東京のたい焼き ほぼ百匹手帖

2016年02月08日

横浜くりこ庵 京王府中ぷらりと店【府中@京王線】

     
 
たい焼きを買いに府中に来た。

北口改札を抜けて右手へ向かい進むと、
目の前には控え目な照明に照らされた空間が広がる。
頭上には光り輝く“ぷらりと”という文字が掲げられ、
その横に京王府中ショッピングセンターとある。
いわゆる駅ナカという商業スペースへいざ乗り込もうと、
進んだ入りっ端に煌々と白く輝く行燈看板が目に飛び込む。
お馴染みの力の抜けた白い鯛のシンボルが出迎えてくれて、
瞬く間に「横浜くりこ庵 京王府中ぷらりと店」へ到着である。

時刻は午前10時前。
目覚め始めたショッピングセンターの薄暗がりの中で、
この「横浜くりこ庵 京王府中ぷらりと店」からは温かな灯りと、
たい焼きが焼き上がる甘い香りが漏れ店の周りを包む。
その周りがほんのり暖かく感じるのは、
自分がたい焼き好きだからという訳だからでは無かろう。

店舗は既に営業を始めている。
白い幟がゆれて駅を行き交う人々を招き寄せる。
親子連れやカップルが次々に店舗へ誘われ、
次々にたい焼きを買い求める光景を眺める。
選びあぐねて店先に佇み店内を覗きこむ少年や、
店頭を絶叫しながら引き摺られ横切る幼児の姿もある。
様々な人々の一日がたい焼きと共に始まる。

コンパクトに纏まった店内は重厚感溢れる和の装いで、
黒く太い外柱の奥には木格子の垂れ壁が仕切られている。
白と小豆色に入り組む木肌色が落ち着いた空間を作り、
調理場の中では女性の店員さんが二人で切り盛りしている。

開店直後だが客足は途絶えず次々やって来る。
先客に着いて順番を待つ傍では、
いまだに少年が財布を握り締めながら熟考を重ねている。
先客の肩越しに見える保温ケースには、
各餡を抱えたたい焼き達が行儀よく並んでいる。
調理場の奥では次々にたい焼きが作られている。
ガラス窓の前には6連式の焼き型が5台並び、
その全てに落とされた生地がふっくら焼き上がっている。
もしや少年はたい焼きの製造工程が目当てか。
振り返って見た少年は少し爪先立ちながら、
視線は焼き型と保温ケースを行ったり来たりを繰り返す。

小さな同好の士を見つめる間に先客は購入を終え会計口が空く。
少年を促してみるがまだ決定には至らぬらしい。
ならばお先に失礼と会計口に立ち注文をお願いする。
商品を待つ間に調理場を見渡すと会計口の横、
調理場への入り口脇に聳え立つ空のケースを見る。
季節限定のたい焼きを保管するケースにたい焼きの姿は無く、
鉄色の台が並んでいるだけの空間である。

そうか少年は期間限定のたい焼きを待っているのかと、
振り返ると少年はいつの間にか後ろに着いて並んでいた。
つま先立ちをしているのか少しふら付いた感じで、
保温ケースに並んだたい焼きを眺めている様子である。
漸く決まった事への満足感か少し笑みを浮かべた風に見えたが、
ニット帽にマスク姿の少年が本当に笑っているかは、
薄暗がりのショッピングセンターでは窺い知る事は出来なかった。

商品の用意が整った事を告げる店員さんの呼びかけに応え、
代金を支払いつり銭とスタンプカードを受け取り、
各店舗ごとにスタンプカードが溜まって行く事に憂いながら、
其れもまた貴重な記録となると鼓舞しながら商品を受け取る。

礼を述べ会計口を去る。
入れ替わりで注文をする少年が尚もつま先立ちをする後ろ姿に、
彼の絶える事無いワクワク感がひしひしと伝わって来るのだった。
少年が何の餡を頼んだのかは確認しなかったが、
トレーに出したスタンプカードは常連の証であろう。
たい焼き選びにあそこまで熟考を重ねる少年が、
この先も末永くたい焼きを愛好してくれる事を切に願うばかりである。

