東京のたい焼き ほぼ百匹手帖

2015年05月23日

薄皮たい焼き みづほ 河辺とうきゅう店【河辺@青梅線】

     
 
たい焼きを買いに河辺に来た。

ツバメが飛び交う北口に出るとペデストリアンデッキが、
時計台と河辺駅北口交差点をグルリと囲う様に延ている。
その交差点を越えた向こう側には、
駅前へ通じる道に沿って城壁の様なビルが立ち並び、
片方には市役所と図書館と温泉があり、
もう片方には東急ストア2階部分へと直結していて、
その両方を中空に浮かぶ渡り廊下で繋いでいる。
その東急ストアの中でもって営業しているのが、
「薄皮たい焼き みづほ 河辺とうきゅう店」である。

午前9時50分。
ペデストリアンデッキの先にあるエントランス部分には、
既に数名のお年寄りが佇んでいる。
其処までは開店前の百貨店関係ではよくある光景だが、
更に進んだ2箇所ある正面入り口前では、
数名の子供達が綺麗に男女に分かれてたむろっていた。
テンションが高まりゴムボールが擦れる様な奇声を漏らし、
開店を待ちわびる子供達を横目に、
ガラス張りの玄関口から中を伺うと、
薄暗がりの店内に見える「薄皮たい焼き みづほ」の看板。
その中では店員さんが一人黙々と、
焼き型に油を馴染ませている様な仕草を繰り返している。

先ずはその存在と営業の確認が済んだ所で玄関口を離れ、
エントランスを貫く柱に記されたフロアガイドを見る。
どうやら4階部分に子供向け施設が充実している様子で、
いつの間にかエントランスに集まりだした大人達の会話によれば、
新しいゲーム機が追加されたと耳にして、
そりゃテンションも上がるし奇声も発する訳である。
そして入り口を中心にして同心円状に、
子供、老人、中年、と取り囲むエントランスに混じって、
独りポツンと待って迎えた午前9時58分に東急ストアは開店。

撃ち出された様に店内へ駆け込む子供達に続き、
店員さんの出迎えを受けゆっくり入店する老人の後に、
一目散に「薄皮たい焼き みづほ」へ向かう。
角地に立つブースに掲げられた見慣れた看板と、
“お好み焼”や“チリソーセージ”といった、
食事系たい焼きの存在は勿論の事、
流行りのデニッシュ系たい焼きをも扱う品揃えに加え、
お馴染み“ソフトクリーム”や“タピオカドリンク”の存在は、
一分の隙も無く「薄皮たい焼き みづほ」である。
通路に面したガラス窓に設えられた焼き型は6連式が5台で、
内3台が現在稼働中でその一台に於いて今は、
食事系と思われる具材を載せた半身が、
まだまだ火が通らないツヤツヤの生地を湛えている。
反対側の路面には会計口と保温ケースがあり、
当然開店直後のケース内はもぬけの殻である。

早速注文をしようと店員さんに声を掛ける。
すると店員さんは焼き上がりまで30分掛かると仰る。
その数字に一瞬思考が停止して呆然とするが、
ふと麻布十番や人形町や四谷は勿論、
根津でも普通に平気な顔して並んでいた事を思い出す。
そして即座に了承して代金を支払いながら、
この一瞬の思考停止が意味する所を考え、
その精神性に不意に顔を覗かせた傲慢に己を恥じ深く反省。
そして気を取り直しその時間で出来る事を弾き出し、
店員さんに一声掛けて会計口を離れたその直後、
店の角に立てられたスタンドに掛けられている紙に記された、
店側からの伝達事項に目を奪われる。
その紙にはこう記されている。

 たい焼きが生まれ変わりました
 たい焼きの生地がしっとりと
 厚焼き
 になりました。
 薄皮たい焼き みづほ

厚焼き。
「薄皮たい焼き みづほ」なのに。
いきなりの自己否定な訳であるが、
其処は「薄皮たい焼き みづほ」に何か策があっての事であろうと、
其れを更なる楽しみの一つとして取っておこうと、
そんな心持で足取り軽く東急ストア内の散策を始める。

かなり広い店内をぶらぶら巡り、
4階に入った時の大人達から発せられる視線の鋭さに慄き、
急急と退出して来て戻ってきた「薄皮たい焼き みづほ」の前。
チラリと窺った感じでは完成は近そうなので、
店舗ブース前にある共有スペースにある、
ズラリと並べられたテーブルに早くも買い物戦線から離脱し、
壁壁とした表情を浮かべる老紳士達に混ざり腰を下ろし待つ。
そしてたまたま横に座っていた見ず知らずの老人から、
御自分が今現在服用している薬について、
実際に現物を並べ順番に次々飲み込んでいくという、
実演付きの指南を受けつつ待つこと数分でたい焼きは焼きあがった。

一つずつ小袋に入れられ更に紙袋で纏められた上に、
手提げに入れられたズシリと重いたい焼き達を受け取り、
重々礼を述べた後に老人にも挨拶をして店を後にする。
東急ストアを出た先のエントランスから見える、
ペデストリアンデッキと河辺駅を眺めながら、
早速一尾取り出そうと小袋に手を入れる。
コツンと指先に当たる硬い質感の塊が存在しているが、
その感触は到底たい焼きとは思えない物であり、
疑問を抱きながら取り出しと其れは懐かしい姿があった。

少々小振りな中身の無い素焼きのたい焼きが2尾合わさり、
その間で墨の様な餡が棒状で挟まっているアノ形式。
皮の表面は素焼きレンガの如き焼き上がりでザラザラして、
たい焼きの縁辺りは余剰した生地は無く、
圧着したような形状でツルリと綺麗に仕上がっている。

成程そう来たかと感心しつつ早速一口齧ってみると、
ザクザクと硬い食感を纏った表面の芳ばしい歯応えが出迎える。
其れを越えて到達する内部の生地は逆にモチモチとした仕上がりで、
ふんわりとした感触を仄かな粉の風味と甘味が噛む度に広がる、
王道の厚皮たい焼きの雰囲気を醸し出す皮に仕上がっている。

一方で形状的に大口を開けて齧り付く上で仕方なく力は入るモノで、
ただ2つのたい焼きが合わさっただけに皮を食べ進めると、
接合部分からは当然に熱で殊更緩くなった餡が食み出し、
指先にベタリと付いて高温による衝撃を加えてくる。
慌てて口で救い上げて口内へ押し込んだ粒餡は、
ネットリとした感触で舌へ絡まり、
濃厚なアズキの風味と抑えた甘味をジンワリと浸透させていく。

そして其れはやがて内部の柔らかな皮と癒着して融合を果たし、
モッタリとした重さを発揮して舌と両顎に心地よい抵抗を生じさせ、
其処に硬質な焼き目を残した表皮の残党が加わる。
口内で渦巻く“柔”と“剛”のコントラストを十分に堪能した後、
ゴクリと飲み込めば嚥下に押された香りが鼻腔へ抜けていく。

確かにこの形状のたい焼きは23区方面に多く見られ、
ココでコレを展開する「薄皮たい焼き みづほ」の判断は、
見た目のインパクトも良く全くもって異論の余地は無い。
が、ただ一つ疑問を差し挟むとするならこの形状って、
どちらかといえば“厚焼き”というより“厚造り”じゃないの?

価   格○小倉あん 140円
住   所○東京都青梅市河辺町10-7-1 河辺とうきゅう 2F
営業時間○10:00〜20:00
       不定休(とうきゅうストアー河辺店に準ずる)
 
   
  

posted by EY at 21:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 青梅市のたい焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。