東京のたい焼き ほぼ百匹手帖

2015年11月08日

十勝大名 府中伊勢丹店【府中@京王線】

     
 
たい焼きを買いに府中に来た。
府中駅南口から伸びるペデストリアンデッキは、
再開発事業B地区の上空を覆う回廊となっている。
その先には“ぱるる”と“フォーリス”という、
2箇所の複合商業ビルへ直結している。
向かって左手の“ぱるる”には映画館が、
一方右手の“フォーリス”には府中伊勢丹店が併設されている。
その府中伊勢丹店の地下1階へ降りて、
和洋菓子で満たされたエリアに行くと、
“十勝おはぎ”でお馴染みの、
「十勝大名 府中伊勢丹店」が営業している。

株式会社サザエ食品は近年ブランドの細分化が進み、
都内には3つのブランドが進出している。
以前に伺った「上野松坂屋店」を始めとした「サザエ」と、
今や「エキュート立川店」だけせ営業中の「鯛夢楽」と、
そして都内には2店舗が存在している「十勝大名」である。

店舗の半分を占める大きなガラス窓の向こうには、
6連式のたい焼きの焼き型が2台と、
無数の円筒形が並ぶ“おやき”の焼き型が一台並ぶ。
たい焼きの焼き型が黒く焼き色が付き、
長きに渡り使い込まれた形跡が残っているのに対し、
“おやき”の型はブロンズ風の輝きを保つ飴色で、
焼け焦げやくすみがほとんど無い。

その対照的な焼き型の前では初老の店員さんが、
半身で横たわるたい焼きと“おやき”を見つめる。
商品の確認を済ませた所で会計口へ向かうと、
もう一人店員さんが現れたので注文をお願いする。
待ち時間を確認して代金を支払い、
共通スタンプカードにハンコを押してもらう。
焼き上がるまでは非常階段口へ通じる通路に入り、
面した窓ガラスからたい焼きが焼き上がるのを眺める。

さて「十勝大名」と名乗るからには、
看板商品は勿論“十勝大名おやき”であり、
中の餡は数種類を揃えてある。
加えてコチラも定番の“十勝おはぎ”や、
言わずもがな“豆大福”等の和菓子も店先に並ぶ。
一方たい焼きはといえば2種類だけの品揃えで、
今流行りのデニッシュ生地と通常のたい焼きがある。
しかしその“十勝大名鯛焼き”と銘打たれた、
一見普通のたい焼きに込められて熱量は、
他のブランドはおろか数多あるたい焼き店にも負けない、
たい焼きに注ぎ込める可能な限りの要素を、
一斉に盛り込んだ一品となっている。

先ずは“薄皮仕立て”と銘打たれた皮である。
ここ最近はたい焼きのチェーン店でも、
連式のたい焼きも薄皮で焼かれる事が多い。
その皮はパリパリの歯応えで焼き上げられ、
フカフカの厚い皮を探す方が難しい傾向がある。
そういった意味で「十勝大名 府中伊勢丹店」の皮は、
外から見た限りでは柔らかそうである。

その一方で所謂“羽根”の類は付いて無く、
自信の鯛型をクリアに表現した伝統的フォルムでいる。
そこにサザエ食品自慢の“つぶあん”に加えて、
何と“普通”でありながら“白玉”が加えられるのだ。
過去にもたい焼きの中に“白玉”が入った物はあるが、
その全ては何かしらの慶事が関係していた。
しかし「十勝大名 府中伊勢丹店」は平時で“白玉”入りである。

成程これは毎日が誰かのアニバーサリー・デイという事か。
毎日がめでたいたい焼きを丁寧に焼き上げる店員さんも、
白く輝く“白玉”を優しく慎重に餡子の上に載せて行く。
そして徐に焼き型をバタンと閉じ併せた後の数分後、
美しい焼き色の少し小振りで愛らしたい焼きが現れる。

手渡された箱に店員さんが次々たい焼きを入れてゆく。
隙間無く並んだたい焼きを満足げに眺め蓋を閉じ、
会計口で待ち受ける店員さんへ渡す。
その流れの端で待ち受けてたい焼きを受け取り礼を述べ、
フロアの端にある駐車場連絡口前へ向かい、
そこで営業中のジューススタンド前のベンチへ向かう。