さてすっかりいい大人のたい焼き好きは南口方面へ向かう。
陽射しが降り注ぐ窓から南口市街地再開発事業計画の聳え立つ、
2台の巨大クレーン車を眺めながら荷を解く。
経木に包まれたたい焼きは王道の厚皮で仕上げられ、
表面の焼き上がりは日干し煉瓦を思わせる風合である。
ゴツゴツした焼き上がりは内部に秘めたフワフワの食感を引き立て、
所謂昭和の駄菓子系たい焼きの正統なる後継者的な風格を具える。
その皮の厚みは比例してたい焼き自体の厚みを作り出す。
目を見張る程に大口を開けて頭からたい焼きに噛り付くと、
ほんのりと甘味と玉子のまろやかな味わいが口内に広がる。
フワフワだった生地は噛み締めるとモチモチに変わり、
噛む度に粉からの僅かな酸味が入り混じりあい絡み合う。

ぶ厚いたい焼きは食む度に側面の継ぎ目から餡子が進攻して来る。
アズキの皮がシッカリ食感として残る正統派粒餡ながら、
舌触りは滑らかで食べ口はとても優しく緩やかである。
芯のある甘味にアズキの豊かな風味が加わり、
タップリと口内の隅々に浸透して行き交う。
皮と絡んで甘味と風味が粒餡の中に潜んでいた熱気に煽られ、
鼻腔を抜ける頃に一纏まりとなり喉を通り過ぎて落ちて行く。

激動の時代を支えた厚皮のたい焼きに噛り付きながら、
あの頃と変わらないのはケヤキ並木と神社の杜位なモノだと、
変貌する街並みを眺めノスタルジーに浸る一時だった。


価   格○小倉あん 126円
住   所○東京都府中市府中町1-3-6
       京王府中ショッピングセンター 2F
営業時間○10:00〜21:00
       年中無休
 
   
  

posted by EY at 22:10| 東京 ☀ | TrackBack(0) | 府中市のたい焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月08日

十勝大名 府中伊勢丹店【府中@京王線】

     
 
たい焼きを買いに府中に来た。
府中駅南口から伸びるペデストリアンデッキは、
再開発事業B地区の上空を覆う回廊となっている。
その先には“ぱるる”と“フォーリス”という、
2箇所の複合商業ビルへ直結している。
向かって左手の“ぱるる”には映画館が、
一方右手の“フォーリス”には府中伊勢丹店が併設されている。
その府中伊勢丹店の地下1階へ降りて、
和洋菓子で満たされたエリアに行くと、
“十勝おはぎ”でお馴染みの、
「十勝大名 府中伊勢丹店」が営業している。

株式会社サザエ食品は近年ブランドの細分化が進み、
都内には3つのブランドが進出している。
以前に伺った「上野松坂屋店」を始めとした「サザエ」と、
今や「エキュート立川店」だけせ営業中の「鯛夢楽」と、
そして都内には2店舗が存在している「十勝大名」である。

店舗の半分を占める大きなガラス窓の向こうには、
6連式のたい焼きの焼き型が2台と、
無数の円筒形が並ぶ“おやき”の焼き型が一台並ぶ。
たい焼きの焼き型が黒く焼き色が付き、
長きに渡り使い込まれた形跡が残っているのに対し、
“おやき”の型はブロンズ風の輝きを保つ飴色で、
焼け焦げやくすみがほとんど無い。

その対照的な焼き型の前では初老の店員さんが、
半身で横たわるたい焼きと“おやき”を見つめる。
商品の確認を済ませた所で会計口へ向かうと、
もう一人店員さんが現れたので注文をお願いする。
待ち時間を確認して代金を支払い、
共通スタンプカードにハンコを押してもらう。
焼き上がるまでは非常階段口へ通じる通路に入り、
面した窓ガラスからたい焼きが焼き上がるのを眺める。

