熱の入り加減で解消している。
生っぽいけど水っぽく無い。
生地がしっかり結束しているからポロポロと容易く崩れない。

やはりこの厚い皮は良いモノだ。
ここ最近は何処も連式の焼き型で薄い皮のたい焼きを焼き始め、
今や一丁焼きに肉薄するくらいの皮が成形出来る。
それは「サザエ十勝おはぎ」も同様で、
薄皮たい焼き専門の店舗や「東急東横店」では、
たい焼きは薄皮のみになっている。

しかし「サザエ十勝おはぎ」にこの厚い皮は無くてはならない存在で、
この厚い皮の「サザエ十勝おはぎ」のたい焼きで育った身としては、
この熱い厚い皮がこのまま薄皮ムーブメントに飲み込まれ、
ムザムザ消え去ってしまわないかと心配で仕方がない。
とはいえ今手にしているたい焼きの皮も少し薄い気がしてきた。
もう少しフカフカと厚かった様な気がするのだが。

そんな心の故郷たるたい焼きの厚い皮に包まれた餡。
もう「サザエ十勝おはぎ」ならば当然でしょ、
と云わんがばかりにタップリとしこたま入っている。
焼き立てで皮の表面が焼き固められているにも関わらず、
手に取った瞬間から胴体がグニョンとしていたのは、
全てこの大量の餡が仕掛けた事。

そりゃこんだけアンコ入れたら重くも柔らかくもなるわ。
と、呆れるくらいのボリュームで口内にドロンとなだれて来る。
その上超絶熱いので何処かを焼くのは必須で心の準備が必要。
そんな攻防の先に口内を満たすアズキの香りとストレートな甘味。
ただでさえ重量級なのにこの風味が荷重を掛けてくるので、
口内は小麦とアズキの収穫感謝祭広場に変貌を遂げる。

殊更熱いたい焼きに悪戦苦闘しながら駅へ向かい、
道すがら西口駅前のカボチャの品評会を眺める。
様々な表情のカボチャと尾びれのみを残すたい焼きを見遣り、
小さな妖精や魔女やヒロイン達が行き交う中ボンヤリと思う。
晩のおかずは従兄弟煮に決まりだなと。

価   格○粒あん 110円
住   所○東京都大田区西蒲田7-69-1
       蒲田東急ストア のれん街 1F
営業時間○10:00〜21:00
       年中無休
 
   
  

posted by EY at 21:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大田区のたい焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。