既に買い物疲れを癒している人々に混じり荷を整え、
立ち昇る蒸気の出迎えを顔面一杯に受け止める。
手に取ったたい焼きは柔らかく、
キツネ色の焼き目がシッカリ付いて甘い香りが漂う。
たい焼きの角に至るまでトコトン柔らかな口当たりで、
フワフワのたい焼きに噛り付くと口には粉の風味が広がり、
中から吹き込む熱気と共に玉子の優しい香りが押し寄せる。
薄く焼き上げられた皮は表面に着いた焼き目も合わせ、
とてもモチモチした食感を湛えた焼き上がりだ。
中の生地は花が咲くようにフンワリ広がり、
気泡の一つ一つからフワッと仄かで甘い風味が漂う。

餡子は定番たる粒餡がミッチリ入っている。
アズキの風味が濃厚に盛り込まれた「十勝大名」の代名詞が、
モッタリと重たく口の中に転がり込む様に侵食して来る。
途端に口内はキリッとした甘味で染め上げられ、
豊かなアズキの風味と共に舌を包み込む。
中に潜んだ“白玉”は華麗に餡子と一体化を果たし、
隠し味の様なクニクニの食感を与えてくれる。
それは甘味も海に浮かぶクラゲの様な淡い存在感で、
気が付いた時には既に深く静かで甘い海の中へ消えてゆく。
其処にアズキの種皮が奏でるシャキシャキの歯応えと、
アズキ本体のサラリとした舌触りが繰り返される。
やがて強い甘さは幾度かの嚥下を繰り返した後に、
いつの間にかサッパリと引いて行き、
口内にはアズキの存在感だけシッカリ残して去ってゆく。

数少ない「十勝大名」ブランドが押し出すたい焼きは、
パリパリの歯応えを持つ皮や派手な羽根は付いていない。
しかし正統派の姿に隠された内側には、
他と変わらぬ情熱と他には無い強烈な個性を秘めていた。
何気ない休日を晴れの日に変えてくれるたい焼きが、
今後も日本中に増えて行けばこれ程素晴らしい事も無い。
そんな事を夢見ながら手にした2匹目を注意深く見つめ、
餡子に紛れて判断が付きにくいお宝を探す事にしよう。


価   格○十勝大名鯛焼き 130円
住   所○東京都府中市宮町1-41-2 B1
営業時間○11:00-19:00
       不定休(府中伊勢丹に準ずる)
 
   
  

posted by EY at 21:29| 東京 🌁 | TrackBack(0) | 府中市のたい焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月01日

ひとくち茶屋 中野新井店【中野@中央本線】

     
 
たい焼きを買いに中野に来た。

北口から中野サンモールに入って直進すると、
中野ブロードウェイの南口へ辿り着く。
建物内へ入って一階に伸びているメインストリート、
ブロードウェイ通りを通過した先の北口へ出る。
目の前を横切る早稲田通りを渡った向こう側に、
目指す「ひとくち茶屋 中野新井店」がある。

車通りの多い大通り沿いのバス停前に建つ店舗といえば、
嘗ては見慣れた青い看板で漢字表記の「一口茶屋」だった。
しかし今や目の前で営業しているのは、
茶色い看板を掲げた平仮名表記の「ひとくち茶屋」である。
和風の基調で統一された落ち着きある雰囲気に変わり、
木調の壁や梁に金の意匠を掲げた店舗は高級感がある。
とはいえ店の構造自体は依然の青い「一口茶屋」の時のまま、
店先に置かれた小さな縁台も未だ現役で活躍中である。

店名の「一口茶屋」が「ひとくち茶屋」に変わると、
定番商品である“普通の”たい焼きの皮が変わる。
パリパリの“薄皮たい焼”になった上に、
所謂“羽根”と称される幅の広いバリで覆われる。
それは全ての「一口茶屋」が提供する大納言を使った、
高級版たい焼きの “プレミアムたい焼”も同様である。

開店間もない店内を切り盛りする2名の店員さんが、
2名に対しては少し広い調理場を忙しく行き交う姿が見える。
歩道から窺える焼き台には3台の6連式のたい焼き型と、
1台のたこ焼き型が並べて設えられている。
そのどれもが黒く焼き色が浸み込んでいて、
まさに歴戦の勇者が醸し出すシブ味を感じさせてくれる。
今その焼き型の2台分には粘度の高い生地が流し込まれ、
焼き型の内側をゆっくり広がって行く様が窺える。
調理場の横にある保温ケースには既にたい焼きを始め、
“たこ焼”や“モダン焼”が並べられている。
見た所既に商品の数は十分にそろっている。

店員さんに声を掛けて注文をお願いする。
代金を支払い終えて商品の準備が進む間は、
ボンヤリと周囲を眺めてひと時を過ごす。
すっかり高い建物が増えた中野駅周辺は
日光量が少なく感じるさせる位が少なく感じる。
南口の派手さに対して至って地味な中野ブロードウェイの北口と、
そこから新井薬師方面へ向かう人々を見送る。