さて「十勝大名」と名乗るからには、
看板商品は勿論“十勝大名おやき”であり、
中の餡は数種類を揃えてある。
加えてコチラも定番の“十勝おはぎ”や、
言わずもがな“豆大福”等の和菓子も店先に並ぶ。
一方たい焼きはといえば2種類だけの品揃えで、
今流行りのデニッシュ生地と通常のたい焼きがある。
しかしその“十勝大名鯛焼き”と銘打たれた、
一見普通のたい焼きに込められて熱量は、
他のブランドはおろか数多あるたい焼き店にも負けない、
たい焼きに注ぎ込める可能な限りの要素を、
一斉に盛り込んだ一品となっている。

先ずは“薄皮仕立て”と銘打たれた皮である。
ここ最近はたい焼きのチェーン店でも、
連式のたい焼きも薄皮で焼かれる事が多い。
その皮はパリパリの歯応えで焼き上げられ、
フカフカの厚い皮を探す方が難しい傾向がある。
そういった意味で「十勝大名 府中伊勢丹店」の皮は、
外から見た限りでは柔らかそうである。

その一方で所謂“羽根”の類は付いて無く、
自信の鯛型をクリアに表現した伝統的フォルムでいる。
そこにサザエ食品自慢の“つぶあん”に加えて、
何と“普通”でありながら“白玉”が加えられるのだ。
過去にもたい焼きの中に“白玉”が入った物はあるが、
その全ては何かしらの慶事が関係していた。
しかし「十勝大名 府中伊勢丹店」は平時で“白玉”入りである。

成程これは毎日が誰かのアニバーサリー・デイという事か。
毎日がめでたいたい焼きを丁寧に焼き上げる店員さんも、
白く輝く“白玉”を優しく慎重に餡子の上に載せて行く。
そして徐に焼き型をバタンと閉じ併せた後の数分後、
美しい焼き色の少し小振りで愛らしたい焼きが現れる。

手渡された箱に店員さんが次々たい焼きを入れてゆく。
隙間無く並んだたい焼きを満足げに眺め蓋を閉じ、
会計口で待ち受ける店員さんへ渡す。
その流れの端で待ち受けてたい焼きを受け取り礼を述べ、
フロアの端にある駐車場連絡口前へ向かい、
そこで営業中のジューススタンド前のベンチへ向かう。

既に買い物疲れを癒している人々に混じり荷を整え、
立ち昇る蒸気の出迎えを顔面一杯に受け止める。
手に取ったたい焼きは柔らかく、
キツネ色の焼き目がシッカリ付いて甘い香りが漂う。
たい焼きの角に至るまでトコトン柔らかな口当たりで、
フワフワのたい焼きに噛り付くと口には粉の風味が広がり、
中から吹き込む熱気と共に玉子の優しい香りが押し寄せる。
薄く焼き上げられた皮は表面に着いた焼き目も合わせ、
とてもモチモチした食感を湛えた焼き上がりだ。
中の生地は花が咲くようにフンワリ広がり、
気泡の一つ一つからフワッと仄かで甘い風味が漂う。

餡子は定番たる粒餡がミッチリ入っている。
アズキの風味が濃厚に盛り込まれた「十勝大名」の代名詞が、
モッタリと重たく口の中に転がり込む様に侵食して来る。
途端に口内はキリッとした甘味で染め上げられ、
豊かなアズキの風味と共に舌を包み込む。
中に潜んだ“白玉”は華麗に餡子と一体化を果たし、
隠し味の様なクニクニの食感を与えてくれる。
それは甘味も海に浮かぶクラゲの様な淡い存在感で、
気が付いた時には既に深く静かで甘い海の中へ消えてゆく。
其処にアズキの種皮が奏でるシャキシャキの歯応えと、
アズキ本体のサラリとした舌触りが繰り返される。
やがて強い甘さは幾度かの嚥下を繰り返した後に、
いつの間にかサッパリと引いて行き、
口内にはアズキの存在感だけシッカリ残して去ってゆく。