店内からはたい焼きが焼ける甘い香りと、
ソースが焦げた芳ばしい香りが次々に漂いはじめ、
ジッと待つ客の鼻っ面を撫でまわしていく。
もう一人の店員さんがたこ焼きピックを駆使して、
たこ焼きを回すチャキチャキという軽快な音が響く。
ランチ前の冷えた時間にバスを待つ人々の視線が、
自然と其処へと寄せ付けられ始める。
その視線が交錯する中で店員さんの呼び出しを受け、
たい焼きで満たされた袋を受け取って、
店員さんに礼を述べ店を後にする。

早稲田通りを渡って中野ブロードウェイの脇へ向かう。
100円ショップの横に伸びる細い路地は、
買い物客が次々入れ替わり利用している駐輪場で、
その隙間にある車止めに陣取って荷を解く。
茶色い紙袋を開けると熱気と甘い香りが出迎える。
たい焼きは一匹ずつ白い小袋に入っていて、
其処には茶色い“羽根”がはみ出たヤツも何匹かいる。
手に取ると紙越しに掴んだ指先にクニャリと波打つ感触が伝わる。
さすが“薄皮たい焼”なだけあって餡子が直ぐ其処にあって、
更に温かさまでダイレクトに指先を焦がす。

一方の羽根はといえばかなり脆い。
少しの衝撃でパキパキ折れてしまうので、
慎重に紙袋から取り出して噛り付いてみる。
パリパリの食感は芳ばしい風味であるが、
生地自体の味はほんのりとした粉の甘さ位である。
それ以外は焼き上がり加減の違いで生じるほろ苦さと、
恐らく横から頂いたソースの風味が少しある位である。
このサプライズこそたこ焼き併設店の醍醐味だなと、
思いがけないアクセントに喜んで本体へ進出する。
表面はカリカリの焼き上がりで、
中はフワフワとモチモチが共存した弾む食感で、
薄切りのトーストを髣髴とさせる歯応えがある。

そこに薄皮を突破してきた濃い赤紫色の餡子が溢れ出す。
水気があって緩いがシッカリとした粘り気があって、
強い甘味としっかりと香るアズキの風味がある。
時々アズキの種皮のシャキシャキした食感が顔を出すが、
全体は流れる様に滑らかで柔らかい舌触りである。
暫くその強力さで口内を席巻した甘味は、
最後に残った尻尾付近の“羽根”が醸し出す、
サクサクとした軽快な歯応えと、
芳ばしくほろ苦い味で洗い流されていく。

同じ“羽根”でも場所によってその特性は変わる。
こちら「ひとくち茶屋 中野新井店」の“羽根”は、
頭の付近は厚めでパリパリとなり、
尻尾付近は薄焼きになってサクサクとなる。
おまけに薄いから火の通りが良く少し焦げた感じになって、
口内に漂う餡子の甘味を相殺してくれる。
全く皮と餡子の関係は奥深く、
まだまだ無限の可能性を感じさせてくれる。

価   格○小倉 130円
住   所○東京都中野区新井1-9-4
営業時間○11:00-21:00
       無休
 
   
  

posted by EY at 21:31| 東京 ☀ | TrackBack(0) | 中野区のたい焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月25日

ミュクレバーコア【八王子@中央本線】

     
 
たい焼きを買いに八王子に来た。

北口前のバスターミナルを越えて桑並木通りを進むと、
甲州街道と交わる八王子駅入口交差点が見えて来る。
その角に「ミュクレバーコア」が移転したのだ。
八王子駅入口交差点から左に目を遣ると、
防塵幕で囲まれた旧ダイエー八王子店が見える。
以前訪れたのは2014年01月05日の事。
その時も「ミュクレバーコア」は2階の階段前一帯に、
日夜芳ばしい香りを漂わせていた、
地元の人々に一時の憩いを提供する愛すべき名店であった。
その幾多の買い物客の食欲を刺激し続けた日々も、
2015年2月15日18時に閉店。
多くの「ミュクレバーコア」を愛して止まないファンに見送られ、
ダイエー八王子店の44年と共その歴史を終えた。
ように見えたが実は違っていたのだ。
それから暫く経って同年6月、
歴史が詰まったビルが解体されるのを見守る立地に、
地元民が待ちに待ったリニューアルオープンを果たしたのだ。

タイル張りの建物1階部分に掲げた看板には、
大きな「ミュクレバーコア」の店名と共に、
“ソフトクリーム”“クレープ”“たい焼”“たこ焼”、
そして“焼きそば”というお馴染みのラインナップが並ぶ。
加えてカラス張りの店先を埋め尽くすメニューの品数は、
嘗てスーパーの2階で子供達を虜にした、
圧倒的な煌びやかさを保ちつつも、
また新たな顔を見せて行き交う人々へアプローチをしている。
その店の軒先に吊るされたソフトクリームの模型や幟と共に、
真っ赤な“たい焼”の幟がはためいているのを確認する。
判っていても実際確かめて見ない事には安心出来ないもので、
再出発の地でもたい焼きが売られる事に安堵するのであった。

開け放たれた扉には“営業中”の札が提げられている。
中に一歩足を踏み入れると其処には、
外と同様に数多のメニューが壁の至る所に貼られている。
一画に設けられたカウンターと椅子の存在が、
生まれ変わった「ミュクレバーコア」を印象付ける。
もはやデパートのフードコートでは無く、
人々が此処で憩う事を目的で訪れる店舗としての象徴である。
その店舗「ミュクレバーコア」の厨房には、
お馴染みの顔が今も焼き型や鉄板の前に陣取って、
芳ばしい魅惑の香りを漂わせる品を焼き上げている。
場所が変わってもご店主は今日もダンディである。

そのコンパクトに纏まった厨房はまだ新しいが、
色々な器具や材料などが雑多に置かれている。
その中に何かと好対照なご店主と女性店員さんが納まり、
逐一指導を受けながら作業の指示を遣り取りしている。
入口に立ち尽くし店内を遠慮なしに見回す客を見遣り、
声を掛けて対応を始めるご店主に注文をお願いする。

厨房には黒々とした鉄板とたこ焼き型と今川焼き型と、
そして6連式のたい焼き型が並ぶ。
今の所はたい焼き型にだけ生地が流されている状態で、
すぐ横に置かれたタッパーには既に数匹のたい焼きが並んでいる。
調理場の奥にはジュースとソフトクリームの器具があり、
歩道に面した調理場にはクレープを焼く円形の調理機が置かれ、
その脇には会計台とレジスターが置かれている。
とても見晴らしが良い配置であり、
子供の時に見ていたら恐らく興奮して鼻血が出てしまう光景ある。
そして大人になった今もワクワクしながら見守る中、
焼き上がったばかりのたい焼きは箱詰めされていく。

代金を支払い受け取った箱を提げて、
八王子駅入口交差点に建つ銅像の台座で荷を解く。
蓋を開けると立ち昇る甘く優しい香りと温かさの向こうで、
たい焼きの周りに纏った大き目のバリが目に入る。
場所が変わっても「ミュクレバーコア」のたい焼きは、
たい焼き自体にも厚みがあり当然それに伴い大層な重さもある。
顔立ち自体はスマートでスッキリとした面持な上に、
ギャザーフリルをあしらえた伯爵を髣髴とさせる凛とした姿は、
箱の中で鮨詰め状態になっても尚何処か気品に溢れ、
優雅に佇んでいる様に見えたのだった。

手に持つと少し柔らかいが、
指先に当たる質感はシッカリとした焼き上がりを感じる。
一口齧ってみるとやはり表面の食感はサクサクの歯応えがあり、
それが角のエッジが効いた部分になるとカリカリと硬度を増す。
中の生地部分は柔らかで噛み締めるとモチモチしている。
玉子のまろやかな風味が広がる中に粉の酸味が顔を見せると、
次第に生地はほんのりと甘味を帯びて来るのだった。

餡子は最初の一口目では此れが粒餡とは思えない程、
アズキの皮が見当たらない驚きの滑らかを誇る。
余りの滑らかさにたい焼きをふたつに割って、
アズキの皮が輝きを放つのを確かめた程である。
サラリとした舌触りで居ながらホロホロと崩れ、
粒子の粒が大きいモッタリとした口当たりを持っている。
甘味もしっかりと付いているが引きが良く、
サッパリとした後味で大変潔い仕上げになっている。

八王子の地で永年愛されてきた庶民の名店は、
世代を超えて今も道行く人々を釘付けにする魅力に溢れている。
開店直後の店先には既に人だかりが出来始め、
帰りにたい焼きを買う約束を取り付ける子供の笑顔が眩しい休日。
その視線が今手にしているたい焼きに注がれているのを感じ、
今後も尚八王子の人々に愛される存在であり続ける店で、
たい焼きが愛される存在であり続ける事の確信を得た気になった。

価   格○小倉 130円
住   所○東京都八王子市横山町3-9 豊和本社ビル1F
営業時間○11:00〜20:00
       不定休
 
   
  

posted by EY at 20:59| 東京 ☀ | TrackBack(0) | 八王子市のたい焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。