数少ない「十勝大名」ブランドが押し出すたい焼きは、
パリパリの歯応えを持つ皮や派手な羽根は付いていない。
しかし正統派の姿に隠された内側には、
他と変わらぬ情熱と他には無い強烈な個性を秘めていた。
何気ない休日を晴れの日に変えてくれるたい焼きが、
今後も日本中に増えて行けばこれ程素晴らしい事も無い。
そんな事を夢見ながら手にした2匹目を注意深く見つめ、
餡子に紛れて判断が付きにくいお宝を探す事にしよう。


価   格○十勝大名鯛焼き 130円
住   所○東京都府中市宮町1-41-2 B1
営業時間○11:00-19:00
       不定休(府中伊勢丹に準ずる)
 
   
  

posted by EY at 21:29| 東京 🌁 | TrackBack(0) | 府中市のたい焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月03日

ピッツァレクルタ 府中四谷店【中河原@京王線】

     
 
たい焼きを買いに中河原に来た。

そもそもが今回訪れた「ピッツァレクルタ 府中四谷店」は、
ホームセンターコーナンを中心にした複合店舗にあり、
最寄りの駅が徒歩25分程の距離にある。
つまりは通常は近隣住民以外の客は、
自動車やら自転車やらで訪れる施設である。

それでも歩きたいという物好きには、
中河原駅からが判り易くおススメ。
鎌倉街道を渡って西友中河原店前の道をひたすら歩く。
20分以上歩いて辿り着く四谷四丁目交差点を左折して、
都道20号線を渡った先にある。

今日はピザ屋のたい焼きだ。
既に店舗入り口付近に芳ばしい香りが広がっている。
ピザではない。
間違いなくたい焼きのソレ。
真夏の熱気にも失われない芳しさ。
期待に胸を膨らませ店内に入る。

正面に広がるホームセンターはだだっ広く、
至る所が夏のレジャー商品で埋め尽くされている。
壁や床や天井からテントやビニールプールや空気イルカが、
葭簀に囲まれ涼しげに並べられている一方で、
右手前には提灯や麻がら等のお盆用品も取り揃えてある。

遅れて家族連れが御入店。
子供たちは奇声を上げて一目散にキャンプ用品に駆け寄り、
売り物のビーチボールやシャチを一心不乱に引っ叩く。

ショッピングカートに犬を乗せたパパの目当ては、
店舗奥にあるペットコーナーの様子。
カート内で足元の覚束ない犬を気に掛けゆっくり進む。

ママはそショッピングカーの後に付いて行き、
チラリ見遣った左手にあるSEIYUに後ほど出向く算段を、
先を歩くパパに取り付けて子供達を呼び寄せる。

そんな家族連れの動向を眺めていた視界の右端。
入り口そばに並べられたテーブルセットの横にあるのが、
目指す所の本格窯焼きピザの店「ピッツァレクルタ」。

臙脂の帯がアクセントの白い梁の下は、
ぐるりとガラス窓が覆い中の様子が窺える。
その下の外壁の煉瓦模様がイタリアンな雰囲気を更に醸し出す。

とは言うものの今やその窓ガラスや煉瓦模様は、
商品告知のタペストリーや品書きの立て看板に加えて、
タッパーや鍋やピザソースが窓を覆い隠す様置かれ、
調理場奥に設えたピザを焼く窯の全貌は窺い知ることは難しい。

更に店の角にはやたら目立つ黄色い“薄皮パリパリたい焼き”と、
水色で“夏鯛”という2本のたい焼き幟が出張っている。
ホームセンター入店直後に真っ先に見えるのが、
たい焼きの幟というのはピザ店的にいかがなモノなのだろう。

そんな事を考えながら店舗奥の会計口へ向かう。
店内には数名の店員さんが作業中。
受注生産のピザ販売の合間を縫って焼き上げられるたい焼きの、
慣れた手つきで生地を流し込む店員さん。
そして器具の合間から見える焼き型には、
半身で横たわるたい焼きの姿。

ガラス越しの光景を横目で眺めながらやって来た会計口。
店員のおにいさんがやって来てコチラの出方を窺っている。
レジスター脇にピザの食品サンプルとそれを覆い隠す様な、
恒例の巨大なソフトクリームオブジェ。

加えて今の会計口で幅を利かすのはドリンク類。
大きなサイズや氷で出来たタンブラーの他にも、
そしてソフトクリームを浮かべたフロート系の飲み物達が、
この夏に向けて会計口で徒労を組んで一斉に蜂起している。

夏にはよく見る光景。
健康面も考慮した暑い日だからこその冷えた飲み物。
その圧倒的な優位性に立ち向かうべく、
ヤツラを鼓舞する様に高らかにおにいさんにたい焼きを注文する。

おにいさんは会計脇の白い覆いをまくり上げる。
その下にはラーメン店でよく見かける、
製麺所の木箱の様なトレイがあり、
中にはズラリと並んだ数尾のたい焼き達の姿。
其処から選抜されて紙袋に納められてゆく様を目端に捕らえ、
間を埋める様にメインのピザ関係の品書きを追って眺める。

トッピングの種類を数え終える頃、
封入を終えたたい焼きを受け取り会計を済ませる。
会計脇にもイートインがある事を確認して、
最初に来た出入口傍の卓に向かう。

景色を白く飛ばす陽光に目を細めながら、
涼しい店内の卓で荷を整える。
早速に取り出だしたるたい焼きを灼熱の陽光の元に晒す。

至って普通のたい焼き。
チーズも乗っていないし、
トマトソースも塗られていない。
こだわりの小倉あんを詰め込んだという、
正統派の佇まいに一先ず胸を撫で下ろす。

色白で手触りからして既にパリパリの皮から、
なにやら懐かしいというか慣れ親しんだ感じの香りが漂ってくる。
不用意に触れた縁の繋ぎ目のバリがポロポロと崩れる。
イカンイカンと慎重に持ち替えて早速一口齧ってみる。

塩気アリ。
この表側は“おかき”だ。
パリパリしていて少し塩気がある。
そして内側はモチモチしていて噛み応えアリ。
もしかしたらこれは「ピッツァレクルタ」のピザ生地なのか?
だとしたら前代未聞のハイブリット生地であり、
逆にピザに興味が湧いて来る程に好印象の皮だ。

そんな事を考えながら食べ進めた先に、
脳内に香って来たアズキの風味と、
舌に乗っかって来た餡の食感。
確りとした重量感が優しい甘さと共に口内に広がり、
皮の微かな塩気が控えめな甘さを引き立てる。

ピザ屋が片手間に作った紛い品などと、
判った風に高を括ると赤っ恥を掻く。
郊外のホームセンターのジャンクフードなどと、
舐めて掛かると痛い目を見る。
そんな嬉しい誤算のたい焼きに出会った真夏の多摩川べり。

そうは言っても普通の人々は涼を求めるのは当然で、
会計前で幅を利かせる冷えた飲み物や冷菓子を買って行く。
たい焼きどころかメインのピザさえ売れないのを他所に、
買い物を終えた家族連れはソフトクリームを頬張る。

続けざまに2尾目のたい焼きに齧りきながらその光景を眺める。
猛暑以上に熱いたい焼きで体温を上げて、
帰路に待ち受ける猛暑との対決に準備する為に。

価   格○小倉あん 140円
住   所○東京都府中市四谷5-23-12 ホームセンターコーナン 1F
営業時間○10:00〜21:00 ※たい焼きは19:00頃まで
       年中無休(年始のみ休み)  
 
   
  
posted by EY at 22:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 府中市のたい焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。